FC2ブログ

ss201225-9奥様は魔女と鍋料理

ss201225-9奥様は魔女と鍋料理


「うう、寒いなぁ。早く家に入ろう」

今日は12月25日の夜。
すっかり一大イベントと化した
クリスマスイブを過ぎると
現金な物で、
ケーキもクリスマス商戦も
お勤め品がメインになってくる。

我が家は奥様が魔女なので
クリスマスは関係ない。
そう、奥様は魔女界からやってきて
俺と出会い結ばれた。

それでもなんとなく世間の
空気に合わせるのが日本人らしいところか。
安売りしていたケーキを買ってしまった。

「ただいまぁ」

「お帰りなさい。お風呂入ってね」
廊下のドアが少し開いて
奥様が応える。

「うん、ただケーキ買ったんだ。
とりに来てくれるかな」

そう、このご時世まず帰宅したら
風呂に入って汚れを落とすのが
習慣と化している。

「了解。よく温まってね」

・・・・・・・・・・・・・
「ふぅ、いいお湯だった。
お、今日鍋にしてくれたの?
何の鍋?」

すると奥様がいたずらっぽく笑って
「牡蠣鍋でーす。でもメインは豆腐❤」

「え?豆腐がメインの鍋って
聞いたことないぞ」

「まぁまぁそう言わずに席について、ね♪」

俺は首を傾げながら席に着く。
鍋は丁度良い煮え具合のようだ。

すると奥様が、
「ガン○ムいきまーす」
と言って呪文を唱えると

「え、え?これ豆腐?
ザ〇の形をした豆腐?」

そう、鍋の水面下から現れたのは
赤と緑の二種類のザ〇達だった。
小さな豆腐がザ〇頭達が
ぽこぽこと鍋の湯の中を
水面から出たり潜ったりしている。

「ガン○ムじゃないじゃないか。
だけどうれしいな。ありがとう
え、夕方特売だったから
買っただけなの、そうなんだ。
でも俺的に嬉しい。
いただきまーす」

すると奥様がふふふんと笑って
「お箸よく見て。ガン○ムの
柄になっていまーす。
だから合ってまーす」

「あ、本当だ。恐れ入りました。
ガンダ〇のシールを魔法で箸に
貼り付けたの、ありがとう。
とにかく腹ペコだ。食べるよ」

俺はさっそくお玉で赤〇クの豆腐を
すくおうとした。
すると赤ザ〇が逃げる。
もう一回すくおうとすると、
今度は鍋に潜る。

「あの?奥様、この豆腐逃げるんですけど」

「ぴんぽーん。魔法でお豆腐を
動くようにしておきました。
他の具も食べつつお豆腐を食べてね。
でも他の具を食べすぎると
逃げられる確率が高くなりまーす」

ガン○ム箸にも魔法をかけてくれないかなと
思う俺がいた。
奥様最高のプレゼントをありがとう。
メリークリスマス





お読みいただきありがとうございました。

善き一日をお過ごしください。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m



テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss201031奥様は魔女とハロウィン

ss201031奥様は魔女とハロウィン:

昼過ぎ。
リビングでホビー雑誌を読んでいると
奥様が起きてきた。

「おそよう」

「おそよう、ダーリン。
昨日はありがとうね。
結界を張っていたけれど
ねずみが一匹入り込んだみたいね」

そう、奥様は魔女なのだ。
魔女界から人間界にやってきて
俺と出会って結ばれた。

「可愛い黒猫だったよ。
その後どうなったのか俺は知らないが」

普通の人間の俺に魔女同士の対決の
結果なんか分かる訳がない。

「うーん。まぁ知らない方がいいわよ。
全く。本来だったらハロウィンの前日に
お空へ旅立った使い魔ちゃん達を
見送る者もいるのだから
『ご訪問』を慎むのが流儀なのに。
最近の魔女は躾がなってないわね」

「まぁ、まだ10代のノリなんじゃないのか。
ま、オイタの結果はいやというほど
味わっただろ」

「うーん。そうね、今日はハロウィン当日だし
地球のヒーリングの儀式をしたら
みんなで騒ぐわよ」

「今年は魔女流オンラインパーティーだろ。
飾りつけはしておいたから。
どう?このオレンジと黒の統一感!!」

「・・・て、統一されているのはガン〇ラじゃないの。
壁一面オレンジのザ〇やグ〇や〇ンとか
いうのじゃないの。ジャックオランタンの
代わりのつもり?」

「じょ、女性受けするSE〇Dシリーズに
したんだよぉ」

「女性受けしようがガン〇ムはガン〇ムっ。
もうしょうがないわね。
これら全部、戦闘用精霊さんを入れて
ダーリンの同士の魔女友さんと
亜空間戦してもらうわ」

「う、それ見たい。だけど戦闘したら
さよならなんだよな」

「つ・く・り・す・ぎなのが
悪いんでしょ。
あら、ゴールドもあるのね」

「ああ、それは百〇と言って
初代仮面を被った赤〇彗星が
乗るんだよ」

「ふーん。まぁ、じゃぁそれも参加させる?」

「うーん、折角だけど遠慮します」

こうしてなんとか折り合いをつけた

俺たちのハロウィンは

最初の地球のヒーリングの儀式が

厳かに行われた後は完全な無礼講

オンラインだけど盛り上がる盛り上がる。

亜空間を使って、差し入れ有の

訳のわからんおもちゃがとんできたり

部屋の物を投げ合ったりして楽しんだ。

もちろん、俺のガン〇ラと同士の魔女友さんの

ガン〇ラ戦闘対決も盛り上がった。

そしてお開きになろうとした時。

突然辺りが真っ暗になった。

それは他の魔女友さんたちの家も

一緒だった。

するとぽぉぅっと丸い光が

辺り一面浮かび上がる。

「なんか蛍みたいだな」

「ううん、ダーリンこれは
お空へ旅立った使い魔ちゃん達の
魂よ。来てくれたのね」

「そうなんだ」

オンラインの他の魔女友さん達を
見ると、淡い光の玉が彼女たちの
身体に纏わりついている。
もちろん、奥様の周りにも。

俺は黙って奥様の肩を抱いた。
奥様は泣いていたが、
意を決したように
ガン〇ラの百〇をとると、
その中に、光の玉を集めた。
百〇は輝いて空へと昇って行った。

「また、来年会えるといいな」
「うん、いつまでも忘れない」

奥様は俺の胸でいつまでも
泣いているのだった。



善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss201030奥様は魔女と里帰り

ss201030奥様は魔女と里帰り

「じゃぁ、ダーリン行ってくるわね」

奥様が魔法陣に乗って
手を振る。

「行ってくるって、
朝には帰ってくるじゃないか。
ま、里帰りなんて久しぶりだけど
明日はハロウィンだからな。
のんびりできないのが
難点だな」

俺は苦笑して応える。
そう、奥様は魔女なのだ。
魔女界から人間界にやってきて
俺と出会って結ばれた。

すると奥様が口を尖らせて

「だってダーリンと一夜だけでも
離れるなんて心配なんだもの。
浮気されないかなとか考えちゃって。
ダーリン、魔女界でちょっとした
人気者なのよ」

「はは、この家には君の
結界が張ってあるだろ。
これを破って入るほど
度胸のある魔女はいないよ」

「そう言われればそうだけど。
でも、気を付けてね。
何かあれば寝室に逃げてね。
あそこが一番強力な結界を
張ってあるから」

「了解。ほら、魔法陣から光が出ている。
行っといで」

「分かったわ。行ってきます」

こうして魔法陣が光に包まれる。
そして光が消え終わる頃には
奥様の姿はなかった。

ふぅ、俺は何とも言えずため息をつく。
本来なら明日のハロウィンの日に
帰りたかったはずだ。
だが、人間界の荒れた状況の
ヒーリングのためにも
前日の今日、奥様は魔女界へ里帰りをした。

そう、空へと旅立った使い魔達の
鎮魂の為に。
ハロゥインだと魔女達の魔法で
彼らの魂と触れ合う事ができる。
だが、今日だとその気配を感じる程度だという。
それでも奥様は彼らに会いたかった。

「彼らの魂に安らぎを」
俺は何に言うともなくつぶやいた。
すると、リビングの窓をガリガリひっかく音がする。
見やると黒猫だ。
俺はにやりと笑った。
「騙されないよ。庭にまで入った実力は認めるけれど
お帰り。今日の奥様は気が立っている。
ほら、罠にかかる前にお帰り」

すると黒猫が「にゃーお」と悔し気に鳴いて
ヒュッと消えた。

俺はもう一度つぶやく。
「彼らの魂に安らぎを」


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss201026奥様は魔女と使い魔ちゃん4🍀キリ番55555お礼ショートショート🍀

ss201026奥様は魔女と使い魔ちゃん4:

「ただいま〜♪」

「にゃーん」

ん?家のドアを開けると
玄関で猫がお座りをして
出迎えてくれた。

俺はドアの外の表札を見て
自分の家である事を確認する。

「あ、ダーリン大丈夫。
ここはあなたの家よ、
お帰りなさい」

そう言って奥様がパタパタ
スリッパを言わせながらやってきたので
安心する俺。

「うん、ただいま。
それよりその猫ちゃんどこの子?」

奥様の腕の中ですっかり寛いでいる
ミックスらしき猫ちゃんの頭をなでがら
尋ねると
「うん、この子魔女友の一人の
使い魔ネコちゃんなの。
今日はお使いにやってきてくれてね。
もう遅いからうちでお泊りなのよ」

そう、奥様は魔女なのだ。
魔女界から人間界にやってきて
俺と出会って結ばれた。

「ん?でも使い魔って亜空間だっけ
伝ってくるから瞬間移動できるんじゃないのか」

「その魔女友さん、今日お客様があるのよ。
それでちょうどこの猫ちゃんが帰る時間の
来客だから結界を張って、自分の使い魔ネコちゃんでも
おうちへ入れなくしちゃうのよね」

「そうなんだ。それなら仕方ないな。
取り敢えず、俺は風呂に入ってくるよ」

「うん、そうしてくれる?
それからご飯にしましょ」

こうして俺は風呂に入り
食事をしてリビングで寛ごうと
ソファに座っている奥様の隣に座った。

「・・・この使い魔ネコ、君の膝の上で
寛いでいるね」

「ふふ、もしかして妬けてる。
なんか懐かれて嬉しいわ」

「俺も触って大丈夫かな。
あ、頭ぐりぐりさせてくれる。
お、なんか顎出して下をなでれと
言っているなこれは。
随分人懐こいな」

「うん、この子は使い魔ちゃんと言っても
飼い猫に近い子だから
可愛がられているのよ。
本職の使い魔ちゃんは
警察犬とか捜索犬のような
キリリとしているわよ」

「そうなんだ。
ま、何はともあれって急に
テレビ見始めたぞ」

「あ、ダーリン。
それは魔女ネット放送だわ。
消してって間に合わない!」

そうなのだ。使い魔ネコは
魔女ネット放送の画面に
お天気キャスターが
映った途端、猛烈な勢いで
その画面に突進し、
その中に入ってしまった。
それだけではない。
お天気キャスターは若い女の子
なのだが、あらゆる方向から
やってきた猫たちにかこまれ
埋もれてしまっている。

「なぁ、この映像って何?」

すると奥様がため息をついて

「ほら、お天気キャスターが持っている
先に丸い球が付いた棒に
猫って反応するでしょ。
普通はネット放送の方で結界を
張るんだけれど、
このお天気キャスターの『秋』は、
結界の張り方が甘いというか
猫にモテるというか、
能力の高い使い魔ネコちゃんが
画面の中に入っちゃう事で
有名なの。
ま、それが可愛いって人気なんだけどね。
もう一つの人気はね、
ほら、この人」

そう言って画面を見ていると
スーツをビシッと着こなした
黒髪黒目の美上部が猫達を
優しく撫でたかと思うと、
次々と猫達が画面から消えていく。

「そ、あれが『奇一』と言って
魔女ネット放送局のアナウンサー。
『秋』の恋人という噂があるのよ。
ああして使い魔ネコちゃん達を
持ち主に送り返してくれるのよね。
ほら、戻ってきた。お帰りなさーい。
ダメでしょう、テレビに入っちゃて
言っても、猫の性には逆らえないか。
しょうがない、もう一つ猫の性に
逆らえない事をしちゃおうかな♪」

「おいおい、お仕置きなんかしたら
可愛そうじゃないか」

「やだ、お仕置きなんかしないわよ。
ただ、この預かっていた折り畳み式の箱を
広げて、中に使い魔ネコちゃんを入れると
はい、スヤスヤお休みなさーい」

そう、預かった使い魔ネコは
箱の中で眠っていた。

「猫って箱の中に入ると大人しくなるというけど
すぐ眠るのは魔法?」

「そうよ。これからは、あたしたち二人の時間でしょ」

「そうだな。ちょっと何か飲もうか」

こうして俺たち二人は静かになった夜を

楽しんだのだった。



🍀キリ番55555お礼ショートいかがでしたでしょうか。

お読みいただきありがとうございました(^^)🍀

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss201018奥様は魔女と第2127回「好きなお寿司のネタは?」

ss201018奥様は魔女と第2127回「好きなお寿司のネタは?」:

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の葉月です今日のテーマは「好きなお寿司のネタは?」です日本の国民食、お寿司葉月は魚が全般的に好きなので選ぶのが難しいですが、お寿司のネタで一番好きなのは「中とろ」ですほどよい脂身が好きでお寿司屋さんに行ったら何回も頼んでしまいますイクラも大好きですが、だいたい一貫か二貫くらいしか食べないので中トロには負けちゃいますねみなさまの好きなお寿司のネタはなん...
FC2 トラックバックテーマ:「好きなお寿司のネタは?」




「ねぇ、ダーリン。今日はお寿司にしない?」

「ん?寿司かぁ」

久しぶりの休日。午前の一仕事を終えて
まったりとお茶を飲んでいると
奥様がそんな事を言う。

「いいねぇ。どうする?
家で作るか?それとも食べに行くか」

「(*´艸`*)うふふ、今回は魔女界の
お寿司屋さんに行きまーす」

「何故魔女界?君の故郷だけど
お寿司屋さんできたの?」

そう、奥様は魔女界から人間界にやってきて
俺と出会って結ばれた。

「そうなのよ。オーナーが本格的に日本で学んだ
お寿司屋さんでありながら、回転寿司の魅力にはまって
お手頃リーズナブルなお値段で新鮮なネタが
食べれるのよ」

「・・・そうか。トリアエズイッテミヨウカ」

「なぁに。何か信用無いわね。
大丈夫よ。紫や緑に着色された寿司とか出ないから。
本場日本にこだわっているから!
魔女友と行った私が言うんだから大丈夫!」

「( ^ω^)・・・奥様、俺聞いてないけれど?」

「うっ。ご、ごめん。食欲の秋だからごにょごにょ
でも、こうやってダーリンにおいしいお店を
紹介できるからいいでしょ、ね♪」

「ん、まぁ仕方がないとしよう。
とりあえず、旨いんだろう。
でも今から行ったら混んでないか」

「それは大丈夫。予約しているから(^▽^)
じゃぁ、さっそく行きましょうか」

こうして俺たちは、奥様の魔女界へ通じる
魔法陣を通って件の寿司屋へ行った。

するとそこには
「イラッシャイマセ」
店員が挨拶をする。

「うおおおおおおおおお
店員がガン〇ラぁあああああ」

「そうよ、ガン〇ラに調理や接客担当の
精霊さんを入れて対応してくれる
お店なの。
ダーリンの為に特別に対応してもらったのよ♪」

「え?でも今日何の記念日でもないよ」

「いいのいいの!今日は
『ガン〇ラを愛でてお寿司を思いっきり食べる記念日』
なのっ要はサプライズよねヾ(o´∀`o)ノ」

「ありがとう、こんなに嬉しい事はない」

俺は奥様を抱きしめる。
そして二人で仲良くお寿司を堪能した。
好きなお寿司のネタ?
全部💗ごちそうさまでした♪
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→TRPGブレイン

→ユニバース
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる