FC2ブログ

蜃気楼の女:ショートショート

180326蜃気楼の女:ショートショート
その店は坂道の真ん中辺りにあった。
私はその店に入った。
(仕事辞めたばかりだから節約しなくちゃ)
私は少しばかり買い物をしてその店の自動ドアを
くぐって外に出た。
そして固まった。
それは、坂道を歩いている一人の女がいたからだ。
前の会社の同僚だ。
無口で存在感を消して働いていた女だ。
その女が目の前の坂道を歩いて行く。
前方を脇目もふらず歩いて行く。
坂道横の私の姿は目に入っているはずだ。
だが、彼女は一点を凝視して何も言わず
黙々と歩いて行く。
彼女が通り過ぎてゆく。
元気?とか、さようならの挨拶一つない。
完全な無視。

私の中でチロリと火が点る。
私は.無言でスマホを取りだした。
そして無言で坂道を上って行く彼女の後姿を
パシャりと撮る。
彼女は振り返りもしなかった。
私はスマホの写真を見る。
動画ではないのにそのスマホの写真の中で
彼女は坂道を上って行く。
私はスマホの写真の坂道の上に
海の写真を貼り付けた。
その海に向かって彼女は歩いて行く。

その後、彼女がどうなったか私は知らない。
了。


HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

4コマ180326:星の彼方へ

180326 星の彼方へ
180326pry


宇宙雑貨ぷりちーぴ
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

鍋をかぶる阿保がいる:ショートショート

FC2 トラックバックテーマ:「イライラした時の対処法は?」


180325鍋をかぶる阿保がいる:ショートショート
「何よあいつ、えらそうな事言って」
あたしは夫に腹を立てていた。
よくあるシチュエーションだ。
共働きのあたしだって、疲れて帰っているのに
奴は今日、カリカリする出来事があったらしく、
風呂~飯~俺は何もやりたくねぇと
いいやがったのだ。
その日、あたしも実はカリカリしていた。
そこを押して家事に勤しんでいた時のこの発言。
余裕があれば、優しい言葉もでたであろう。
だが、あたしにそんな余裕は一ミクロンモなく、
口論が勃発した。
それは結局互いの傷口を広げるだけで、
「不幸は二分の一、幸福は三倍、それが結婚」
なんていうキャッチフレーズが木端微塵に
なっただけだった。
余計な疲労感だけが、互いを休戦協定に導いた。
そしてあたしは鍋をかき回し、
奴は風呂を洗って、ついでに自分の身体も洗っている。

「え~さえ~さえさほいさっさ♪」
ン?なんか廊下から変な歌が聴こえてくる。
ふと後ろを見ると夫が
鍋を被って匍匐前進しながらリビングへと
来ていた。

その鍋はどこに隠していたんだ?
折角お風呂から出たのにはいずり回ったら
汚れるだろう。と思ったら、
その辺は考えていたらしく、
全身お掃除モップ君大人版を張り付けていた。
酔っ払って通販で買ったやつだ。
「・・・何やってんの?」
あたしが尋ねると、
「いや、終戦協定を結ぼうと掃除している。
鍋は(口論)弾よけだ」

ぷっ あたしはふきだした。
「OK,終戦しよ。ほら、ご飯できるから
全身お掃除モップ君片づけてよ。
それと、その頭の鍋どこに隠してたの?」
「うん、防災用の鍋なんだ。
洗ってしまっとこ」
「そうね。お互い今日は嫌な事があったんだよね。
いい日本酒があるから、一杯飲みながら
愚痴りあおう!」
「不幸は二分の一、幸福は三倍、それが結婚~」
「バカ❤」
そんなあたし達のある一日。



HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

4コマ180325:寝起きに大事

180325 寝起きに大事
180325pry


宇宙 惑星 星座にちなんだグッズを扱う
楽しい雑貨屋さんちーぴ♪
宇宙より笑笑な日常を4コマで

宇宙雑貨ぷりちーぴ

HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

鳥と薔薇:ショートショート

180324鳥と薔薇:ショートショート
その少女はいつも3階の窓から外を見ていた。
白い白い真っ白な壁の建物。
赤い十字架が建物の高い場所に描かれている建物。
そう病院だ。
少女はずーっとこの建物でこの部屋で暮らしている。

その少年はいつもその窓の側の道を駆けている。
職場に急いで行くためだ。
そしていつもちらりと窓の側にいる少女を見る。
少女も少年を見る。
それは日曜日以外いつも続けられる
光景だった。
二人だけの秘密の光景。
ある曜日、少女は窓の側を見ていた。
しかし少年が駆けていく事はなかった。

その晩、窓の外をコンコンと音がした。
少女は窓の側に寄ってみると、
小鳥が2羽窓の側にいた。
少女は窓を開けた。
すると、外には薔薇の花を持った
鳥達がたくさんいた。
鳥達は薔薇の花で階段を作った。
そして、その下に少年が現れた。
いつも窓の側の道を駆けていた少年。
彼は少女に手を伸ばした。
少女は窓から手を伸ばし、
窓を乗り越え薔薇の階段を
降りて行った。

少女が少年の手を取った時、
鳥達が一斉にはばたいた。
だが、その羽音を聴いた者はいない。
二人の姿も忽然と消えていた。

墓場で、若い夫婦が鳴いていた。
少女の両親だった。
「あの娘は苦しみから解放されたんだよ」
夫が妻を慰めるように言った。
その隣の墓では同じく小さな墓が埋められていた。
労働者風な大人達が数人、
やり切れなさそうにつぶやいた。
「小僧、若かったのに。あんな事故に遭うなんて」
「将来は俺の跡を継がそうと思っていたのに」
そんなつぶやきがもれていた。

小さな二人の墓標は今でも並んで立っている。

HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

4コマ180324:大物だね

180324 大物だね
180324pry



宇宙雑貨ぷりちーぴ
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

えっさほいさのお猿さん:ショートショート

180323えっさほいさのお猿さん:ショートショート
「あー遅刻だぁ」
あたしはガバリと布団から上半身を跳ねあげる。
頭はまだ寝ようと垂れ下がるが、
社会人たるもの許される訳がない。
社畜の根性で布団からはいでる。
「ちょっとー早くしなさーい。
ご飯できてるわよー」
母の声がする。
あたしは手早く着替えて髪をセットし、
ありがたく母の作った朝食を口に運ぶ。
これから電車という名の戦場に飛びこみ
職場という名の闘技場に行くのだ。
胃袋は満たしておかなくてはならない。
貴重な食事をありがとう、母よ。
そして大急ぎで歯を磨き、
口紅を塗って装備完了。
じゃなかった。
猿丸彦神社で買った、お猿さんのキーホルダー。
なんでも猿は普通去るともとれるので
縁起が悪いそうなんだが、
この神社は曲がった長いお猿の尻尾で
幸せに巻きつくというありがたい
ラッキーアイテムなのだ。
なかなか愛嬌のある顔だけど、
ちょっと古めかしいデザインで
ま、アニメキャラじゃないから
恥ずかしくもないかなという
キーホルダーを鞄につけ、
いざ会社へGO!!

しかーし電車でつまずいた。
いつもの満員電車、座っている人の中で
比較的早い駅で降りる人を
ロックオンしたのに、他の人にとられる。
(はぁ、折角キーホルダー買ったのに
ご利益ないじゃん。混み過ぎてスマホも見れないし)
そんな風にぼやいていると、
やっと降りる駅に着いた。
人の降車する渦に飲まれながら
ドアを出る。
(ふ、これで第一戦は終了した。次は出社のみ)
そしてホームの出口の人波に紛れこもうとした所。
鞄を持った腕が後ろに伸びる。
(にゃにぃ)
この忙しい時になんなのだーと叫びそうになって
後ろを振り返ると、同じく後ろを振り返る
サラリーマンと目が合う。
そして同時互いの鞄を見ると、
そこには、互いの鞄についた猿丸彦神社で買った、
お猿さんのキーホルダーのしっぽが
絡み合っていた。
一瞬フリーズした二人だが、
お互いに名刺をシュバッと出して交換し、
お辞儀をして別れた。
その間数秒。
それを見ていた外国人が「アメイジング!」と
叫んでいたような。勝手に驚け、急いでいるんじゃぁ。

後日談
もちろん、その日の内にメールをして
彼と会う約束を取り付けて、
お互い意気投合→交際→結婚と
トントン拍子で進んだ。
そして、お互いの鞄には今でも
猿丸彦神社で買った、
お猿さんのキーホルダーのしっぽが
揺れている
了。


HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

4コマ180323:かっこいいは正義

180323 かっこいいは正義
180323pry


宇宙 惑星 星座にちなんだグッズを扱う
楽しい雑貨屋さんちーぴ♪
宇宙より笑笑な日常を4コマで

宇宙雑貨ぷりちーぴ

HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ねじ巻き時計はチクタクと:ショートショート

*作中に特定の職業についての描写がありますが、
あくまでも主人公の心理描写との関係であり実在する職業とは関係ありません。
御不快に思われる方はご遠慮の程宜しくお願い申し上げます。
180322ねじ巻き時計はチクタクと:ショートショート
「音が合ってない!いつになったらできるようになるのっ」
ピアノ教師の癇癪が飛ぶ。
うるさい女だ。
ヒステリーで子供が反論できないのをいい事に
嫌みや怒鳴り付け、時には指先を曲げて
鍵盤に叩きつける。
きれいな音を出せと言うが
右の耳元で汚い口が音を出すのを
気に取られてピアノに集中できない。
既に私はピアノが大嫌いだった。
特にメトロノームは最高に嫌な道具だ。
あれは拷問道具だと言っていい。
つまらないハノンを正確に弾くために
チクタクチクタクリズムを刻む機械。
これを使って何十回も繰り返し繰り返し
練習するのは苦痛以外の何物でもない。
レッスンが終わると廊下に大きな
大時計がある。何でも、明治時代からあるそうだ。
その大きな振り込もチクタクチクタク音を刻む。
(嫌な音)私はその大時計も嫌いだった。
そのピアノも小学校を最後に辞める事になった。
最後のレッスンの時ピアノ教師は言った。
「譜めくりだけはうまくなったわね」
私は何も言わなかった。
そしてレッスンの扉を閉めて廊下の大時計を
目にやった。
その振り子はチクタクチクタク時を刻む。
私は大時計を蹴飛ばし叫んだ。
「ピアニストの屑にもなれなかったくせに」
バァンとレッスン場の扉が開いた。
恐ろしい目をしたピアノ教師がやってきたが、
扉を出た所できゃぁぁと叫びながら
大時計の中に吸い込まれていった。
そして続いてグランドピアノも吸い込まれていった。

大時計の振り子はチクタクチクタク時を刻む。
レッスン場の扉は開いたままだ。
シーンとした廊下に私一人がたたずんでいた。
すると、どこかからピアノの音がする。
ようく耳をすますと音階の練習曲、ハノンだ。
それは大時計の中からした。
まるでそのピアノは大時計の振り子を
メトロノーム代わりにしているように
正確だった。


HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

4コマ180322:春なのにヤキモチ

180322 春なのにヤキモチ
180322pry



宇宙雑貨ぷりちーぴ
HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→ユニバース

→ガンダム
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる