fc2ブログ

210217-6遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種12】29‐11

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「花子さん、お父様方にお香のお代わりを」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「そうだな、宇宙学校へ留学はいいな」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「はい、落ち着くローズウッドをお出ししますね」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「では、惑星に戻ってお話を進めて下さい」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210217-6遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種12】29‐11

「お父様方、私は荒唐無稽な話をしているのでは
ございません。
まず、・ご息女とご子息が未成年であること。
   ・ご子息は、あなた方の風習で
    ご息女と結婚する以外ないこと
    ・貴星に密貿易をする方法しか
    他の星との交流がないこと」

オレは一旦、言葉を切った。
そして続ける。

「幼い二人を生かして尚且つ
ご子息の願いを叶えるには、
宇宙連盟に加盟するのがベストでしょう。
その布石として、幼い二人を
宇宙学校へ入学させるという形を取り、
必ず発生する反対派からの
凶刃から守る必要性があります。
そして、二人が卒業するまでに
ある程度の国交を開く
準備を整えてはいかがでしょうか」

すると仙人掌人の少年の父親たちが
しばし沈黙した。
そして

「それは、我らだけでは決めかねる。
ただ、我が息子とそちらの娘を
宇宙学校へ留学させるのは、
我らのクランと娘の家族との間で
決定した」

「父様達、認めて下さるのですか」

仙人掌人の少年が嬉しそうに声を上げた。

「そんな喜ばしいことではない。
宇宙学校へ留学させると決まった時点で
そなたとその娘は、クランと家族から
義絶扱いとなってしまったのだ。
それが最低条件だ。
お前がよく、この星の外のことを
勉強していたのは皆が認めるところだから。
だけどな、月下美人のお前が
宇宙警察が務まるのかと思うと・・・
心配でならないよ」

「父様達、ごめんなさい。
でも、僕は夜空を見ながら
いつかあの空を駆け巡ってみたかったんです。
その夢を叶えてくれてありがとう」

「我々はまだ、そなたを手放したくない。
手元に置いておきたかった。
だが、旅立つのだな」

仙人掌人の少年の父親たちが
寂しそうに言葉を紡ぐ。

「あのー。しんみりしている所申し訳ないけれど
宇宙学校への入学手続きと留学費の
申請をしないといけないんですけれどね」

オーディスがおどけて言う。

すると仙人掌人の少年少女がハッとした顔をした。

それを見たオーディスが片目をつぶって
「大丈夫。うちのAI自動操縦機は優秀でね。
国交を開く可能性のある星からの留学生は
無料で入学できる制度だそうだ」

仙人掌人の少年少女達はほっとした顔をした。

「二人は近くの星まで宇宙学校の職員が
迎えに来ますので、そこまで
我々がお送りしましょう」

オレがそう言うと、

仙人掌人の少年少女の父親達は
うなずいて、

「よろしくお願いいたします。
それでは、我々はそれぞれの妻に
話をして、国交を開く件について
話を進めましょう。
元々、密貿易については問題に
なっていたので丁度よかったとも
いえるでしょう。
それでは、我々は帰還させて
いただきます」

「父様達」
「父様!」

仙人掌人の父親達は二人には
目もくれずに自船へ戻ったようだ。
残されたのは通信用に
父親達の香りと花粉が入っていた
二つの緑とピンクのカプセルが
転がっていた。

「ほらほら、めそめそするなって。
二人で決めたんだろう。
宇宙警察になるってさ。
そうだ、お前たちの親父たちが
動かしていたカプセルな。
AIを中に入れて動かせるように
してやるよ。
作業するから来ないか」

こういう時オーディスは人の
慰め方が上手い。

オレはオーディスとアイコンタクトで
頼むと伝えた。

その後、仙人掌人の少年少女は
迎えに来た宇宙学校の職員の船に
引き取られた。

オレとオーディスの静かな日常が
戻った。

「なぁなぁジェルドちゃん、
あの子達元気一杯だったな」

「ああ、あそこまで元気だったら
宇宙警察官も務まるさ。
あ、花子さん緑茶をもらえるかな」

「あ、俺コーヒーがいい」

こうして俺たちの船は何事もなかったのように
宇宙空間を滑るように航行するのだった。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m







テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

210214-5遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種11】29‐10

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「厳しい言い方ですが、
二人を絶縁されてはいかがでしょうか」
オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「おい、それは酷じゃないか」
花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「ジェルド様、オーディス様お茶菓子
       お代わりです」
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「宇宙学校へ留学させる方法がベストでは?」
これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210214-5遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種11】29‐10


「留学?」

仙人掌人の少年と少女の
父親達が声を揃えて言葉を発する。

オレは、
「そうですね。
貴男方の社会観念ですと、
ご子息、ご息女は生きていく
場所がありません。
ですが、貴男方の惑星が
忌み嫌っている密貿易を
合法化するのであるのならば、
ご子息のなりたい宇宙警察と
提携を結ぶことにもなるでしょう」

「そうだぜ、ジェルドの言う通りだ。
あんたら仙人掌人の惑星で
有力クランなんだろ?
呼びかければ無下にはされないんだろ」

オーディスがオレの言葉を後押しする。

「しかし、我々の息子は月下美人だ。
美しさという点ではずば抜けているが、
攻撃や防御といった戦闘能力は低い。
警察の仕事となると向いているとは
言えまい」

仙人掌人の少年の父親達の言葉には
息子を案ずる気配が察せられた。

「それなら心配いらない。
あたしが必ず彼を守る」

「確かに僕は月下美人の仙人掌だけれど
きっとできる事があるはずです。
父様達、認めて下さい」

それまで黙っていた、仙人掌人の少年と少女が
口々に言う。

すると少女の父親が
「娘よ、その道を選ぶと言う事は
家族とは絶縁するという事になるのだぞ。
それに、宇宙警察官になりたいのは
ご子息様だ。お前の希望ではあるまい。
山火事などの災害の時に、
男の体の一部を女の体に付着させて
避難する方法があるが、
それは一時的な処方だ。
宇宙警察官になるという事は
ご子息様の願い。
そうなると、動けないご子息様を
お前の体に永遠に付着させる事になる。
お前の人生はどうなるのだ」

「違うよ。あたしは仙人掌人の女としての誇りを
持っている。
そして惚れた男が宇宙警察官になりたいというのならば
叶えてやるのが女の誇りだ」

少女の目は父親達をまっすぐ
みつめるのだった。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m



テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

210211-4遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種10】29‐9

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「まだ若い二人です。
他の生き方を認めてあげれば
いかがですか」       
オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「ロミオとジュリエットは勘弁な」
花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「心を落ち着かせるお香にお取替えいたします」
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「できる事とできない事をあげて
消去法でえらべばいいだけです」
これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210211-4遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種10】29‐9


すると少年の父親達が口を開いた。

「我々とてこうなった以上、
 息子をそちらの娘に婿に出すしかないのは
 分かっている。
 だが、そちらの娘は未成年だ」

「娘はすぐにでも成人式をさせます。
 娘は年の割に体格もよく成人として
 生きていく術も身に着けおります」

「それだけが問題なのではない。
 我々の始祖達が、地球の前の文明で
 愛玩用として植物化された男性を
 女性に融合させられたのが始まりだ」

 少年の父親の一人がそう言うと、

 「そうだ。その姿を恥じた我々の始祖は
  必死の思いでこの星へたどり着き、    
  植物化した男性をこの大地へ植わって
  女性が面倒を見る事で進化した」

 もう一人が重々しく口を開く

 「密かに交易している連中は始祖達が
  恥じた姿をして商いをしている。
  いや、その日暮らしの土地を持たない
  もしくは痩せた土地しか持たない
  女性が男性を体の一部につけて
  生活している」

  少女の父親が
  「どうかそういった社会の格差を
   無くす為にも若い二人の願いを  
   叶えてはいただけないでしょうか」
続く

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

210208-3遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種9】29‐8

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「クラン(群れ)格差の問題まであるのか」       
オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「今時男尊女卑も女尊男卑も流行らねーぜ」
花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「お代わりいかがですかぁ」
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「この星の宙域の委託警察として
働くことはできますよ」
これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210208-3遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種9】29‐8



「母様は父様を愛していたから
 他の男性との婚姻を断ったんだ。
 母様の実力だったら大きなクランを作るのは
 造作もないことだ」

 少女がそういうと
 少年の父親達が失笑した。
 
 「実際の所は子供の数も少なく
  地味の低い土地で貧しい生活を
  おくっているではないか。
  誰も振り向かない土地にな」

 「貧しくとも家族助けあって過ごしている。
  それに姉様達が夫を迎えて
  良き土地へと変わってきている」

 「娘よ、止めなさい。
  例えそちらのご子息が宇宙警察に
  なるのを望んだとしても、
  ご子息のご家族に話を通さなかったのは
  こちらの落ち度だ。
  ましてやお前は未成年で、
  ご子息の婚姻相手としても認められない」

 「物わかりのよい父君だ。
  ただ問題なのは、その息子は
  祝福されずに父親から根を
  引き離された。
  もうどこにも婿には行けぬ」

 「だから、あたしが交易をしている
  クランの所に行って彼と働くよ」

 「そんな根無し草の暮らしを
  我々の息子にさせるというのか!」

 「ご夫君方、娘の非礼は父親の私が謝ります。
  ですが、二人が生きていくには
  その道しかございますまい」

  (ジェルドちゃん、この話いつまで続くの?)

  (俺に聞くな。うまくいけば宇宙連邦に加盟する
   星が増えるかもしれないぞ)

続く

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

210205-2遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種8】29‐7

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「お父様方、貴星と取引がないわけでは
       ありませんよ」
オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「宇宙全国ネットも届いているはずだ」
花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「リンゴとオレンジのフレーバーティーを
       どうぞ」
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「一部の仙人掌人からは宇宙へ進出する事を
宇宙連邦に打診しております」
これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210205-2遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種8】29‐7


するとピンクのカプセルに入っている
仙人掌人の少年の父親達が一斉に

『彼らは裏切り者だ!』

キーン
オレとオーディスはあまりの
声高さに耳を両手で塞いだ。

そして少年の父親達は

『我々とて宇宙へ出ていく
科学文明を持っている。
だが、それを敢えてしないのは
唾棄すべき好事家共から
我々の子供達を守るためだ』

そう叫んだ。

「だからって父様。
僕は広い世界を見て回りたいんだっ」

『何を言う。仙人掌人の男に生まれたのなら
良きクラン(群れ)に入り大地を豊かにして
子供を産み育てるのが最良の人生だ。
宇宙へ出たい?もし出るとしても
それは女の仕事だ』

(うゎあ、今時女尊男卑?な世界を聞かされてるよ)

オーディスが脳波で話しかける。

(彼らの場合男性が仙人掌と融合した
DNAと形態をとっているからな。
種族によってその生態系から
制限されることはあるだろう)

オレがオーディスに答えると、

(うーん。でも俺はあの仙人掌人の
お坊ちゃんの思いを叶えてやりたいねぇ)

オレ達が脳波でそんな会話をしているうちも
仙人掌人の少年の父親達の激昂は
留まるところを知らない。

『そもそも未成年の小娘である事を
差し引いても、父親が一人しかいない
クランの出では話にならん!』

「それは母さんが父さん一人を
愛していたからだっ」

仙人掌人の少女が叫んだ。

続く

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめましてちーぴ
主に4コマ・
ショートショートを
載せているちーぴ

(↑フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません。
また、『SS』とは
ショートショートの
略として用いております)

地球のどこかで暮らす
宇宙生物ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

隠居ぷりちーぴの部屋

隠居ぷりちーぴ

宇宙雑貨ぷりちーぴ改
💖隠居ぷりちーぴ💖
よろしくちーぴ
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる