FC2ブログ

ss191226:ペットは最後まで飼いましょう

ss191226:ペットは最後まで飼いましょう

「う~さぶい」
俺はコートの襟を立てた。
今日は会社の忘年会だった。
最近は忘年会スルーとかで
やらない会社も多いらしいが、
団結心の強い小さな会社にとって
大切な行事でなので
盛り上がる事盛り上がる事。
しかし、酒の飲めない俺の体は
今一歩あったまっていない。
そこて傍にあった自販機で
ホットの缶コーヒーを買う。
缶コーヒーの温かさが手に伝わる。
ほうっと白い息が体の外に出てくる。
ふと自販機の横にあるごみ箱を見ると、
その下に兎が震えている。
「・・・猫や犬じゃなくて兎・・・」
俺はつぶやく。
はて、クリスマスは終わっているし、
独り暮らしの俺の手には余る贈り物だ。
兎は白かった。
そして赤い目をおこちらに向けてくる。
俺は素早く、引き取ってくれそうな知人を
頭の中に浮かべ、がっくりとうなだれる。
「おいで」
俺は兎に手を指し伸ばした。
兎はおとなしく俺の腕に収まった。
そしてコートの中に兎を入れる。
温かい。兎の心音がトクトク感じられる。
家に戻って、一晩寝て、朝起きたら・・・
「なんで兎耳の女がいるんだぁ」
と叫ぶ俺。
それをじと目で見る兎耳の女。
「・・・自販機の傍で助けてもらってなんだけど、
そっちこそ狼男じゃないの。
まさか、食べる気じゃないでしょうね」
「警察が来るわ!とっとと帰れ」
朝から元気よく言い合いをしていた俺たちに
何故か一戸建てに住んで子供が駆け回る人生を
送るのはそれはまだ先の話だ。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ191226-eありえなーい

4コマ191226-eありえなーい
191226-epry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

191225詩:雪

191225詩:雪

らららららら
雪が降る
雪が降る
顔にふわふわおちてきて
涙の跡のようになる
自分は気づいていなくても
ホントは悲しみがあるんだね
それを雪が教えてくれた
らららららら
雪が降る
雪が降る
顔を手袋で覆って
思いっきり手を伸ばす
そこにはとびきりの
笑顔があるの


テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

4コマ191225-e食べる物が決まるね

4コマ191225-e食べる物が決まるね
191225-epry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ss191224クリスマスの年賀状

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の若槻です今日のテーマは「年賀状を出す予定ですか?」ですもうクリスマスのことで頭がいっぱいになってしまっていますがふと通った郵便局前に「年賀状」の文字が!25日までに投函すれば2020年の元旦に届くようですよ最近は年賀状のかわりにチャットアプリなどで気軽に新年のあいさつを済ませることが多くなっていますが、皆さんはどうでしょうか若槻は送った相手が年明け早々慌...
FC2 トラックバックテーマ:「年賀状を出す予定ですか?」


ss191224クリスマスの年賀状

クリスマスソングが鳴る商店街。
その中に赤いポストがある。
そう、クリスマス限定ではなく
郵便ポストはいつも赤い。
そのポストの前に立つ私。
手には年賀状が一枚。
今年の猪年の年賀状。
だけど内容はメリークリスマス。
猪がサンタの格好をして
ツリーがキラキラ輝いているイラスト。
そう、楽しかった思い出を描いた。
彼に。
彼は意味が分かるだろうか。
グッバイ楽しかった思い出達。
私は私の道を歩いていく。
彼とは別々の道を歩いていくけれど、
二人の思い出は私の心の中で
輝いている。
クリスマスソングが鳴っている。
私はそっとメロディーをつぶやいてみる。
メロディーは私に新しい明日を運んでくる。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ191224-eタイガースファン限定で

4コマ191224-eタイガースファン限定で
191224-epry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

ss191223白紙7

ss191223白紙7

吾輩はしばし黙想する。
掛け時計の音がカチコチカチコチと響く。
そして目を開けた。
「・・・・・」
目の前の机の上の原稿用紙は白いまま。
うぬぅ。一文字も思い浮かばぬ。
これが創作の苦しみであり、毎回この苦しみに
悩まされていながらン十年。
我ながら何故転職しないのか不思議である。
これというのも編集者が悪い。
訳の分からぬ題を出しておいて
吾輩に丸投げして必死の思いで書いて
笑顔で「先生、今回の作品も傑作ですね」
なんておだてて言うものだから
つい、次回も書こうと思ってしまう泥沼に
はまってしまうのだ。
おのれ、編集めぇ~
と、ドンと右手のこぶしで机をたたく。
すると、右手の小指の付け根が痛む。
よく見ると、机のささくれがささったようだ。
「痛い・・・」
吾輩は急いでリビングへ行って愚妻に
「おい、ささくれが手にささった。
抜いてバンドエイドをしてくれ」
すると愚妻が、あらあらといいながら、
ピンセットでささくれを抜いて
バンドエイドを貼ってくれた。
礼を言おうと口を開きかけると
その前に愚妻が、
「あなた、作品の中でたくさんの人を
仏様にしているのに、
たったこれだけのことで涙目になるのね」
などとぬかすのだ。
吾輩は憤激した。が、この愚妻に一を言えば十返してくるのを
身に染みているので黙って、
書斎に戻った。
おのれぇ、こうなったら浮気してやる。
作品の中で20代のくるくると愛くるしい目を
吾輩に向けてきて、吾輩の腕にすがるのも恥じらい、
2,3歩後についてくる女性と・・・
ここでふと気づく。
古いアルバムを押入れから出してみる。
そこには付き合い始めた吾輩と愚妻がいた。
そして自分が作品内で浮気をしようとした女性が
一緒に写っているのを見て愕然とするのだった。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ191223-e杞憂の一つだね

4コマ191223-e杞憂の一つだね
191223-epry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

191222詩:冬

191222詩:冬

ゴーンゴーン
近所のお寺の鐘が鳴る
カラスもねぐらへ飛んでいく
冬の夕焼けは
ガラスに水彩絵の具を落としたよう
溶けてどこかへ行ってしまう
そして夜がやってきて
一番星が輝いている

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

4コマ191222-e鍋は冬が一番だちーぴ

4コマ191222-e鍋は冬が一番だちーぴ
191222-epry

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→ユニバース

→ガンダム
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる