FC2ブログ

ss200220白紙12

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の梅宮です今日のテーマは「何フェチですか?」です梅宮はズバリ坊主頭フェチです小学生の頃から好きになるのはいつも野球部の男の子大人になってからも、髪が長かった人が坊主にしたりすると、途端に好きになったりします坊主は頭の形が良くないと似合わないし、顔もいい顔じゃないと似合わないと思うのですまた、変に飾り立てないところに男らしさを感じたり刈り立ての頭を撫でるのも...
FC2 トラックバックテーマ:「何フェチですか?」


ss200220白紙12

まだまだ寒さが世界を支配している中、
確実に日差しは春の足音を
しのばせる今日このごろ。
吾輩の書斎も確実に
春のぬくもりを感じるが、
目の前の原稿用紙は
確実に冬の厳しい氷の様な色をしている。
そう、真っ白なのだ。
いっそ日本一雪深い酸ヶ湯(すかゆ)温泉に
逃避したくなるほど・・・
て、この年になると一緒に逃避してくれる
美女なぞいないのが現実なのだ。
大体、こうも白い原稿用紙に辛苦する
羽目になったのが妙齢のの女性編集者なのだが、
吾輩にとっては、子供にしかみえん。
その編集者が、
「先生、今度のコラムですが、
デーマが「何フェチですか?」
なんですけれど」
と、電話口でのたまったのが原因なのだ。
知るか!
思わず電話を物理的な意味で切りたくなったが、
そんな破壊方法を使う力もなく、
実際にやろう物なら容赦なく愚妻の
冷ややかな視線と罵声を浴びることだろう。
ユリ・ゲラーというスプーン曲げの天才がいたが、
あれはスプーンを曲げるのがすごいんじゃない。
スプーンを曲げるという事を芸能として
プロデュースした能力がすごいのだ。
よく考えてみよ。
日がな一日スプーンを曲げていたら、
まず、母親にスプーンをゴミに出すな、
物を智大切にしろと言われる。
さらにそれにめげず曲げていたら、
部屋が曲がったスプーンでいっぱいになり、
ゴミ屋敷と化しテレビ局がやってきて
ご近所様がモザイクをかけられて
インタビューされ、それを観ながら
スプーンを曲げる虚しさよ。
・・・あ、逃避が行き過ぎた。
何か喉が渇いた。
何かないか冷蔵庫でも開けてみるか。
そう思いながら台所へ向かう。
すると、ふと冷凍庫を開けると
チョコミントアイスがある。
確か息子が義理でもらって
俺はいらんと言ってたやつだ。
その時、吾輩の頭にひらめいた。
そうだ、チョコミントは一時話題になっていたのだ。
吾輩も変わり者の別の編集者から
頂いたが、鼻にツンときてそれが
チョコとミックスして結構いける味だった。
おお、チョコミントフェチの話を書こう。
吾輩は小躍りしながら書斎へと戻った。
その後、来客の手土産がチョコミント系に
なるのは頭には全くなかったのだった。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ200220-e庭先かけて♪

4コマ200220-e庭先かけて♪
200220-epry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ss200219遅れてきた・・・

ss200219遅れてきた・・・

くすんくすん
私は学校のグラウンドの隅の
木に隠れるようにして
泣いていた。
何故って?
そう、それはバレンタイン。
義理チョコ友チョコ自分チョコというけれど
私には渡したい相手がいたのだ。
だけど学生カバンに入れたまま
廊下で通り過ぎる事すらできなかった。
下駄箱?
よく考えたら食べ物を入れるなんて
ばっちいじゃないの。
そう思うと渡すことはできなかった。
そんなことをぐすぐす考えていると
野球のボールが一つコロコロと転がってきた。
私は涙をぬぐってそのぼーるをつかむ。
すると、すいませーんとやってきたのは
彼だった。
彼は走ってやってきて
当たったりしませんでしたかとか
尋ねてくれる。
私はボールを返そうとして・・・
「あ、あのちょっと待ってください!」
そしてカバンからマジックペンを出して
ボールに書いた。
そしてボールと一緒にチョコを彼に渡したのだった。
かれはびっくりした顔を見て、
チョコの入った包み紙を見て、ボールの文字を見てー
「あの、よかったら、今日一緒に帰りませんか」
と言ってくれた。
私は真っ赤になってうなずいた。
こうして私の遅れたバレンタインは終わった。


テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ200219-e一緒に歌おう

4コマ200219-e一緒に歌おう
200219-epry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

詩200218湖面の月

詩200218湖面の月

さざ波立つ湖の水面で
月が揺らいでいる
その岸辺では
老いさらぼえた犬が
一匹寝そべっていた
その傍に独りの老人が
パイプをくゆらせていた
その前には小さな小船が一隻
そうただ一隻
老人は月を見上げた
そしてゆっくりと体を動かし
小船に手をかけて乗り込んだ
小船はまっすぐ湖の真中へと行く
「ヴォン」
老いさらぼえた犬が一声吠えた
老人は目だけを動かして
そのまま湖の真中へと進んでいった
湖の月のなかへと


テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・ショートショート・俳句を
更新しているちーぴ。
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している商品は、
値段が変更されている事がございます。
ご了承のほど、宜しくお願いします。
4コマの記念日はウィキを
参照しております。

HP「宇宙雑貨ぷりちーぴ」
宇宙的オモシロ地球商品ご紹介
♪(/・ω・)/ ♪オモシロ4コマだけでも読んでちーぴ。
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




4コマランキング


最新記事
通販バナー



俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる