FC2ブログ

ss190417俺と隣の吸血鬼さんの奮闘記

ss190403俺と隣の吸血鬼さんの奮闘記

「ただいま~て何か部屋が暗い
って、何目光らせてんの吸血鬼さん」
そう、もう一度言う。
隣のイケメン吸血鬼。
そう、イケメン。
黒髪はあくまで天使の輪ができていて
鼻筋はくっきり高く
青い瞳は女性をひきつけて離さない
そう、世の男性の敵のイケメン吸血鬼!
ひょんな事から知り合った俺達は
そんな吸血鬼さんに食事(献血)をする代わりに
家事一切を引き受けてもらっている。
何故なら不規則な生活で
不健康な食事(献血)を吸血鬼さんがしたくないからだ。
そのおかげで俺は、コンビニ弁当三昧な生活から
毎日三食手作り健康的な食事をしていて
(昼は弁当)健康優良児になったのだ。
しかも、吸血鬼さんは食事(献血)をすると
目からルビーが出てくる。
その分け前の半分を俺にくれる太っ腹。
おかげで俺は以前勤めていた
ブラック企業を無事退社して、
定時出社退社に祝日有給まるまるとれる
ホワイト企業に就職したのだった。
そんな吸血鬼さんが頭を抱えて
目を真っ赤にさせながらちゃぶ台で
原稿用紙と格闘している。
「あ、お帰りなさい。お夕飯できていますよ。
ちゃぶ台に乗ってるそれです。
お味噌汁は申し訳ありませんが、ご自分で
温めてくださいね」
と吸血鬼さん。
「それはいいけれど、何そんなに原稿用紙と
にらめっこしてんの」
俺はスーツをハンガーにかけながら尋ねる。
すると吸血鬼さんがため息をつきながら、
「実は今週末に魔女のサバトがあるんですが
それにお呼ばれしまして。
ええ、講演を頼まれたんです」
「え、魔女のサバトって怪しげな集会じゃないの」
「人間が面白おかしくいってるだけで、
普通の飲み会ですよ。
場所もヨーロッパですが公民館借りて
パーティーしているだけですし。
ただ、折角集まるので実りのある話も
しようじゃないかと誰かが言いだしたらしくて
『吸血鬼と現代文明』という題で講演の依頼が
来たんです。正直弱みを握られている相手なので
断りきれなかったんですよ」
そう言って頭をふる吸血鬼さん。
なんですと?吸血鬼さんの弱み?
「へぇ、それは大変だね。それで吸血鬼さんの弱みって?」
俺はさりげなく鎌をかける。
すると吸血鬼さんが軽く睨んで
「私がお世話になった人ですから。
若気のいたりを知られているんですよ」
「え、その辺の話を聞きたいな♪プリーズ」
するとプイっと吸血鬼さんは横を向いて
「話しません。それより私は講演の内容を考えるので
邪魔をしないで下さい」
そう言って原稿用紙と格闘しだした。
俺は飯を食べながら、
そういや都会は夜も明るいから
吸血鬼として寝不足にならないのかとか、
何で血液と成分の違うトマトジュースで
代用できるのかとか尋ねた。
それが丁度、講演の内容と合っていたらしく、
吸血鬼さんの原稿用紙を埋める速度が
アップした。
そしてー
「できました、ありがとうございますっ」
そう言って吸血鬼さんが俺にハグしてきた。
吸血鬼さん、なんのかんの言っても
ボディタッチの激しいヨーロッパ人なんだなぁと
妙な納得をした俺がいたのだった。

スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

180914異世界トリップ私の10発目

180914異世界トリップ私の10発目

登校中に魔王を倒す勇者として
勝手に召喚されて異世界にいる
女子高生の私。
召喚部屋で出会ったばかりなのに
金髪碧眼イケメン国王と恋に落ちる。
そして魔王が召喚部屋に現れ大ピンチ。
私の拳がイケメン国王の顎を殴ると
なんとイケメン国王の顎が勇者の力で
光り出したのだった。
「陛下、もしかすると勇者に殴られた陛下の顎こそが
魔王を倒すのかもしれませんっ」
なんて召喚部屋にいた黒ずくめの魔法使いさんが
いうもんだから、イケメン国王が私に顎を殴れと言う。
で、できないよ。恋に落ちた人を殴るなんて。
そ・ん・な・の花も恥じらう乙女心が許さないっ。
「ええい、許せっ」
なんとイケメン国王が私にファーストキスっしかもディープキスっ
「いやぁああああああ」
花も恥じらう乙女心が殴りました、許しました、責任とれと。
当然、そのままイケメン国王は宙を舞って弧を描いて落下。
そしてどういう体制からか、魔王の脳天に
イケメン国王の顎がぶつかり次の瞬間!
「ま、まぶしいっ」
部屋中がイケメン国王の顎から放たれる光に満たされ
私は目をつぶった。
「ぎゃぁああああああ」
あ、魔王の絶叫が聞こえる。
そして絶叫はだんだん小さくなり完全に聞こえなくなった・・・。
しばらくして目を開けると
魔王のいた場所にイケメン国王がうずくまっている。
「国王さん、大丈夫?」
するとイケメン国王が顔を上げて、
「そなたを戦わせなくて良かった」
ホッ、しゃべれるんだ。しかも顎光ってない。
「陛下、ご無事で何よりです」
銀髪青い目の筆頭騎士さんが駆けよってくる。
「そうですか。歴代勇者が魔王を倒す旅に出る時、
国王もしくは王位継承者が付き添いましたが、
こういう事だったのですねっ」
黒ずくめの魔法使いが興奮気味になんかしゃべってる。
周りのお付きの人たちも魔王を倒したと叫んでいる。
誰かが召喚部屋のドアを開けて外の人達に報せにいったみたい。
そんな中、イケメン国王は私の前でひざまずいて
手をとり言った。
「勇者よ、私と結婚してほしい。
名を教えてくれぬか」
それを聞いて周囲からドッと歓声が湧きあがった。
私は真っ赤になりながら
「私の名前は・・・・」
そう、私異世界で王妃になりますっ
おしまいっ

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

190413異世界トリップ私の9発目

190413異世界トリップ私の9発目

登校中に魔王を倒す勇者として
勝手に召喚されて異世界にいる
女子高生の私。
「フハハハハ、これは傑作だ。
魔王たる我を殴れぬ勇者とはな」
召喚部屋に現れた
金髪碧眼イケメン国王そっくりな魔王が
哄笑する。
「く、私の拳。なんで国王さんを殴るの」
そうなのだ。魔王を倒そうと奴に向けた私の拳は、
隣にいたイケメン国王の顎に吸い込まれるように
ヒットした。
「大丈夫、国王さん!」
私は彼に駆け寄る。
イケメン国王は顎をさすりながら
「大丈夫だ。それより何故か殴られて顎が
痛くなかった。不思議だ」
すると、イケメン国王の顎が光輝き始めた。
「ぐ、ぐわぁあああ」
いきなり魔王が苦しみ始めたのだ。
「陛下、もしかすると勇者に殴られた陛下の顎こそが
魔王を倒すのかもしれませんっ」
突然黒ずくめの魔法使いが叫ぶ。
「よ、余計な事を。だがその程度の光、
目くらましにしかならぬぞ」
魔王が憎まれ口を叩きながら
攻撃魔法をしかけてくる。
「勇者殿、陛下の顎をお殴り下さいっ」
銀髪青い目の筆頭騎士さんが魔王の
魔法攻撃を防ぎながら絶叫する。
筆頭騎士さん、よく魔王の攻撃を
押さえているが、それも時間の問題。
だけど・・・
「で、できない。何も悪くない人を殴るなんてぇ」
それに何故だか国王さんと恋が芽生えてしまっている。
そんな人を殴るなんて!乙女にはできないっ
「すまん、勇者。許せっ」
ちゅうーーーーー。
そう、私のファーストキスを奪うイケメン国王っ。
「いやぁぁあああああああああああああっ」
乙女の恥じらいの一撃が
イケメン国王の顎にクリーンヒットしたのだった。
続く!

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

190412異世界トリップ私の8発目

190412異世界トリップ私の8発目

登校中に魔王を倒す勇者として
勝手に召喚されて異世界にいる
女子高生の私。
「何故余を殴るのだぁ」
そう、召喚部屋に突如現れた魔王を
殴ろうとしたのに、何故か私の拳は
金髪碧眼イケメン国王の顎にヒット。
「わ、分からないわよっ。
勝手に拳があなたの顎にヒットしたのよっ」
私も呆然として抗弁する。
ああ、魔王が全身の姿を現した!
折角千載一遇のチャンスだったのにっ。
しかしその姿を見て部屋にいた人達全員が
息を呑む。
「まさか国王陛下と同じ姿をしているとは」
銀髪青い目の筆頭騎士さんがつぶやく。
そうなのだ。魔王はまさに金髪碧眼でイケメン度も
国王さんと一緒。
「ねぇ、ちょっと、これってどういう事?」
私は黒ずくめの魔法使いに尋ねる。
するとちょっと虚脱状態に入っていた魔法使いさんが
「わ、私にも分かりかねます」
すると魔王がフフフと笑いながら
「余の姿がそこのアホ面した国王と同じなのがそんなにおかしいか」
「いや、アホ面ってあんた国王さんと同じ姿やで」
何故か関西弁でツッコミいれる私。
それに一同うなずく。
すると、突然イケメン国王が私の前に立つ。
そして
「とにかく皆の者、魔王を倒すのだ。
勇者よ、そなたは余の後ろに控えろ」
「え?」
するとイケメン国王が私を振り向いてほほ笑んだ。
「そなたは勇者とはいえ普通の女性だ。
戦った事はなかろう。本来、戦闘訓練を受けてから
魔王を倒す戦いに出てもらう予定だったのだ。
だが、その時間は無い。
魔王を倒すのは我々に任せるがいい」
ハウアっ。私はドキドキした。
この緊急時に勇者である私を全面に出すのではなく、
自分達が戦うと言うイケメン国王に
私はときめいた。
しかも
「よく見ると、そなた可愛いな。
戦いが終わったら淑女の教育を受けるがよい。
良い殿ごを世話しよう」
なんて言ってくれる。
いや、なんだったら貴方がいいです。
こんな緊急時に自ら剣を抜く男性って素敵!
「ええい、そこの勇者っ何を色恋沙汰に走っておるっ。
そなたの敵はこの我だぞ」
ああ、なんか魔王が言ってるぅ。
でも、フォーリンラブは止まらないっ。
「大丈夫よ、国王様。あんなへなちょこ魔王なんて
この私の拳の一撃で倒してあげるっ
だから結婚して❤」
すると国王が驚いた顔をして次の瞬間破顔した。
「ふ、女性から求婚するなぞマナー違反だぞ。
だがよかろう!その求婚受けて立つっ」
「じゃぁ、行くわよぉ」
私は魔王めがけて拳を振り上げた。
「だから何故余を殴るのだぁ」
あ、いけね。私の拳ってイケメン国王にヒットするんだった。
続く!

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss190411異世界トリップ私の7発目

190411異世界トリップ私の7発目

登校途中に勝手に異世界召喚された
女子高生の私。
召喚された部屋で金髪碧眼のイケメン国王に
ふちらな真似をされたり、魔王の力に侵された
衛兵さんから助けようとして
彼の顎に拳をキメテいたら、なんと私の力が
イケメン国王の顎に移って彼の顎が光り出したのだ。
「で、国王さんの顎、魔王を倒すのに何の役に立つの?」
何度目かの国王からのセクハラを受けて
拳を顎にヒットさせた私が黒ずくめの魔法使いに尋ねる。
「それはっ。今から魔法使いの塔にある
歴代勇者の文献を当ってみないことには。
ただ、全巻読破した私の記憶を辿る限り、
このような事例はございませんっ」
黒ずくめの魔法使いさんが断言する。
それじゃぁ何にも解決にならないじゃないっ
「あのさぁ、過去に勇者が国王さんの事を殴るなり蹴るなりして
体の一部が光った事はないの?」
私がハイっと右手を上げて質問すると、
黒ずくめの魔法使いが困った顔をして
「その・・・勇者が国王陛下のお身体に触る事自体
発生した事例が初めてなのです」
・・・あ、そう。要するに解決する方法が見つからないという事ね。
「堂々巡りじゃないの」
私はポツリとつぶやく。
「ま、まぁ余の顎の事はどうでもよい。
それより、勇者よ。どうかこの世界を魔王から救ってほしいのだ。
頼むっ」
突然イケメン国王が頭を下げる。
それを見て、銀髪青い目の筆頭騎士さんや召喚部屋にいた人達
みんなが頭を下げる。
う、うう
「とにかく頭を上げて下さい。
だけど、魔王を倒すって、それまでに魔王の力に憑依された人たちを
倒すっていうことでしょ。何か抵抗あるっていうか・・・」
と私が言い淀んだ時、
フッフッフッ
と不気味な笑い声がした。
声のする方を見ると、私から一番遠い召喚部屋の扉の所が
黒くしみのような物が広がっている。
そこから人が現れる。
「ま、魔王」
イケメン国王がつぶやく。
え?あれ魔王なの?じゃぁ、なんかノロノロ手が出て足が出て
顔が出て来ているから、
「みんなどいてぇ、そいつ倒すから!」
私が叫ぶと同時に拳を構えて走りだした。
そして魔王の顔を殴ろうとした所、
「え?」
「なぜ余を殴るのだぁっ」
私の拳はイケメン国王の顎にクリティカルヒットしていたのだ。
何故にっ
続く!

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・ショートショート・俳句を
更新しているちーぴ。
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している商品は、
値段が変更されている事がございます。
ご了承のほど、宜しくお願いします。
4コマの記念日はウィキを
参照しております。

HP「宇宙雑貨ぷりちーぴ」
♪(/・ω・)/ ♪トップにワンコミニゲームに和みにゃんこ部屋を置いてるちーぴ。
HPの商品は値段が変わる事があります
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像
→アクセサリ、デコル煌めくネックレス他
→スマイル4コマ

→アニマルグッズ


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング




最新記事
通販バナー



俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる