FC2ブログ

ss190531奥様は魔女とメロン

ss190531奥様は魔女とメロン

「なぁ、お前。知ってるか
夕張メロンが2玉で500万円だってさ」
夕食時、俺は奥様に向って
数日前の話題をふる。
「え!メロンで500万っ
誰が落札したの?」
「大手飲料メーカーだって。
何でも25日札幌ドームに、
26日からは新千歳空港に
展示されたんだってさ」
「ふわぁ、太っ腹な会社ねぇ
で、その後はどうなるの」
「うん、社長が食べたいって
いったらしいけれど、
研究所で研究材料にされるらしいよ」
「ええもったいない。
絶対研究員達のお腹に入るわよ」
「下世話な事を言うなよ。
なんていうか景気のいい話は
聞いてて気持ちいいよな」
「あら、それだったら魔法種で
トマトサイズのメロンが成る
メロトマトの種があるから
買ってみましょうか」
そう、奥様は魔女なのだ。
「へぇ、それはいいな。早速買ってきて
くれよな」
「うん、じゃぁ、早速明日魔女界に行って
買って来るわね」
「おう、楽しみだな」
こうして奥様は翌日メロトマトの魔法種を
買ってきて、鉢植えにしてくれた。
そして大切に大切に育てたのだが・・・・・。
「なぁ、お前。これって・・・」
「うん、どうみてもトマトだね。
メロンサイズ大の」
どうも奥様は安いほうの種を買って
しまったらしい。
その名もトマメロン。
トマトがメロンサイズになる魔法種。
それも二つも成っちゃって。
ええ、二人で必死になって食べましたとも。
塩ふりかけてこれはこれでおいしかったけどな。
後日、メロトマトの魔法種を買ってきて、
プチトマトサイズのメロンをたくさん食べたのは
当然のなりゆきだったのだ。

スポンサーサイト



テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ190531怪盗からの戦い

4コマ190531怪盗からの戦い
作:きみッぺ
190531pry_m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ss190530奥様は魔女と夏のガン○ラ

ss190530奥様は魔女と夏のガン○ラ

「あ~つ~い~」
5月だというのにあまりの暑さに
リビングにゴザをしいた俺達夫婦二人。
さらさらしたゴザに体を押し付け
絶賛涼み中。
「なぁ、お前。扇風機だけだと
耐えられないよ。
なんかいい案ないか」
するとゴロリとこちらに向きを変えた奥様。
「そうねぇ。魔法であなたのガン○ラをを
凍らせて、扇風機の風で冷気を流すとかどう」
そう、奥様は魔女なのだ。
「いいな、それ。俺、ガンプラ持ってくる」
そう言って、俺はガン○ラを一体持って来た。
「じゃぁ、呪文唱えるわね。
まず凍らせる呪文をかけて~扇風機の前に
浮遊させて~ああ、涼しい」
「おお、丁度いい冷気のミストが気持ちいいな」
こうして二人で涼んでいたのだが・・・
「なぁ、これってあまり長持ちしないな」
そうなのだ。ガン○ラの周りに薄い氷を
貼りつかせて、それを浮遊させて
少し冷気のミストが出てすぐでなくなって、
呪文をまたかけて~の繰り返しなのだ。
「・・・なんかお前に呪文かけさせっ放しで
悪いし、扇風機の前で団扇でお互いを
あおがないか、原始的だけど」
「そうね、そうしよっか」
結局俺達は、扇風機を足元において、
互いの体を団扇であおいだのだった。
「なんかこれもいいよな。結構涼しいし」
「うん、なんだか眠くなってくるしね」
こうして、俺達の昼が過ぎて行くのだった。


テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ190530速さ重視だと

4コマ190530速さ重視だと
190530pry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ss190529奥様は魔女と風物詩

ss190529奥様は魔女と風物詩
「ふんふんふ~ん」
5月なのに太陽はまぶしく
真夏の様。
あたしは、リビングのラグをしまい
ゴザを敷き詰める。
「きゃぁ、涼しい~」
あたしはゴザの上をゴロンゴロン
転がる。
リビングの窓から入る風が心地よい。
「ダーリンが帰るまでまだ時間があるわね。
魔法書でも読もうかな」
そう、あたしは魔女なのだ。
ちょっと模様替えをしただけで
勉強意欲がわくなんて、
あたしも単純ね~なんて思いながら
魔法書を開く。
でも、暖かい日差しに涼しい風に
瞼がくっついてくる。
それでも魔法書の開いていた頁の
呪文をうつらうつらと唱えていたが、
その内眠ってしまった。

「おい、お前起きてくれ」
うーん、折角眠っていたのに何よぉ。
「おい、部屋が大変な事になってるぞ」
その声はダーリンの声ね。
何よ、大変な事って・・・てここでパチリと
目が覚める。
そして、バッと起きて辺りを見渡すと・・・。
「何これ~」
驚いた事にリビングに草が茂っている。
何故かホタルが舞っているのも見える。
帰って来たダーリンが呆然として
「お前、何の呪文を唱えたんだ?」
と聞くので、慌てて魔法書の開いていた
頁を見てみると、そこには
「和風、夏の風物詩川面風庭園って書いてあるわね」
「書いてあるわね、じゃなくてこれ消せるの」
「消す事はできないけれど、
草とホタルは別の場所に転移してみる」
そしてあたしは呪文を唱える。
するとふぁさ~と風が吹いて、草とホタルが消えた。
ダーリンが
「いやぁ、帰ったらリビングが草まみれになって
驚いたよ。その様子だと呪文を間違って唱えて
寝てしまったんだろうな。
夕飯できてないだろ。幸い、掃除の心配もないし
外に食べに行くか」
「うん、そうね。びっくりさせてごめんね。
餃子でも食べようか」
「そうだな。暑い時にはスタミナつけないとな」
こうしてあたしとダーリンは夜道を歩いて
食べにでかけたのだった。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ190529ビート満点

4コマ190529ビート満点
190529pry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ss190528銀河、戦争はティータイムの合間に

ss190528銀河、戦争はティータイムの合間に

「提督、敵主艦隊
我方に殺到しています」
「そう、では気づかれない程度に
後退して」
「ハッ」
今、私が率いている惑星連合は
軍事星系の宇宙軍と
交戦状態にある。
きっかけは軍事星系の
覇権拡大にある。
我方がとうてい許せない方面へ
その爪を伸ばした事が発端だ。
この方面への防衛のため、
私は派遣された。
軍事的に圧倒的に劣る
我軍は、先方の補給線を伸ばす
作戦に出た。
そして敵はその戦略に乗った。
敵は小規模な我方の主艦隊を
侮っている。
私はテ―ブルに置かれたスコーンの皿に
手を伸ばす。
勢いに乗る敵方を牽制しつつ
後方へ後方へと誘いをかける。
もう少ししたら敵の後方に回り込んだ
別動体が攻撃をしかける。
「別動体、敵後方と交戦!」
「後退止め、反転して敵を叩け」
私は全艦隊に指令を出す。
さて、これで敵を囲んで殲滅させる
事ができる。
後は政治家の仕事だ。
私は紅茶で唇を湿らせる。
そして胸元を押さえた。
そこには愛しい人から贈られた
ネックレスが輝いている。
私のわずかな鼓動で輝くネックレス。
このネックレスは私に
勝利をもぎとってくれるだろうか。
それは愛しい人の元へただ戻りたい
私の願いが叶えてくれる。


HP「宇宙雑貨ぷりちーぴ」↓
♪(/・ω・)/ ♪『アクセサリ他』の頁にショートショートあるちーぴ
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像
HPの商品は値段が変わる事があります。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ190528片方でも売れる

4コマ190528片方でも売れる
190528pry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ss190527俺と隣の吸血鬼さんと月夜じゃない!

ss190527俺と隣の吸血鬼さんと月夜じゃない!

「ヒぃックただいま~」
俺は上機嫌に家のドアを開ける。
「お帰りなさいって随分酔っているようですね」
出迎えたのは隣の吸血鬼さん。
そう、吸血鬼さん。
彼はアパートの俺の隣の部屋に住んでいる。
ひょんな事から知り合った俺達は、
俺が彼に食事提供(献血)をする代わりに
家事一切を引き受けてもらっている。
しかも、彼は食事(献血)をすると
目からルビーがでて、その分け前の半分を
俺にくれる太っ腹だ。
おかげで俺は、それまで勤めていたブラック企業と
おさらばして、定時定刻出社退社土日祝日有給全消化の
ホワイト企業に再就職。
しかも、吸血鬼さんの手作り料理でコンビニで命をつなぐ
生活ともさよならして、健康優良児と化している。
もちろん、そっちの方が吸血鬼さんにとっても喜ばしい
事なのでウィンウィンの関係だ。
そして最初に戻る。
「酔っ払っている上にお客さんですか」
俺は吸血鬼さんの問いに上機嫌に答える。
「うん、そこで犬ころ拾ったぁ。
いやぁ、酒が飲める犬っているんだなぁ。
つい、二人で盛り上がってさぁ。
連れて帰っちゃったテヘペロ」
すると吸血鬼さんが微妙な顔をする。
そして諦めたように
「分かりました。とにかく『二人とも』
お風呂に入って下さい。
お酒臭いですから」
「はーい、じゃぁワンコ風呂に入ろう」
ワンワン♪
犬も上機嫌に吠える。
こうして俺達は風呂に入って出ると、
吸血鬼さんが敷いてくれた布団に
ダイブした。
そして朝。
ガチャリと玄関のドアを開ける音がする。
「う~ん吸血鬼さんおはよう・・・て
うわぁあああああんた、誰」
そう、俺の布団に見知らぬ男が入っていたのだ。
そいつはすっかり熟睡して起きない。
すると、寝室のふすまを開けた吸血鬼さんが
「おはようございます。やっぱり・・・」
「い、いや。俺はそんな趣味無いぞっ
これは一体全体昨日俺は犬ころを拾ったはずで」
「ですから、その犬ころですよ。
正確には狼男ですかねぇ。
昨日は満月という訳ではないですが、
酔っ払って変身してしまったのでは
ないですか?」
「え?俺、狼男拾っちゃったの?」
「そうみたいですねぇ」
狼男は、尻尾が出ていた。
そして良い夢をみていたのか、
尻尾をぶんぶん振っていた。
「狼ならオスでも問題ないのに・・・」
「さ、犬に噛まれたと思って
朝ごはんにしましょう。
その狼男も起こして下さいね」
「犬じゃなくて狼だもん」
朝から落ち込む俺だった。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ190527舌の肥え方が違う

4コマ190527舌の肥え方が違う
190527pry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・ショートショート・俳句を
更新しているちーぴ。
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している商品は、
値段が変更されている事がございます。
ご了承のほど、宜しくお願いします。
4コマの記念日はウィキを
参照しております。

HP「宇宙雑貨ぷりちーぴ」
♪(/・ω・)/ ♪オモシロ4コマで商品紹介しているちーぴ。
HPの商品は値段が変わる事があります
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




最新記事
通販バナー



俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる