fc2ブログ

SS221014ビターなナイフを持つ彼女12

SS221014ビターなナイフを持つ彼女12 :


隣の席の彼女は鋭い刃物
彼女は心臓にナイフを
握りしめている。

僕と彼女以外だれもいない教室。
彼女は儚げな西日を背に
僕を見つめている。
りりりりと虫の声がする。

「『餌』、お前はどこからきた?」

彼女が僕を問いつめる。

「だから僕はクラスメートの・・・」

「お前の名前なんかどうでもいい。
お前は私と同じだ。
同じ『魔狩り』だ」

僕は息を吞んだ。

「た、確かにこのヨーヨーを使って
魔物を、その、喰らったけれど。
だけどっ僕は人間だっ」

すると彼女は長くて綺麗なまつ毛を伏せて

「いい。お前が人間だろうが魔狩りだろうが。
魔を倒せればいいんだ。ほら、やってきた」

夕陽の落ちるその前の
細い陽の光の黄昏時に

魔はちろちろとその影を伸ばした。

「例えるならば蛇か・・・」

彼女がつぶやく。

「おい、『餌』。相手は巨大すぎて
戦いづらい。
多分、頭を潰せば倒せるだろう。
お前は、あいつを細切れにしろ、ヨーヨーで」

「だ・か・ら、僕は『餌』じゃないって。
まぁ、いいか。実力で認めさせてやるよっ」

僕はヨーヨーに、自分の気をのせて投げて
蛇の魔物を細切れにする。
そして、魔物の気を喰らいつくす。
どさりと蛇の魔物の頭が落ちる。
ぴくぴくと動く魔物の頭。

それを見ていた彼女が苦しそうに心臓から
【ビターなナイフ】を取り出した。
彼女は【ビターなナイフ】を僕に向けた。
僕は喰らった魔物の気を溜めたヨーヨーを
【ビターなナイフ】に巻きつけた。
ナイフが魔物の気を吸い取るのが分かる。

「ヨーヨーを外せっ」

彼女が叫んだ。
僕はすぐさまヨーヨーをナイフから外す。
ぴくぴくと動くだけだった筈の
蛇の魔物の頭が、真っ赤な目を見開いて
彼女に襲い掛かろうとしていた。
彼女は【ビターなナイフ】を真横に構えて、
魔物の開いた口を引き裂いた。

・・・日が暮れた。
魔物の後は何もない。
彼女は【ビターなナイフ】を心臓にしまった。
僕は手の中のヨーヨーを見た。

「僕は一体何者なのだろう」

「さぁな。だがこの世に平凡な
人間なんか一人もいやしない。
自分は弱者だと思いこんだ傲慢な人間と
自分は強者だと思いこんだ自惚れ屋が
いるだけなんじゃないか」

彼女はそういうと教室を去った。

僕はその彼女の後ろ姿をいつまでも見送った。


隣の席の彼女は鋭い刃物
彼女は心臓にナイフを
握りしめている





善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下さり、
ショッピングなどのぞいて頂ければ
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

SS220930 ビターなナイフを持つ彼女11

SS220930 ビターなナイフを持つ彼女11 :


隣の席の彼女は鋭い刃物
彼女は心臓にナイフを
握りしめている

学校の教室。
陽の光が夜の闇に溶け込むのが
早くなっている秋。
その薄暗い教室に彼女と僕はいる

「『餌』」

彼女は僕に言う。

「『餌』じゃないよ。僕にも名前が」

「し、【魔】が現れた!」

夜の闇に溶け込む日の光のわずかな隙間から
美しい黒い羽を持った天使ー【堕天使】が現れた。
【堕天使】は慈悲の笑みを浮かべて彼女に言う

「辛かったでしょう。
貴女は人の記憶を吸い取るそのナイフを
我らに振るう時、今は自分の寿命を使っているのでしょう?
神はなんと無慈悲なことをするのか。
さぁ、私の手をとって【魔】とおなりなさい。
この世は修羅の世界。
人々は争い憎しみ堕落している。
そこから出る【魔力】はつきることがない。
もう、貴女は苦しまなくていいのですよ」

「言いたいことはそれだけか?」

彼女の横顔は無表情にそう告げる。
そして心臓からビターなナイフを
苦し気に抜き出した。
その右手のナイフは真紅の香りに濡れている。

「『餌』、下がってろ」

「嫌だ、僕にもヨーヨーがある。
それに何故自分の寿命を使っていたんだ!
僕の記憶を使え!」

「ほほほ、麗しい友情ですね」

【堕天使】が黒い長剣を柄から取り出して
彼女のビターなナイフを受け止めた。
彼女と【堕天使】は一進一退に
せめぎ合っている。

僕は隙を点いてヨーヨーを【堕天使】の首に巻きつけた。

「何をする小僧!」

【堕天使】は柔和な表情をかなぐり捨てて悪鬼の形相になった。
そして、僕は不思議なことに気が付いた。
ヨーヨーの糸をたどって、邪悪な気がだんだん僕に近づくと
キラキラと美しい気へと変り、僕の中へ吸い込まれるのだ。

「な、小僧!きさま何者だっ。私の気を吸い取るとはっ
ぎゃあああああ」

僕に気を吸い取られ、彼女のビターなナイフに深々と胸を突かれ
【堕天使】は雲散霧消した。

彼女はその情景をじっと見た後、僕の方に向いて

「『餌』、お前何者だ?」

「さ、さぁ?なんだろうね。空気清浄機かな」

そう言った途端、僕は息切れを起こして倒れ込んだ。

「おい、『餌』。落ち着け、お前の中の陰陽のバランスが
くずれたんだ。すこし痛いが我慢しろ」

そう言って、彼女はビターなナイフの切っ先を
僕の右腕に少し刺した。
僕は顔をしかめたが我慢した。
だって、綺麗な気がビターなナイフに吸い込まれて
いったから。
そうして彼女はビターなナイフを僕の腕から離した。
腕には血が流出していなかった。
ただ、赤い痣ができていた。薔薇のような小さな痣が。

彼女は黙って、ビターなナイフを心臓にしまう。
そして僕をおいて教室を出て行ってしまった。
僕はぽかんとして床に座り込んでいた。
陽はもう夜の闇の中に溶け込んでいた。

隣の席の彼女は鋭い刃物
彼女は心臓にナイフを
握りしめている


善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下さり、
ショッピングなどのぞいて頂ければ
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m


テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

詩220923 ビターなナイフを持つ彼女10

詩220923 ビターなナイフを持つ彼女10 :


隣の席の彼女は鋭い刃物
彼女は心臓にナイフを
握りしめている

誰もいない教室というのは矛盾する。
窓辺の自分の席で
気だるげに頬杖をついて
秋の虫の声に耳を傾ける彼女。

そしてその彼女に『餌』と呼ばれる
僕は彼女の側の僕の机の上に腰かけて
ヨーヨーをしている。

「なぁ、餌」

彼女は姿勢も変えずに僕に声をかける。

「なぁ、そろそろ名前を読んでくれても
いいんじゃないのか」

僕は半ば諦めながらも抗議する。
すると彼女は僕の方に視線を向けて

「忘れ去られて置いて怒れるのが嫌だ」

と、ぽつりと言った。

「だから僕はIQ300だから・・・」

「嘘だろ。お前には、私という対象を
研究しようという姿勢がみられない。
大体IQと記憶が消え去っていくのは
関係無い。
私のビターなナイフは記憶を吸い取って
魔を退治する。
そして・・・」

僕は思わず彼女を抱きしめた。

「でも僕の記憶は消えていない」

彼女は僕に抱きしめられながら

「いつ記憶が消えるか分からない」

「大丈夫。僕は絶対に君を忘れない」

彼女は黙ったままだった。

隣の席の彼女は鋭い刃物
彼女は心臓にナイフを
握りしめている




善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下さり、
ショッピングなどのぞいて頂ければ
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

詩ss220909 ビターなナイフを持つ彼女9

詩ss220909 ビターなナイフを持つ彼女9


隣の席の彼女は鋭い刃物
彼女は心臓にナイフを
握りしめている

夏の名残の暑さに
人々がうんざりし
四苦八苦している日々

それでも学校の授業は進むわけで
隣の席の彼女も
淡々と授業を受けている

そうしてある日
教室には僕と彼女とクラスメートの女子が一人
クラスメートは彼女に尋ねる

「ねぇ、彼とどういう関係?」

彼女は無視する
クラスメートは面白くもなさそうに

「じゃぁ、彼と付き合っても
いいわよね」

と言って、僕の腕に手を回した

「勝手にすればいい」

とは彼女のアンサー。
西日が急速に僕らの影を伸ばしてゆく
彼女の目がすぅと細められ
クラスメートに

「出て行け」

と邪険に言い扉をさす

「何よ、あんた何様のつもりなのっ
私に命令しないでっ」

そう言った瞬間
彼女の頭がかくんと垂れ
手足がマリオネットのように
彼女自身の意思ではない
何者かのように動き出した
西日がすぅっと消え去って
教室は月明かりに支配される

月は暑い筈の教室に
寒々しい光をなげかける

クラスメートは動き出す
カシャカシャカシャカシャ
蜘蛛のような醜悪な動き

「あの娘の影に【魔】がいるっ」

彼女はそう叫ぶと
自分の心臓からビターなナイフを
取り出した

クラスメートの影が
蜘蛛の糸のように僕たちを
絡めとろうとした

彼女はその糸をナイフで切り裂き
クラスメートの影を追いかける

カシャカシャカシャカシャ
動き回るクラスメートの影に
ビターなナイフを突き刺す

クラスメートは意思の無い
動きをその場で繰り返すのみ

「おい、餌。血を分けてくれ一滴でいい」

「僕にも名前があるのだけどな」

僕は右手の人差し指を差し出す
彼女は安全ピンで
僕の人差し指の腹の部分を突き刺し
血を一滴ビターなナイフになすりつける
するとその血はすぅっと
クラスメートの影に入り込んだ

そして

「ぎゃぁあ」

という悲鳴と共に
クラスメートの影から何か朧な者が
空中に現れ教室中を
割れた風船のように飛び回った挙句
消え去った

「終わったな」

彼女はそう言うと
ビターなナイフを心臓にしまう
その横顔はやはりどこか苦しそうだった
クラスメートは意識を失っていただけですんだ
僕はクラスメートを抱きかかえると

「僕は大丈夫だから
記憶を失ったりしないから」

彼女は無言で扉に向かった

「早く保健室に連れて行ってやれ」

そう言い残すと一人でどこかへ行ってしまった

隣の席の彼女は鋭い刃物
彼女は心臓にナイフを
握りしめている

僕はそんな彼女を放って置けない





善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して頂ければ
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

詩220826ビターなナイフを持つ彼女8

詩220826ビターなナイフを持つ彼女8


隣の席の彼女は鋭い刃物
彼女は心臓にナイフを
握りしめている

【魔】の長い黒髪が
渦を巻いて端から消え去った後
僕は彼女に尋ねた

何故【魔】と戦っているのか

A.
分からない

彼女は自分の左胸に手をあてて
伏し目がちになり
そう答えた

ビターなナイフは人の記憶を食べて
【魔】を切るナイフ
小さな頃からこのナイフは
私の手元にあり
小さい私を侮った【魔】に
攻撃を受けた

小さい私は怖くて怖くて
夢中でナイフを振るった
すると周りの人達の記憶が
少しずつ少しずつ
穴が空いていく
その人の頭から消えていく

ぽつりぽつりと
語る彼女の言葉は重かった

いつの頃か戦闘中に
自分の心臓にナイフが突き立った
私はナイフを抜き取った時
自分の『時』ー寿命を使って
戦えることに気が付いた

その時ナイフを【魔】に一閃させた後
ナイフが心臓にしまえた

僕は彼女を抱きしめた
彼女はピクリと肩を震わせて
僕の肩に手を回した。
僕はそっと彼女の耳に伝える
僕のIQは300ある
だから多少減っても大丈夫、と

彼女はそれを聞いて
僕の目を見た
その目には涙が浮かんでいた

隣の席の彼女は鋭い刃物
彼女は心臓にナイフを
握りしめている





善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して頂ければ
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめましてちーぴ
主に4コマ・
ショートショートを
載せているちーぴ

(↑フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません。
また、『SS』とは
ショートショートの
略として用いております)

地球のどこかで暮らす
宇宙生物ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

隠居ぷりちーぴの部屋

隠居ぷりちーぴ

宇宙雑貨ぷりちーぴ改
💖隠居ぷりちーぴ💖
よろしくちーぴ
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる