fc2ブログ

SS230519 ブラック珈琲は自販機で・・・☕

SS230519 ブラック珈琲は自販機で・・・☕


「くそっ」

僕は非常階段の壁に
拳を打ち付けた。

「痛い・・・」

「バカねぇ、当たり前じゃないの」

後ろを振り向くと、
僕よりちょっと年上の事務員さんがいた。

「飲む?自販機の珈琲だけど」

僕はその珈琲を受け取って一口飲んだ。

「苦い」

「そりゃそうよ。ブラックだもの
あ、もしかしてミルクか砂糖もしくは両方
入れるタイプ?」

「いえ、普段からブラックです。
でも今は心がブラックな物ですから」

「ふふ、ポエマーね」

「笑わないで下さい。
あの案件が・・・僕のせいで・・・」

すると事務員さんは僕の目の前で
人差指をかざして

「はい、それ以上は言わない。
今することは、そのコーヒーを飲んで
苦い思いを流し込んで、気持ちを切り替える。
そして部長に頭を下げて
・代替案を出すか
・完全に新しい案を出すか
・撤退するか
行動に移す。
オーケー?」

事務員さんの指は綺麗なピンクにネイルされていた。
それは派手過ぎず地味すぎず
働く女性の手だった。

僕は珈琲をぐいっと飲み干した。
熱くてげほげほいったけど。

「大丈夫?」

「大丈夫です。これでも体育会系ですから」

「そう、じゃぁいってらっしゃい。
カップは自分で捨ててね」

「はい!」

僕は事務員さんにお辞儀をして
非常階段の扉を開けた。
開けると、そこは休憩室で
自販機が並んでいる。

「ありがとうな」

僕は自販機に礼を言うと
職場へと戻った。




善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下されば、
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

SS221209:ブラック珈琲

SS221209:ブラック珈琲   ☕


「はぁ」

と私、若宮 澄香は
溜息を含んだ白い息を吐き出した。
そしてその声が周りに聞こえたかと
そうっと辺りを見渡す。

ここは私の住む最寄り駅に隣接した
繁華街だ。
人々が師走という言葉の掛け声に
のせられるように足早に歩いている。

仕事帰りの人がほとんどだし、
お店の人達も忙しい時間帯のせいか
誰も変な顔をしたりしていなかった。

私はそのことにほっとすると共に
とても寂しく感じた。
ここは大勢の人間がいるのに
孤独を感じたからだ。

だからと言って大声をあげて泣いたら
変な人である。
一歩間違うとスマホに撮られる可能性がある。
私はぐっとこらえた。

(これも全て甲矢が悪いのよ)

大勢の中の独りの人間らしく
能面のような顔を維持しながら
心の中で悪態をついた。
あ、マスクつけているから
多少むくれてもばれないよね。
て、今更ながら気付いた。

渡辺 甲矢は私の恋人だ。
少し年上で同じ会社に勤めている。
私が入社した時に
業務を教えてくれて、
その流れで付き合い始めたという
よくある出会いと恋愛。

だけど私も数年経って後輩もできて
彼に頼らなくても仕事をこなせるようになった。
でも、彼にとってはいつまでも新入社員の澄香さんらしい。
私は面白くなかった。

そんな時に失敗をした。
取引先にも迷惑をかけ、その対応をしてくれたのが
甲矢だった。

そして全ての問題が解決した時
彼は私に反省をさせ今後二度と失敗しないよう
解決策をアドバイスしてくれた。
その後一言

「早く珈琲をブラックで飲めるようになれよ」

と言ったのだ。

(それって仕事と何の関係があるっていうの!
ようするにお子ちゃまといいたいのかぁ)

私はコーヒーが苦手だ。
もし飲むとするとミルクをたっぷりいれる。
すると甲矢が、

「それじゃぁ珈琲牛乳だな」

とよくからかった。
むぅ。
私はマスクの中でむくれた。
そしてコンビニがあるのに気付いた。
「・・・・・」
私は迷わずコンビニに入った。

入店のチャイムが鳴る。
そしてレジのカウンターの隅に
コーヒーマシーンがあるのを確認する。
レジでカップを購入して
迷わずホットコーヒーを淹れさせてやった。
もちろん、ミルクの入ったコーヒーフレッシュは
手に取らなかった。

「ありがとうございました」

コンビニの店員さんの挨拶を背中で聞きながら
外へ出る。
コンビニのホットコーヒーは
冬の寒さに負けないような熱さだった。

(ふん!私だってブラックでコーヒーを
飲めるんだからねっ)

そう思いながら飲み口を開けて飲もうとしたところ
私の右頬に温かい物が触れる。
驚いてそれを見ると、ホットカフェオレの缶。
缶を持った先をたどるとそこには

「甲矢!」

「澄香、なにやってんの。
ほら、こっち飲んで珈琲よこせ」

「な、なによ。私だってブラックで飲めるわよ。
そうよコーヒーぐらい」

「ごめん、言い過ぎた。あの時、俺も
仕事が溜まっていてカリカリしていたんだ。
それで澄香に嫌味を言ってしまったんだ」

「え、そうだったの?
甲矢そんなそぶり一つも見せなかったじゃない」

「それは澄香だからだ。
澄香の失敗は仕方がないけれど
最小限になるよう必死だったんだよ。
だけど最後で嫌味を言ってしまった」

そうか、甲矢も若いんだ。
私はいつの間にか甲矢が完璧な人間だと
思い込んでいた。
でも違った。私と『同じ』人間なんだ。

私と甲矢の周りを大勢の人が通り過ぎてゆく。
だけど私は独りじゃない。
私はふんわり笑った。

「あ、マスク越しじゃわからないよね」

「いや、今笑っただろ。目を見れば分かる」

「そう、分かるんだ。ね、その缶ちょうだい。
それで珈琲を飲み終わったら
鍋の材料買って二人食べようよ」

「え、鍋作るの。
うんうん。二人で作ろう
それじゃぁ善は急げだ。
珈琲飲んじゃうな、て熱い熱いっ」

「もう、甲矢落ち着いて。
もう少ししたら近くのスーパーが
特売のシールを貼るから
それに間に合うようにして行こう」

「うわぁ、特売かぁ。
じゃぁ、珈琲飲みながら
何を買うか決めようか。
澄香、スマホにそのスーパーの
特売情報載ってないか」

「うーん。あと10分位で載るよ。
だからゆっくり飲んでね」

私はホットカフェオレの缶で
手を温めながら甲矢に言った。
食後に飲もう。
甲矢の好きなスイートポテトと
一緒に。
私はふふと笑う。

甲矢はそんな私を不思議そうに
見ていた。





善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下されば、
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss221118 マグカップは珈琲を待つ

ss221118 マグカップは珈琲を待つ   :


「まだかなぁ」

あたし美晴は彼、航平をコタツに入って待っている。
今日は久しぶりに帰ってくるのだ。
彼は航空会社のパイロットをしている。
今回は国際線の勤務だ。
しかもブラジルまで飛ぶので
数日帰ってこれない。

「分かっていても寂しいよね」

あたしはコテンとコタツのテーブルに
頭を乗せる。
コタツの中はあったかいが
コタツのテーブルは冷たい。

「あ、丸!顔を外に出すと寒いよぅ」

丸はあたしと航平の飼っている猫だ。
丸はミックスの猫なので
茶色の毛並みの部分で丸いのがあり
その他が白の毛並みをしている。
だから丸。
可愛いあたし達の猫なのだ。

丸は、あたしの言葉が分かるのか
コタツの中へ顔をひっこめ
あたしの足に身体を丸めて
落ち着いた。

丸は落ち着いたが、あたしはそわそわしている。
さっき、航平からフライトを終えて
日本に着いて家に向かっていると
連絡があったからだ。

それを聞いて、あたしは(*´σー`)エヘヘと
目の前の二つのマグカップに目をやる。
それはペアになっていて
黒と桜色の猫の形をしている。
それになんと黒猫には航平の、
桜色の猫にはあたし晴美の
名前が入っているのだ。

あたしと航平の友達のみぞれちゃんが
有志を募ってプレゼントしてくれたのだ。
コロナ禍で飛ぶことのできなかった航平が
また飛ぶ事ができるようになったから。

航平はコロナ禍の時
副業をしながらじっと耐えていた。
そんな時に丸に出会った。
みぞれちゃんちの近くで野良として産まれた丸。

航平は一目惚れして飼うと駄々をこねて。
みぞれちゃんは勤務が不規則な
パイロットの仕事が再開されたら
面倒をみきれないから嫌というのを押し切って。
あたしが面倒をみると口添えして
やっとみぞれちゃんは許してくれたっけ。

・・・あたしは頬杖をついて
空を飛べなかったあの時の航平の気持ちを
丸が癒してくれたんだなぁと
思い返した。

あたしと航平の間に丸を挟んで
川の字で眠って。

慣れない副業の時に航平の足元に
すり寄っていたりして。
そうやって飛べない時を
乗り越えたんだよね。

あたしはコタツの布団をめくりあげて

「丸、色々ありがとね、これからもよろしくね」

と言った。
すると丸はちらっとこちらを向いて
ニャァと鳴いてまた、丸くなった。

あたしは壁の猫の掛け時計を見る。
早く帰ってこないかなぁ航平。
ブラジル産の珈琲豆
ブラジル・サントスを
買って帰るっていっていたから。
コーヒーミルもあるし
猫のペアマグカップを
堪能するんだから。
二人で。

ピンポーン。

あ、あの鳴らし方は航平だ。
すると丸がするりとコタツから出て
玄関へと向かった。
コラコラ、抜け駆けは無しよ。
あたしはそう呟きながら
ドアを開けた。

「お帰りなさい、航平」

丸がニャァと鳴いた。




善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下されば
望外の喜びです。、
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

SS221007 ご注文は「秋色の珈琲を」

SS221007 ご注文は「秋色の珈琲を」 :


秋。
街路樹の色づいた葉が
秋の柔らかな陽射しをくるくると
回しながら舗装された道路へと
落ちてゆく。

そんなショッピング街の一角に
昭和レトロな喫茶店があった。

私は、そのドアを見つけた時
両手に持ったショッピングの袋に
目をやった。

(ちょっと休憩していこうかな)

私は喫茶店のドアを開けた。
カランコロン
ドアの呼び鈴が鳴る。

「いらっしゃいませ」

初老の人のよさそうなマスターが
カウンターの内側から声をかける。

お昼は過ぎていて混んでいない。
私はキョロキョロと周りを見わたして、
道路に面した四人掛けのテーブル席に
座ることにした。
荷物を窓際に置いて上着を脱ぎ、
その横に腰かける。

そうして私が落ち着いたころ、
マスターが、
お冷とおしぼりとメニューを
持ってきた。
マスターは、

「ご注文がお決まりになりましたら
お呼びください」

そう言って、お辞儀をして去ろうとしたので、
私は思わず

「秋色の珈琲を・・・そう秋色の珈琲をいただけるかしら」

マスターはちょっと驚いた顔をしたけれど

「かしこまりました。秋色の珈琲ですね。
その他のご注文はいかがなさいますか」

「えーと、そう秋色の珈琲に合う
デザートをお願いするわ」

「かしこまりました。
それではしばらくお待ちくださいませ」

そう言ってマスターはお辞儀をして
カウンターへ行った。

店内は軽妙なジャズが流れていた。
人の会話を邪魔しないそれでいて
気分を明るくするテンポで。

私はジャズを聞きながら
頬杖をついて窓の外を眺めていた。

(秋色の珈琲なんて変な注文しちゃった)

時間が経てばそんな思いが湧き上がる。
だけどマスターは顔色一つ変えずに
注文を受けるし、まぁいいわ。
来てのお楽しみということで・・・

「お待たせいたしました。
ご注文の秋色の珈琲とデザートです」

目の前に置かれたのは
ホット珈琲とカステラ、そして薄い本が一冊。
珈琲からはチョコレートの香りが微かにする。
そう、どことなくカフェモカっぽい。
そして本のタイトルは

「『ご注文は秋色の珈琲を』?」

「はい、平成生まれのお客様には
大正時代は昭和よりも遠いと存じますが、
大正時代は『モガ』と呼ばれる
西洋文化の影響を受けて新しい風俗や流行を
取り入れた女性が存在しました。

そのご本は、そんなモガでいらした
有名女流作家がお書きになった小説です。
当時は珈琲にチョコレートを入れて
飲むのが流行っておりました。
カステラも大正時代にモダンなお菓子として
もてはやされていたのです。
お客様のご注文に合わせてみたのですが
いかがでしょうか」

私は『ご注文は秋色の珈琲を』を
パラパラとめくった。
そして最初から読み始めた。
そしていつかその本の世界に
のめり込んでいった。

良家の子女に生を受けた彼女が
大正時代の流行にのって
華やかな生活を送る日々を
懐かしんで書かれていた。
そこには身分差による
彼との恋心も赤裸々に書かれていた。

(古い話なのに今と変らないのね)

私はそこまで考えてハッと
本から現実世界に戻った。

マスターがカウンターからニコリと笑って
珈琲を持ってきてくれた。

「お取替えいたします」

「あ、あの。すいません、長居してしまって」

「いいのですよ。よろしかったら
その本を差上げましょう。
ご注文された珈琲ですから」

「で、でも」

「ふふ、では、デザートと珈琲代だけいただきます。
その本は私の祖母が書いた物でしてね。
まだ、私の手元に数冊ありますからお気になさらず」

「そ、そうですか。ではお会計をお願いいたします」

「はい、それではまたの起こしをお待ちしております」

カランコロン
ドアを開ける呼び鈴が鳴る。

気付けば空はとっぷり闇に暮れていて
街燈とネオンが煌めいていた。

私はそんな街を歩きながら、
大正時代のモガ達も闊歩しただろう
この路をなんだか不思議な気持ちで
帰路につくのだった。



善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下さり、
ショッピングなどのぞいて頂ければ
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ss210512第2153回「あなたの好きなケーキは?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の葉月です今日のテーマは「あなたの好きなケーキは?」ですケーキ屋さんに行くとショーケースに色々な種類のケーキが並んでいるので迷いますよね今はケーキ屋さんだけではなくコンビニでも美味しいケーキが食べれるようになって便利な時代になりました葉月はブルベリージャムが添えてあるチーズケーキが好きです友人が高級チーズケーキをブログに載せてておいしそうだったので特...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたの好きなケーキは?」



ss210512第2153回「あなたの好きなケーキは?」


家族が寝静まった丑三つ時。
私はそーっとキッチンへ行く。
(れ・い・ぞーこの中にはぁ♪
私のショートケーキがホールであるぅ♪
それを独り占めして食べるのよぉ♪)
私はウキウキしながら心の中で歌う。

このご時世、四人家族全員が
テレワークという我が家。
子供たち二人成人しているわけで
特に問題はないのだが、
やはり常時家族全員いるのは
うっとおしいのだ!

そこで、通りがかった昔ながらの
ケーキ屋さんで、昔から馴染んでいる
いちごショートケーキをホール買い
してしまったのだ。

そりゃ、ホールを全部自分で
食べきれるわけじゃないけれど
家族で食べる時、均等にわけるのが
暗黙の了解になっているのが
時にメンドクサイ。

特に他の家族全員が出勤していた時は
独りの時間で、ちょこっと好きな物を
買ったりしていたのが懐かしいのだ。
そう、あの時間が懐かしいのだ。

私はそう思いながら、
苺ショートケーキのホールから
思いっきり大きくケーキを切り分け
お皿にのせてフォークで大きく切り分け
頬張った。

うん、美味しい(⋈◍>◡<◍)。✧♡
そして心ゆくまでケーキを食べ
珈琲を飲んだ。

明日は家族に知らん顔して
ケーキを出そうと思いながら。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
ブログ用ぷりちーぴバナーお礼 💖宇宙雑貨ぷりちーぴ💖💛コントあります💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
HPブログ用ぷりちーぴバナー薔薇
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる