FC2ブログ

ss190630奥様は魔女とヘクチッ

ss190630奥様は魔女とヘクチッ

「ただいま~」
家に帰ると奥様がいない。
「あれ~?この時間にはいつも家に
いるはず・・・ン?2階に物音が」
ドスンと音がしたような気がするので
2階に上がると、
夫婦の寝室のドアが開いている。
「お、お帰りなさい。あなた、ヘクチッ」
「お、お前。風邪ひいたのか。
布団に入れよ」
「か、風邪っていうか。ヘクチッ魔力風邪?」
ヘクチッヘクチッと咳き込みながら
奥様が言う。
そう、奥様は魔女なのだ。
なんでも魔力がうまく体を回らず
風邪の様な症状がでているらしい。
そして気のせいか、奥様の体から
咳が出るたび子鬼の様な物が出てくる。
「なぁ、なんか小さな雷様がお前の口から
出ているような気がするんだが」
「ヘクチッ出ているようなじゃなくて
出ているのヘクチッ
その雷様が出終わると治るのよ」
「ふーん、なんかピリッと電気を出して
消えるのな」
「うん、大して実害はないからいいけど
うっとおしいでしょ」
「しょうがないよ、それより早く治してくれよ。
お粥作ってくるから」
「うん、ありがとうヘクチッ」
こうして奥様は一晩中ヘクチッヘクチッと
言って雷様がビリビリ電気を放っては
消えていったみたいだ。
とりあえず、俺はリビングのソファで
寝ながら看病したのだった。
翌朝ー
「あなたぁ、おはよう。看病ありがとうね」
「うん、おはよう。もうよくなったのか」
「うん、ありがとう。おかげでもう元気よ」
そうか、奥様が元気なら問題ない。
今日も朝日がまぶしいのだった。

スポンサーサイト



テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ190630一石二鳥!!

4コマ190630一石二鳥!!
190630pry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ss190629奥様は魔女と伴侶の悩み

ss190629奥様は魔女と伴侶の悩み

「ただいま~」
家に帰ると奥様が玄関迄きて
人差し指を口に当てて静かにと言う。
なんだろうと思ってリビングに行くと、
ソファに眠っている女性がいる。
「狼男さんのお嫁さんなの」
ヒソヒソと奥様が言う。
とりあえず風呂に入って着替えて
食卓に座るとご飯が出る。
そのご飯を食べながら、
「ほら、狼男さんとこお子さんがいるでしょ。
で、狼男さんの血をひいているから
耳と尻尾がでちゃうから、
それを隠す呪文入り飴玉を作る依頼が
あってね。今日それを取りにきたんだけど、
狼男さん、満月になると
外に出ちゃうし、お子さんは遠吠えするわで
ちょっとまいっちゃったみたい」
奥様は魔女なのだ。
だからこういう依頼も受ける事がある。
「それは心配だな。人間界に暮らしていると
ちょっとした事で正体がバレると大ごとだもんな」
「そうなのよ。狼男さんは自分で対処できるって
自負があるもんだから、奥さんの心配が
分からないのよね」
「ああ、そうだよな。当人が良くても
周りからみたらそう思えない事ってあるもんな」
ピンポーン
「あ、誰か来たみたい。出るわね」
そう言って奥様が玄関に向かう。
そして戻って来た時誰かが後ろにいた。
「あ、もしかして狼男さん?」
俺が尋ねると彼は黙ってうなずいた。
そしてリビングのソファに眠っている
お嫁さんに優しい視線を向ける。
そしてそっと抱き上げる。
「おじゃましました」
低音ボイスをそっと吐き出して
狼男は帰っていった。
「なんのかんの言って仲のいい夫婦なんだな」
「仲がいいから心配も尽きないのよね。
あなたもお酒は控えてね」
・・・心配されるのもいい事なのかもな。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ190629半端ない大きさだから

4コマ190629半端ない大きさだから
190629pry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

190628詩:降りしきる雨の中を

190628詩:降りしきる雨の中を

降りしきる雨の中を
傘をさして歩いてみれば
人ごみの中に紛れこむ自分がいる
自分は雨と傘で隠された
人々の顔のように
この風景に溶け込んでいるのだろうか
溶け込んでどうしろというのか
人ごみに紛れこむ安心と安全と
引き換えに
どうしようもない獣の研ぎ澄まされた感覚を
失うのはいいことなのだろうか
私の中のどうしようもない獣が叫ぶ
マギレコムナアンシンデイルナ
この都会の中を徘徊する自分に
正直でいろと唸る自分がいる
私は傘を捨てて雨に当る
全てが研ぎ澄まされるこの一瞬に
今を賭ける駆ける翔
そう、この一瞬に

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

4コマ190628習性ですから

4コマ190628習性ですから
190628pry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ss190627奥様は魔女と髪と湿気

FC2 トラックバックテーマ:「あなたの梅雨の髪の毛の湿気対策は?」


ss190627奥様は魔女と髪と湿気

「いやぁあああ、朝から髪がぼさぼさ~」
朝起きると奥様の髪が
メデューサみたいにうねうねしていた。
「梅雨時は髪の毛のセットが大変だよなぁ」
「うう、あなたみたいに
手櫛でちょちょいと治せる人に言われたくなぁい」
「う、それを言われると返す言葉もない。
そうだ、魔法で治せないのかい?」
そう、奥様は魔女なのだ。
「うーん。やれるかどうかやってみる。
とにかく朝食作るから
あなたは会社へ行く準備をして」
「へいへい、分かりましたよ」
こうして俺は会社へ行ったのだった。
そして帰宅ー。
「ただいまー」
・・・リビングに電気が点いていない。
パチリとリビングの電気のスイッチを入れる俺。
すると、リビングの真ん中で何かが座っている。
「ああ、いたのか。何で電気点けずに
座り込んでいたんだ・・・てお前その頭!」
そう、振り返った奥様が涙目になっている。
その頭はボンバー!
髪の毛がアフロヘアみたいに丸くなっている!
「ゆるいウェーブの呪文をかけたら
湿気のせいで爆発しちゃったのよぉ」
そしてわんわん泣きな出す奥様。
俺はとにかくなだめて、
強力ストレートヘアになる呪文を
ヘアアイロンにかけさせる。
そして、丁寧に髪の毛を梳いてあげた。
その甲斐あって、奥様の髪は
ちょっと強いウェーブになったのだった。
落ち着いた奥様とうどんを啜りながら、
この時期は強力ストレートヘアの
呪文をかけるようにとうなずきあったのだった。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ190627だってハムスターだから

4コマ190627だってハムスターだから
190627pry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ss190626奥様は魔女とさくらんぼ

ss190626奥様は魔女とさくらんぼ

「はぁ、今日の夕飯もうまかったなぁ」
俺は奥様の手作りの夕飯を食べて
御満悦だった。
そこへ奥様が、
「今日はデザートがありま~す♪
じゃーん」
そう言って出したのは
「え?これさくらんぼ?
だけど大きさがリンゴ位
あるけれど」
「ふふん、今日ね田舎の友達から
さくらんぼが送られてきたのよ。
そこで、食べやすいように魔法で
一つにまとめてみましたぁ」
そう、奥様は魔女なのだ。
「そっかぁ。ま、食べてみようかな。
う、た、食べれない」
そう、リンゴ位の大きさになった
さくらんぼを口に運ぼうとすると、
ばらばらになって元のさくらんぼの
大きさになってしまうのだ。
そして、お皿につく前に
リンゴ位の大きさに一まとまりに
なっているという。
「あれ~。おかしいな、呪文間違えたかな」
「うん、多分そうだと思うよ。
呪文解除できるか」
「ええ、しょうがないわね」
そう言って奥様が解除の呪文を唱えると、
お皿の上にこんもりさくらんぼが
のっていた。
「なんか悔しいわね。そうだ、
テーブルの上をさくらんぼが逃げ回って
捕まえて食べる方法にむぐ」
俺は奥様の口にさくらんぼを一個放りこんだ。
「いや、このまま食べようぜ」
「・・・そうね、そうしましょうか」
こうしてなごやかに俺達の夕飯は
終わったのだった。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ189626目的達成?

4コマ189626目的達成?
190626pry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・ショートショート・俳句を
更新しているちーぴ。
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している商品は、
値段が変更されている事がございます。
ご了承のほど、宜しくお願いします。
4コマの記念日はウィキを
参照しております。

HP「宇宙雑貨ぷりちーぴ」
♪(/・ω・)/ ♪オモシロ4コマで商品紹介しているちーぴ。
HPの商品は値段が変わる事があります
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




最新記事
通販バナー



俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる