FC2ブログ

6遥か銀河に手を伸ばし:すくった雪の冷たさに

*ショートショート:NASAがマッドサイエンティストNASAに形態変化する容姿を持った元地球監察官の宇宙人の話

一隻の宇宙船が宙空を光の速度で進んでいる。
その船の一室で一人の男がコーヒーを飲んでいた。
室内は静かそのものだった。
「ジェルドサマ コーヒーノオカワリハイカガデスカ」
「そうだなもらおうかな」
元地球保護観察官のジェルドは、読んでいる本から
目を上げずにそう答えた。
球形スケルトン家事ロボットを埋め込み
地球人体型に形成した地球産の金色の全身タイツ
ー相棒のオーディスいわく「萌えメイドさん♡」に返答した。
その時自動ドアが開くと同時に凄まじい吹雪が舞いこんだ
ジェルドが言葉を発する事もできず雪が身体に
吹きつけて来るのをまともに受けていた。
「ジェルドサマ、ユキニウモレマス。ダイジョウブデスカ」
金色の全身タイツの萌えメイドさんに身体をゆすられ
やっと意識を取り戻したジェルドは、
「一体何が起きたっ 何故宇宙船内で雪が降るんだ?」
そしてハッと気付いて「オーディスっ今すぐ止めろっ」
 と叫んだ。
 すると、その声が聞こえたのか雪がやんだ。
そしてドアの側からニヤリと笑ったオーディスが
 「いやぁ、たまたま近くを彗星が通りかかったから
 その氷を使って雪を作ってみたんだ♪
 ほら、日本の豪雪地帯を思い出すだろ」
 「ばかやろうっ日本の季節を感じたければ全知覚感知
 再現システムで再現すればいいだけだろうが」
 ジェルドはオーディスに向かって殴りにかかったが
 雪が邪魔してその腕は届かなかった。
 そして、急にバカバカしくなって雪の上に座り込んだ。
 「ええ、ジェルド。やっぱり雪は本物を楽しまなくちゃ。
 全知覚感知再現システムなんてテレビで観光するような
 もんだぜ」
 オーディスがアメリカンのように両手を広げて
 大げさに首をふった。
  「お前なぁ、この後始末をどうするつもりなんだ?」
 「それこそ大丈夫じゃん。元々宇宙船には
 全自動清掃装置が片づけてくれるし金色の全身タイツの
 萌えメイドちゃんが綺麗にしてくれるさぁ」
 ジェルドはオーディスのお気楽さに首をふった。
  そして、何やらおかしさがこみ上げてきて、
  雪をすくって丸めると、オーディスめがけて投げた。
 オーディスは顔面にその雪をもろに受けとめた。
 それを見たジェルドは腹を抱えて笑い始めた。
「ちょっとジェルドちゃん、何してくれちゃうの?」
 「何って、お前が日本の冬をわざわざ再現したから、
 地球の雪合戦をお見舞いしてやっただけじゃないか」
 「あ、何?ジェルドちゃんが俺のイベントにノるなんて
 珍しいっよし、これをくらえっ」
「わぷっオーディスホースで雪を撒き散らすなっくっ
おいっ金色の全身タイツ萌えメイド、シャベル出せっ
そして俺に味方しろ」
「ジェルドサマリョウカイシマシタ、テキハ
オーディスサマデスネ」
こうして二人と一体はしこたま日本の雪合戦を
楽しんだ。
しかし、その結果・・・
「げほっげほっ」
「ジェルドサマオーディスサマネツガアリマス」
「オーディス、お前の悪ふざけは落ちがあり過ぎだっ」 了

宇宙雑貨ぷりちーぴ
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像


テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

7遥か銀河に手を伸ばし:春は宇宙に伸ばした手の横に温もりをそっと寄せる

*ショートショート:NASAがマッドサイエンティストNASAに形態変化する容姿を持った元地球監察官の宇宙人の話

満点の星空の下、少年は宇宙を見ていた。
「ねぇ、さとるっ悟っ」
少女は少年に向かって叫んだ。
少年は弾かれた様に少女の方を振り向く。
「悟っ この寒いのにその何?グレイ型宇宙人スーツ
ていうの?それだけじゃ風邪ひくって」
「ああ、UFO探してて…そういや寒かったな」
「寒かったじゃないっ ほら、コートとマフラー着てっ」
少女は少年に投げるように服を渡した。
少年はもそもそとコートに袖を通した。
「悟さぁ、ここがいくら田舎であんたの趣味を
 周りの人たちが理解というか生温かく見守って
くれるからといえ、河原でしかも夜中に
グレイ型宇宙人スーツ着るのは変人だからねっ」
「でも、昼間着てたら更におまわりさんに尋問されるよ」
「当たり前でしょーが。それはパーティーの時とかに
楽しむのっ普段着るものじゃないのっ」
少年はうなだれながら、
 「分かってるよ。でも俺、宇宙人好きでさ。
 せめて格好だけでも宇宙人気分を味わいたくて…。
 だから迷惑かからないように誰も通らない
 夜中のこの場所に来ているんだよ」
 そう言って少年は空を再び見上げた。
 少女はその姿にイライラした。
 そして何故か泣きたくなるのが分かっていた。
 (何よっいつもいつも宇宙人宇宙人って)
 少女は、少年が宇宙に向かって手を伸ばすのが
 嫌いだった。
 (分かってる。あいつが宇宙人が好きなのは、でも)
 分かっていても少年の手が上に行くのを見るのは
 胸が何故かチクチク痛むのだ。少女はそれを隠して
 「あんた、いっその事宇宙オタクのルリと付き合ったら」
 「え?何で?大体ルリちゃんは宇宙オタクというより
 小惑星探査機はやぶさとイトカワが好きなんだよ。
  僕とは違うよ、向こうも僕に興味ないよ」
 悟は不思議そうに少女を見た。
 「うるさいわねぇ。人が折角話の合いそうな子と
 付き合ったらって言ってあげてんのに」
 少女は心の中とは違う言葉を吐きだした。
  その言葉は白い息となって少年に向かった。
  少年の顔はグレイ型宇宙人スーツに覆われていたが
 目をぱちくりさせているのが少女には分かっていた。
 「いいのよ、どうせあんたには女の子より宇宙人が
 恋人なんでしょーよ」
 「そ、そんな言い方ないじゃん。違うよ、僕には
 いつもコートとマフラーを届けてくれる子がいるから…」
 「え?」
 少年は無言になった。そして遥か銀河に手を伸ばした。

「春だねぇ」
元地球保護観察官オーディスはディスプレイを見つめた。
そこには地球人の少年と少女が夜空を見上げる映像が
映っていた。
「オーディス、悪趣味だな」
「ええ、ジェルド。小さな恋を見守っているだけだよ」
「まぁ、お前の悪趣味は通常運転だからな」
「ジェルドサマオーディスサマコーヒーヲオイレシマショウ」
 金色の全身タイツの萌えメイドさんが言った。
宇宙船は静かに宇宙を進んでいた。 了


宇宙雑貨ぷりちーぴ
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像



テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

8銀河に手を伸ばし:少年が人生を翔ける時1

*ショートショート:NASAがマッドサイエンティストNASAに形態変化する容姿を持った元地球監察官の宇宙人の話

その宇宙船は滑るように宙空を駆けていた。
「なぁジェルドぉ 何か面白い事ない?」
元地球保護観察官のオーディスが、
日本産のゲーム機を置いて相棒に向かって言った。
「知らん、面白いというのは人それぞれ違う。
第一お前の面白いにはロクな事がない」
そうジェルドは読んでいる本から目を離さずに応えた。
「うわ、ジェルドちゃん冷たいし酷い。同じ
元地球保護観察官なのに俺をそんな風に見ていたんだ」
「同じ保護観察官として過ごした経験から出た言葉だ。
そういうのを日本では自業自得と言うんだ」
 シクシクとオーディスが無き真似をして
ジェルドは鬱陶しそうに眉をしかめたその時、
「オーディスサマジェルドサマセッキンスルヒコウタイアリ」
金色の全身タイツに家事ロボット入れたメイドの花子さんが
緊急事態を告げた。
オーディスとジェルドは、操縦席の花子さんの側により
船外画面を見つめた。
 2体の飛行物体がこちらに接近している。
 「何だ、おいジェルド船のハッチを勝手に開けてるぞ」
 「とにかく一番近い隔壁にシールドを張れ、
 それ以上侵入させるなっ花子っ」
 「リョウカイシマシタ」
 「オーディス戦闘モードになっとけよ」
 「おう、とっくの昔に用意済み、ジェルドもな」
 2人はシールドを張った隔壁へ急いだ。
 そしてそこにいたのはー
「な、地球人が2人?」オーディスが声をあげた。
 日本の着物を着た髪の長い女と
 グレイ型宇宙人スーツを着た少年のようだった。
 「通信もせずに、勝手に入って申し訳ないわね」
 髪の長い女が詫びを入れた。少年は黙ったままだった。
 「いえ、飛行中にご子息のスーツ内の妖力玉に異常が
 出て緊急避難出来たのは不幸中の幸いでした」
  ジェルドが人のよさげな笑みを浮かべて答えた。
 2人は日本の妖怪雪女とその息子だった。
 害はないと分かり、船内の一室に案内して花子さんに
 お茶を用意させた。少年はスーツを脱いでいる。
 少年は無口で日本人にしては色が白く髪と目の黒さが
  際立っていた。
  「この子は夫が人間なので、私の妖力を込めたスーツを
 着ないと宇宙空間では生きていられないんですのよ」
 「そうですか。しかし何故日本の雪女のあなたとご子息が
 宇宙空間へ出られたんですか」
 ジェルドが尋ねると、雪女は苦笑して
 「ふふ、この子は人間として成長しました。でも私は雪女。
 その事で悩んでいたみたいなので、雪女としての力を
 見せれるだけ見せて、本人の力も確かめさせましたの」
 「僕、好きな子がいるんです。でもその子は人間で
僕の力を知らないしきっと寿命も成長も違う。
 それに普通の人間の振りして仕事できるのかなとか」
人間に紛れて任務をこなしていたジェルドとオーディスは、
少年の気持ちが痛い程理解できた。
「そーだなぁ、悩むよなぁ。」
オーディスが少年をまっすぐ見ながら言った。そして
「アドバイスするとしたら悩むだけ悩め、かな。
人の数だけ悩みはあるんだ。そして必ず解決策はある。
 自分の足で歩んだ道が答えだ。それは誰も奪えない」
宇宙船は相変わらず宙空を飛翔していた。 了


宇宙雑貨ぷりちーぴ
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

9遥か銀河に手を伸ばし:少年が人生を翔ける時2

*ショートショート:NASAがマッドサイエンティストNASAに形態変化する容姿を持った元地球監察官の宇宙人の話

その宇宙船は滑るように宙空を駆けていた。
「突然、船に乗り込んで申し訳ないの」
黒髪を腰まで長く伸ばした白い着物を着た女は、
艶然と笑みながら言った。
「いえいえ、俺達、地球から遠ざかっているのに
 地球からのお客人を迎えられて嬉しいですよ。
しかも、こぉんな美女な雪女さんですから尚更です」
元地球保護観察官のオーディスはウィンクして言った。
「何の、こちらは江戸時代から生きておるし、
子連れであるからのう」
そう雪女は言って出されたお茶を一口飲んだ。
 「オーディスサマジェルドサマ、グレイガタウチュウジン
スーツナオリマシタ」
金色の全身タイツに家事ロボット入れたメイドの花子さんが
2人の元地球保護観察官にスーツを差し出した。
オーディスはそれを受け取り、雪女の息子に差し出した。
母親の雪女ゆずりの白い肌に黒い髪と瞳が映える少年が
黙って会釈して受け取る。
 「これ、折角直して頂いたのだからお礼をいいなされ」
 母親の雪女が息子をたしなめた。
 「いいですよ、息子さん高校生ですか?その位の
 年の男の子はそんなもんですよ。」
 オーディスが笑いながら助けを出した。
 「そう言って頂くと有り難いやら。私はこの通り
 江戸時代から生きているから今までに何人か夫がいての
 この子は今の夫の子だけど時代がえらく変わっての。
 昔も今も山奥の人間の男を夫にしているのじゃが、
 今はお役所の人の管理が厳しくてのう。
 まぁ、今は高齢化社会で長生きするから多少
 皺が少なくとも、ほら、美魔女というのかのう。
 しかも整形手術とかもあるから年をとらないのも
 ごまかしがちっとは効くのでそこがいい所かの」
 雪女はホホと笑った。
 「しかし、その美しさなら都会に出てモデルにでも
  なれたのではないですか」
 黙って2人の会話を聞いていたジェルドがそう尋ねる。
 「ああ、スカウトというのもよくされたものじゃが、
 少しでもテレビに出ると証拠が残るじゃろう?
 しかも、年をとらないから引退したとしても
  あの人は今とか言って消息を探されるし、
  しかもSNSが最近は発達しているので更に表には
 出れぬのう」
 「そうですか。なかなか大変なんですね」
 「だけど現代は、妖怪も萌えとか言って可愛くなってな
 ナンパしてきた人間の男に雪女なんですと言ったら
 可愛いって言われてしもうての」
 「ババぁがおだてられて調子に乗ってるんじゃねぇよって
 痛い寒い、室内で雪を吹雪かせるなっ」
 「おホホホ、余所様の船で失礼いたしました
口のきき方を知らない愚息でお恥ずかしい限りでの」
 「あはは、大丈夫ですよ。」
ジェルドとオーディスは、身体にかかった雪を
はらいながら、ひきつった笑いをした。
「オーディスサマジェルドサマヒガイハシツナイノミデス。
オソウジシマスノデゴリョウショウクダイサイ」
金色の全身タイツに家事ロボット入れたメイドの花子さんが
雑巾とバケツ片手に告げた。その時、
 「親父の髪が白くなってきたんだ。」少年がぽつりと言った
宇宙船は相変わらず宙空を飛翔していた。 了

宇宙雑貨ぷりちーぴ
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像


テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

10遥か銀河に手を伸ばし:少年が人生を翔ける時3

*ショートショート:NASAがマッドサイエンティストNASAに形態変化する容姿を持った元地球監察官の宇宙人の話

その宇宙船は滑るように宙空を駆けていた。

「いやぁ、まさか宇宙で地球のお客さんに会えるとは

思わなかったなぁ」

元地球保護観察官のオーディスは言った。

「雪女さんにその息子さんですね。

 なかなか楽しい来訪でしたね」

同じく元地球保護観察官のジェルドが答えた。

「それにしても雪女と人間の間に生まれた息子さんの

青春の悩みに、宇宙空間を2人で旅するなんてさすがは

年の効だな」

オーディスが片手にルービックキューブを放りながら

 クククと笑った。

「女性に年齢の事を言うなんて失礼ですよ。

確かに江戸時代から生きておられるとはいえね」

ジェルドも読みかけの本を棚から出しながら答える。

「いやぁ、若人の悩みとはいえ年頃の息子の悩みに

母親は見守る事が精一杯なのに剛毅に宇宙旅行に

連れ出すんだからあっぱれだよな」

 「父親は人間ですからね。息子の妖怪属性については

 何も言えませんから。

 それを任せた父親こそあっぱれです」

 オーディスは手の中のルービックキューブをカチャカチャ

 いじりながら、

 「母親がいつまでも若々しくて父親が年を取っていくのを

 多感な年代が見ればつらいんだろうな」

 「そういえば、雪女さんが席を外している時息子さんが

 恋の悩みを打ち明けてくれましたね」

 好きな人間の幼馴染の女の子が

 南国に憧れていて住みたいと言ったみたいですね」

 「ん~あと一面っと。ああそうそう坊主は

 地元で猟師え~とマタギになりたいんだったな」

 「それもありますが、雪女の血筋ですからね。

 夏や南国に弱くて、しかも女性よりもきめ細かい

 白い肌が焼けなくて赤くなるだけなのが恥ずかしい

  そうですよ」

 オーディスはルービックキューブをくるくる回して

 「ううん、ますます厳しいな。

 俺達何にもしてやれないしな」

 「でも、話を聞いてあげれて良かったんじゃないですか?

  私達も、こんな事は母親に話せませんからね。

  雪女さんもそれが分かっていたから

 席を外されたのでしょう」

 「そうだよなぁ。しかも雪女の妖怪属性は

 人間のダチには話せない事だしなぁ。

 しかも人間の女の子に、きめ細かい白い肌が

 悩みなんて言ったら嫌見だしなぁ」

 「そうですよねぇ。からかいの対象になるだけで

 そんなの10代の男の子には耐えられませんよ」

 「ま、結局本人が何とかするしかないよな。

あ~あ、惚れ薬が通販で売れればなぁ」

 「何言ってるんですか。そんな物、我々の本星でも

売ってませんよ」

「やだなぁ、ジェルドちゃん、冗談だよ。

でも、女性をメロメロにするフェロモン香水あるぜ」

「それは違法薬物です」

「オーディスサマジェルドサマコーヒーガハイリマシタ」

金色の全身タイツに家事ロボット入れたメイドの花子さんが

告げた時、オーディスのルービックキューブが完成した。

宇宙船は相変わらず宙空を飛翔していた。 了


宇宙雑貨ぷりちーぴ
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→ユニバース

→ガンダム
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる