fc2ブログ

ss201026奥様は魔女と使い魔ちゃん4🍀キリ番55555お礼ショートショート🍀

ss201026奥様は魔女と使い魔ちゃん4:

「ただいま〜♪」

「にゃーん」

ん?家のドアを開けると
玄関で猫がお座りをして
出迎えてくれた。

俺はドアの外の表札を見て
自分の家である事を確認する。

「あ、ダーリン大丈夫。
ここはあなたの家よ、
お帰りなさい」

そう言って奥様がパタパタ
スリッパを言わせながらやってきたので
安心する俺。

「うん、ただいま。
それよりその猫ちゃんどこの子?」

奥様の腕の中ですっかり寛いでいる
ミックスらしき猫ちゃんの頭をなでがら
尋ねると
「うん、この子魔女友の一人の
使い魔ネコちゃんなの。
今日はお使いにやってきてくれてね。
もう遅いからうちでお泊りなのよ」

そう、奥様は魔女なのだ。
魔女界から人間界にやってきて
俺と出会って結ばれた。

「ん?でも使い魔って亜空間だっけ
伝ってくるから瞬間移動できるんじゃないのか」

「その魔女友さん、今日お客様があるのよ。
それでちょうどこの猫ちゃんが帰る時間の
来客だから結界を張って、自分の使い魔ネコちゃんでも
おうちへ入れなくしちゃうのよね」

「そうなんだ。それなら仕方ないな。
取り敢えず、俺は風呂に入ってくるよ」

「うん、そうしてくれる?
それからご飯にしましょ」

こうして俺は風呂に入り
食事をしてリビングで寛ごうと
ソファに座っている奥様の隣に座った。

「・・・この使い魔ネコ、君の膝の上で
寛いでいるね」

「ふふ、もしかして妬けてる。
なんか懐かれて嬉しいわ」

「俺も触って大丈夫かな。
あ、頭ぐりぐりさせてくれる。
お、なんか顎出して下をなでれと
言っているなこれは。
随分人懐こいな」

「うん、この子は使い魔ちゃんと言っても
飼い猫に近い子だから
可愛がられているのよ。
本職の使い魔ちゃんは
警察犬とか捜索犬のような
キリリとしているわよ」

「そうなんだ。
ま、何はともあれって急に
テレビ見始めたぞ」

「あ、ダーリン。
それは魔女ネット放送だわ。
消してって間に合わない!」

そうなのだ。使い魔ネコは
魔女ネット放送の画面に
お天気キャスターが
映った途端、猛烈な勢いで
その画面に突進し、
その中に入ってしまった。
それだけではない。
お天気キャスターは若い女の子
なのだが、あらゆる方向から
やってきた猫たちにかこまれ
埋もれてしまっている。

「なぁ、この映像って何?」

すると奥様がため息をついて

「ほら、お天気キャスターが持っている
先に丸い球が付いた棒に
猫って反応するでしょ。
普通はネット放送の方で結界を
張るんだけれど、
このお天気キャスターの『秋』は、
結界の張り方が甘いというか
猫にモテるというか、
能力の高い使い魔ネコちゃんが
画面の中に入っちゃう事で
有名なの。
ま、それが可愛いって人気なんだけどね。
もう一つの人気はね、
ほら、この人」

そう言って画面を見ていると
スーツをビシッと着こなした
黒髪黒目の美上部が猫達を
優しく撫でたかと思うと、
次々と猫達が画面から消えていく。

「そ、あれが『奇一』と言って
魔女ネット放送局のアナウンサー。
『秋』の恋人という噂があるのよ。
ああして使い魔ネコちゃん達を
持ち主に送り返してくれるのよね。
ほら、戻ってきた。お帰りなさーい。
ダメでしょう、テレビに入っちゃて
言っても、猫の性には逆らえないか。
しょうがない、もう一つ猫の性に
逆らえない事をしちゃおうかな♪」

「おいおい、お仕置きなんかしたら
可愛そうじゃないか」

「やだ、お仕置きなんかしないわよ。
ただ、この預かっていた折り畳み式の箱を
広げて、中に使い魔ネコちゃんを入れると
はい、スヤスヤお休みなさーい」

そう、預かった使い魔ネコは
箱の中で眠っていた。

「猫って箱の中に入ると大人しくなるというけど
すぐ眠るのは魔法?」

「そうよ。これからは、あたしたち二人の時間でしょ」

「そうだな。ちょっと何か飲もうか」

こうして俺たち二人は静かになった夜を

楽しんだのだった。



🍀キリ番55555お礼ショートいかがでしたでしょうか。

お読みいただきありがとうございました(^^)🍀

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss201018奥様は魔女と第2127回「好きなお寿司のネタは?」

ss201018奥様は魔女と第2127回「好きなお寿司のネタは?」:

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の葉月です今日のテーマは「好きなお寿司のネタは?」です日本の国民食、お寿司葉月は魚が全般的に好きなので選ぶのが難しいですが、お寿司のネタで一番好きなのは「中とろ」ですほどよい脂身が好きでお寿司屋さんに行ったら何回も頼んでしまいますイクラも大好きですが、だいたい一貫か二貫くらいしか食べないので中トロには負けちゃいますねみなさまの好きなお寿司のネタはなん...
FC2 トラックバックテーマ:「好きなお寿司のネタは?」




「ねぇ、ダーリン。今日はお寿司にしない?」

「ん?寿司かぁ」

久しぶりの休日。午前の一仕事を終えて
まったりとお茶を飲んでいると
奥様がそんな事を言う。

「いいねぇ。どうする?
家で作るか?それとも食べに行くか」

「(*´艸`*)うふふ、今回は魔女界の
お寿司屋さんに行きまーす」

「何故魔女界?君の故郷だけど
お寿司屋さんできたの?」

そう、奥様は魔女界から人間界にやってきて
俺と出会って結ばれた。

「そうなのよ。オーナーが本格的に日本で学んだ
お寿司屋さんでありながら、回転寿司の魅力にはまって
お手頃リーズナブルなお値段で新鮮なネタが
食べれるのよ」

「・・・そうか。トリアエズイッテミヨウカ」

「なぁに。何か信用無いわね。
大丈夫よ。紫や緑に着色された寿司とか出ないから。
本場日本にこだわっているから!
魔女友と行った私が言うんだから大丈夫!」

「( ^ω^)・・・奥様、俺聞いてないけれど?」

「うっ。ご、ごめん。食欲の秋だからごにょごにょ
でも、こうやってダーリンにおいしいお店を
紹介できるからいいでしょ、ね♪」

「ん、まぁ仕方がないとしよう。
とりあえず、旨いんだろう。
でも今から行ったら混んでないか」

「それは大丈夫。予約しているから(^▽^)
じゃぁ、さっそく行きましょうか」

こうして俺たちは、奥様の魔女界へ通じる
魔法陣を通って件の寿司屋へ行った。

するとそこには
「イラッシャイマセ」
店員が挨拶をする。

「うおおおおおおおおお
店員がガン〇ラぁあああああ」

「そうよ、ガン〇ラに調理や接客担当の
精霊さんを入れて対応してくれる
お店なの。
ダーリンの為に特別に対応してもらったのよ♪」

「え?でも今日何の記念日でもないよ」

「いいのいいの!今日は
『ガン〇ラを愛でてお寿司を思いっきり食べる記念日』
なのっ要はサプライズよねヾ(o´∀`o)ノ」

「ありがとう、こんなに嬉しい事はない」

俺は奥様を抱きしめる。
そして二人で仲良くお寿司を堪能した。
好きなお寿司のネタ?
全部💗ごちそうさまでした♪
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss201017奥様は魔女と使い魔ちゃん3

ss201017奥様は魔女と使い魔ちゃん3

「キャベツキャベツキャベツ」

久しぶりの休日。
朝起きると奥様が謎の呪文を唱えている。

「キャベツがどうかしたのか」

俺は奥様に尋ねる。

「ああ、ダーリンおはよう。
実はね。魔女友の使い魔ちゃんが
メッセンジャーとしてくるんだけど
何か食べさせようと思って」

そう、奥様は魔女なのだ。
魔女界から人間界にやってきて
俺と出会って結ばれた。

「それで何故キャベツなんだ?」

「その子ね、キャベツ人形なのよ」

「キャベツ人形?キャベツでできているのか」

「違うわよぉ。随分昔に流行った
アメリカ生まれのお人形で
凝った設定が受けて流行ったそうよ。
魔女友さんはそのキャベツ人形の
大ファンなのよ」

「そうかぁ。だが元は人形なら
食べ物っているのか?」

「うーん、そう言われればそうだけど。
ほら、お人形って主に女の子が
お人形さんごっこをして
食事をさせたりするでしょ。
それで、使い魔になったお人形さんは
食べたりするのよ」

「うーん。だったら牛乳とスイートポテト
なんかどうだ?
そろそろハロゥインが近くて
ご近所さんからお裾分けがあっただろ」

「そうね、それがいいわね。
キャベツ畑から生まれたお人形って
設定だからつい、栄養剤とか腐葉土とか
連想してたわ」

「そうか、そう言われてみればそう思う事も
ありうるよな」

リンゴーン

「あ、あれは魔女界からの来訪者のチャイムだわ。
あたしが出るわね」

「ああ、よろしくな」

そうして連れてこられたのは、
奥様の友達の使い魔キャベツ人形だった。
今でいうなら、ぶさかわいいという感じか。
だけど、よく手入れをされていて
持ち主から大切にされているのが
よくわかった。

俺たちは食卓の椅子にクッションを載せて
キャベツ人形を座らせ、
俺は朝食を、奥様とキャベツ人形は
ティータイムを楽しんだ。
そう、キャベツ人形はおしゃべりだった。
主の魔女友の良き話し相手なのだろう。

そんな事を考えながら俺は
二人?の会話に耳を傾けたのだった。



善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss201014奥様は魔女とスポーツの秋

ss201014奥様は魔女とスポーツの秋:

「ねぇ、ダーリン。起きてよぉ」

久しぶりの休日。
ちょっとお寝坊をした俺。
何か優しく奥様が起こされるので
つい

「う〜ん、後もう少し」

と甘えてみる。

すると奥様が、

「早く起きないと、ダーリンのガン〇ラ、
料理用ガン〇ラに変えて
美味しい物作ろうかなぁ」

俺は上掛け布団を跳ね上げて

「料理用ガン〇ラはこの前
在庫分作っただろ(つД`)ノ」

「あ、ダーリン起きたぁ。
やーねー。そんな事しないわよ」

「とか言いつつ手に持っている
そのガン〇ラはこの前作った
力作のガン〇ャノンじゃないか」

「(∀`*ゞ)エヘヘ大丈夫大丈夫
しまうから」

「( ´Д`)=3 フゥ。それで
起きるけど何かあるの?」

「うん、折角いい天気だから
スポーツの秋といかない?」

「スポーツかぁ。分かった行きましょう。
行くから棚のガン〇ラを
物色しないでぇ」

「違う違う。ダーリン、スポーツと言っても
ガン〇ラを魔法でスーツにして
亜空間でミリタリーごっこしない」

そう、奥様は魔女なのだ。
魔女界から人間界にやってきて
俺と出会って結ばれた。

「ハイ!やります。
舞台は『ア・バ〇ア・クー』にできる?」

「できるわよ。じゃぁ早く着替えて
遊びましょ♪」

「はーい」

こうして俺たち二人は亜空間で
思いっきり遊んだのだった。

翌日、筋肉痛になったのは言うまでもない。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss201012奥様は魔女とか・ぼ・ちゃ♪

ss201012奥様は魔女とか・ぼ・ちゃ♪:

「か・ぼ・ちゃ♪か・ぼ・ちゃ♪」

久しぶりの休日。

リビングでホビー雑誌を読んでいると

壁の中から奥様の声が聞こえる。

そう壁の中。

何故なら奥様は魔女だからだ。

魔女界から人間界にやってきて

俺と出会い結ばれた。

もうすぐハロウィンだからだろう。

何かやっているらしい。

そこへヒョイと壁から奥様の上半身が

出てきた。

「う、うわぁ。壁から急に体を
出さないでくれよ。びっくりするだろ」

俺がそう言うと、奥様が

「ごめんごめん、つい嬉しくて
やっちゃった」

そして、テヘペロと笑う。

(う、かわいい。だけどここでそんな事を
言おうものなら・・・ここは一つ)

「嬉しいのは分かるがここは
魔女界じゃないからな。
人間界の風習を忘れると
いくら可愛いからって
他の人は見過ごしてくれないんだぞ」

「(^O^)/はーい、て今ダーリン
あたしの事、可愛いって言った?」

「うっ。(しまったぁ。つい本音が
出てしまった)た、確かに言ったかも
しれないが、可愛いが正義なのは
二次元世界の話で三次元では
通用するのは俺だけでいいんだからなっ」

「もう、やだぁダーリンったら。
のろけちゃって。
ほらほら顔が赤くなっているぅ」

「く、そんな事はない。それより
なんの用だった?
早く言わないと書斎に閉じこもって
ガン○ラ作ってやるぅ」

「ごめんごめん、ほらほら機嫌直して、ね。
それよりできたのよ。亜空間に置いてあるから
見てくれる、ね」

「ごほん、ま、見てやらん事もない」

「もう、素直じゃないんだから。
ほら早く壁に入って入って」

そう奥様に言われて壁をすり抜けて
亜空間に入った。
そこは大中小様々なかぼちゃが
目鼻口を彫られて、ジャックオランタン
になって、暗闇の中で光を放っていた。
それが空中を漂っているのだ。

「うわぁ、すごい綺麗だね」

「でしょでしょ。
この空間をリビングに重ねて
ハロウィンのオンラインパーティーの
うちの装飾にしようと思うの」

「いいんじゃないか。
なんか秋だよなぁ」

「あ、そうだ。紅葉の葉っぱも
空中に漂わせようかな」

「うん、素敵だね。
これだけ作るのに大変だったろう。
言ってくれれば手伝ったのに」

「それは大丈夫。ダーリンの作ってくれた
お掃除用ガン○ラ達が頑張って
くれたから。でね、かなりの数が
さよならしちゃった♪」

お掃除用ガン○ラとは
俺が作ったガン○ラにお掃除の精霊さんに
入ってもらい掃除をしてもらうのだ。
だが、掃除が終わった時、
精霊さんは出ていきその時ガン○ラは
消えてしまう。

「そ、そうか。じゃ、じゃぁ
お掃除用ガン○ラ作らないとな」

俺はちょっと動揺して心の中で泣いた。




善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめましてちーぴ
主に4コマ・
ショートショートを
載せているちーぴ

(↑フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません。
また、『SS』とは
ショートショートの
略として用いております)

地球のどこかで暮らす
宇宙生物ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

隠居ぷりちーぴの部屋

隠居ぷりちーぴ

宇宙雑貨ぷりちーぴ改
💖隠居ぷりちーぴ💖
よろしくちーぴ
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる