FC2ブログ

190719詩:たまゆら

190719詩:たまゆら
ゆらゆらと勾玉が揺れる
私の胸の上で勾玉が揺れる
「しばらくの間だよ
そう、この勾玉がたまゆらー
勾玉同士が触れ合ってたてる微かな音を
たてる程のわずかな時間さ」
彼はそう言って旅だった
たまゆら
たまゆら
たまゆら
勾玉の触れあう音は
積もり積もって山を築く
その音を聞きながら
私は彼を待っている
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

190717詩:星砂

190717詩:星砂

星砂を敷き詰めた海岸を
ただ一人歩いている
星砂は地上の星
空の星と呼応して
キラキラキラキラ輝いている
モールス信号のように
輝いておしゃべりしてる
そのおしゃべりに耳を傾けると
地球の鼓動が聞こえてくる
星砂達は地球の息吹
地球の祈り地球の歌
キラキラキラキラ輝いて
地球の願いを宇宙に届ける
星砂達のコーラスは
宇宙の果てまで届く願い

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

190716詩:本棚

190716詩:本棚

本棚の本は宇宙だ
文字の羅列は知識の海だ
渦巻いている知識は
私の脳に染みいる
その海で泳いでいると
ジュラ紀も戦国時代も
ローマ帝国も
私の頭の中で映画化される
ワクワクドキドキ
脳の中でパノラマが繰り広げられる
歴史ドラマ
本棚は本の銀河だ
今日も私は本を取り出し
紙を繰る


テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

190713詩:霧に紛れた未来のように

190713詩:霧に紛れた未来のように

霧に紛れた未来のように
私はその中に埋もれてしまう
揚羽蝶、紋白蝶、瑠璃葉蝶
蝶が幾千万の舞う中を
私はその中に佇んでいる
小さな湖のを上を
幾千万の蝶が舞っている
その湖の上を私は歩く
するするすると歩く私
蝶たちが私を包み込む
霧に紛れた未来のように
私はその中に埋もれてしまう

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

190711詩:君の足跡

190711詩:君の足跡

砂浜に続く君の足跡
その足跡を月は照らす
どこまでもどこまでも続く
その足跡を
辿り続ける私は
黙々と足跡だけを見る
片方の耳には波の音
片方の耳は静けさを
拾いながら歩き続ける
君はどこまでいくのだろう
君の足跡は砂浜を
波に添って続いて行く
その足跡を波は洗おうとする
私はただその足跡を
辿り続ける
この世の終わりがくるまで
辿り続ける

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・ショートショート・俳句を
更新しているちーぴ。
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している商品は、
値段が変更されている事がございます。
ご了承のほど、宜しくお願いします。
4コマの記念日はウィキを
参照しております。

HP「宇宙雑貨ぷりちーぴ」
♪(/・ω・)/ ♪トップにワンコミニゲームに和みにゃんこ部屋を置いてるちーぴ。
HPの商品は値段が変わる事があります
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像
→アクセサリ、デコル煌めくネックレス他
→スマイル4コマ

→アニマルグッズ


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




最新記事
通販バナー



俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる