fc2ブログ

S231222 魔法の軍手

S231222 魔法の軍手・・・🧤


 働き者のGさんは、
ある年のクリスマスに
サンタさんからプレゼントをもらいました。

箱を開けると中には軍手が入っていました。
真っ白で新品の軍手です。
そしてカードが添えてありました。
そこには

”Gさんへ

魔法の軍手を贈ります。
なんでもきれいにする軍手です。
ですが使いすぎてはいけません

             サンタより”

と書いてありました。

働き者のGさんは、とても喜びました。
Gさんの奥さんは、
使いすぎてはいけませんと書いてあるわよと
言いましたが、Gさんは聞いていません。

Gさんは、さっそく窓を拭いてみました。
すると、きれいな窓が更にピカピカに輝きました。
Gさんは嬉しくなって家中をピカピカにしました。

そうして魔法の軍手は少しも汚れていませんでした。

働き者のGさんは、魔法の軍手で
世の中をピカピカにしたいと思い立ち、
ハウスキーピングの仕事を始めました。

するとこれが大当たり。
家中がピカピカになると評判を呼び、
依頼がたくさんたくさん舞い込んできました。

ですが奥さんは浮かない顔をしていました。

するとある時、依頼主の一人の女性が
こんな事を言いました。

「ねぇ、その魔法の軍手で
私の顔のしみを取ってくれないかしら」

働き者のGさんは驚きましたが
頼み込まれて恐る恐る依頼主の女性の顔を
魔法の軍手でなでてみました。

するとどうでしょう。
女性のお肌からしみが消えて
卵のようにツルツルのきれいなお肌になりました。

「ああ、嬉しい」

依頼主の女性は大喜びです。
するとそれがまた評判を呼び、
Gさんはてんてこまいの忙しさに。

Gさんの奥さんは心配顔。

働き者のGさんが、へとへとへとへとになるまで
女性の顔をきれいにしていたからです。

そしてある日の朝。
鏡を見たGさんは驚きました。

そこにはしみに覆われしわくちゃの
Gさんの顔があったからです。
そうしてGさんは寝込んでしまいました。

怒ったGさんの奥さんは
魔法の軍手を燃やしてしまいました。

するとGさんの顔は元に戻りました。
ですが、Gさんの疲労は中々抜けませんでした。

そんなGさんに奥さんは言いました。
実は、前年のクリスマスに
Gさんが働きすぎているのを心配して
サンタさんにGさんが働きすぎるのを
止めて欲しいとお願いしたのだと。

Gさんは反省しました。
働きすぎて身体を壊してしまっては何もならないと。

Gさんは相変わらず働き者でしたが
よく休みを取り、家族と出かけるようになりました。

そうして、幸せなクリスマスを
過ごすようになりましたとさ。

おしまい


善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下されば、
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

D231117 言葉をのんだ女の子

D231117 言葉をのんだ女の子


むかしむかし
あるところにとても可愛らしい
女の子がいました。

とても愛らしくて
ふっくらした頬に
愛嬌のある整った顔立ち
髪は艶やかに光り輝いていました。

その子はとてもいい子でしたので
両親にも兄弟姉妹にも
周りの人達にも
いつもニコニコして
口答え一つしたことがありませんでした。

そんな女の子も時には
腹が立つことがあります。
ですが、いつもその腹立ちを押さえて
言葉をのみこんでいました。

するとある時、
その女の子を妬んでいた魔女がやってきて、

「人間は良い面もあれば悪い面もある。
いつも天使でいることなんざ
できないんだよ。
いままでお前がのみこんできた
言葉の数々よ、表に出てくるがいい!」

と言って、女の子に魔法をかけました。

すると、女の子の髪がざわざわとうねりだし、
たくさんの蛇となりました。
女の子は怒りました。

そして、魔法をかけた魔女を石にしてしまいました。

「ああ、しまった。私にかけられた魔法を
解くことができなくなってしまったのね」

そう女の子はつぶやいて悲しみました。

そうして女の子はさすらいました。
さすらっている間、
女の子は腹立ちまぎれに
人々を石に変えました。

ですが、人々を石に変えている内に
だんだん悲しくなってきました。
そう、だんだん虚しくなってきたのです。


私は言葉をのんできた
人を傷つけないように慈しむために
言葉をのんできた
その言葉が溢れ出てとめどめとなく流れ出る
止まらない止まらない
言葉が止まらない


女の子はさすらいました。
そしていつもの歌を歌っていると
誰でしょうか。
その歌に合わせてリュートの調べが
聞こえてきます。

女の子が歌うのを止めると
リュートの調べも止みます。

その調べは女の子につかず離れず
奏でられます。

「誰なのかしら。姿を見せないわ」

リュートは、女の子の心にぴったり寄り添うように
女の子が怒ればリュートも怒り、
女の子が穏やかになれば優しい調べを奏でます。

そして、女の子はある時ふと立ち止まりました。
そして思いっきり泣きました。

うわーんうわーんうわーん

その泣き声は雷鳴を呼び荒らしを巻き起こしました。
すると暫くして、優しいリュートの調べが
女の子の耳にはいりました。

女の子は驚いて泣き止みました。

そして辺りを見渡すと
岩にもたれかかって倒れている青年がいるのを見つけました。
青年の手にはリュートがしっかりと
握られています。

ああ、この人がずっと
リュートを聴かせてくれていたんだ。
そう思うと女の子は青年に駆け寄り
介抱しました。

女の子は介抱し終えた青年を
改めて見て
なんてきれいな人なのだろうと思いました。

その青年が目を覚まそうとして
女の子はハッとしました。

今の自分は醜い蛇の髪の毛をしている女の子。
青年に見られるのはとても恥ずかしい。

女の子は慌てて物陰に隠れようとしましたが、
青年に手をつかまれました。

「待ってください、なぜ逃げるのですか?」

「だって私は醜い蛇の髪の毛をしていますから」

「ここに鏡があります。ようく自分の姿を見て下さい」

そう言って青年は鏡を女の子に向けました。

そこには魔女に魔法をかけられる前の女の子が、
いえ、とても美しい女性の姿がありました。

女の子は驚きました。
髪も以前のように、それ以上に美しく光り輝いています。

青年は、この国の王子さまでした。
さいしょは人々を石に変える女の子を退治しようと来たのですが、
女の子の歌を聴いて、とっさに肌身離さず持っていたリュートを
奏でたとのことでした。

王子さまは女の子に愛を告白しました。
女の子は頷きました。

そうして女の子はお城で幸せに暮らしました。
とても優しく賢いお妃様になりましたが、
ちょっぴり?いじわるでちょっぴり?我儘だったそうです。

女の子が石にしてしまった人々はどうなったかって?
もちろん、みーんな元の姿に戻りましたよ。
あの魔法をかけた魔女もね(^^♪

おしまい


善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下されば、
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

D230922 屑星 ・・・🌟

D230922 屑星 ・・・🌟


あるところに屑星という
とても小さな小さな星がありました。
屑星と書いてくずぼしと読みます。

屑星はあまりにも小さいので
大きな恒星の兄さん姉さんが
羨ましくてたまりませんでした。

大きくなるよう神様に祈ったり
精一杯身体をふくらませたりしました。

ですが、そんなことをしても
屑星は屑星のまま。

(なんで僕はこんなにちっぽけな
存在なのだろう)

屑星は夜ごと泣いて嘆きました。
その涙は屑星のちっぽけな大きさに合わせた
小さな小さな涙でした。

その涙は本当にちっちゃくてちっちゃくて
地上に届く時には燃え尽きてしまう物が
ほとんどでした。

ですが・・・

「あ、こんぺいとう。
お母さん、こんぺいとうがお空から
降って来るよ」

「あらあら本当ね。
金平糖はね。
屑星が大きくなりたいって
泣いた涙の粒が
お空の流星群になって
地上に落ちるまでの間に燃えてね、
その燃えた残りが金平糖になるのよ」

「そうなんだね。
くずぼしは大きなお星さまなんだね」

「そう。でも屑星はね。
自分が小さいお星様だと思っているのよ」

「ふうん。くずぼしはかわいそうだね」

「そう、かわいそうなのよ」

今日も明日も屑星は泣いています。

おしまい

善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下されば、
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

髪の毛


初めまして いかがお過ごしですか
匿名希望で こちらのブログに短いストーリーを寄稿させていただくことになりました 
突然ではございますが、宇宙生物ぷりちーぴの読者の皆様、宜しくお願いできましたら幸いです
今日は髪の毛がなくなりつつあったのに生えてきた人のお話です。
.......................................................................
『驚きの頭皮』
年齢を重ねたその人の頭は、上の方からなくなりつつあり、下の4分の1のみ残っていた
・・・しかし、いつ頃から変化が訪れた
前髪が少しずつはえだし、
髪の毛のなかった頭頂部から後頭部にかけて、同じ現象が起き始めている

日が当たるところで観察すると、白い産毛が頭全体を覆っているのが見受けられる
驚いたことに、がんばって残っていた1/4の髪の毛が黒くなってきている
・・・こうなったのには思いあたる節がある
それはまた次回お話しましょう








テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめましてちーぴ
主に4コマ・
ショートショートを
載せているちーぴ

(↑フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません。
また、『SS』とは
ショートショートの
略として用いております)

地球のどこかで暮らす
宇宙生物ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

隠居ぷりちーぴの部屋

隠居ぷりちーぴ

宇宙雑貨ぷりちーぴ改
💖隠居ぷりちーぴ💖
よろしくちーぴ
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる