FC2ブログ

210228-9遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-3

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「オーディス、匂い消しの飴舐め終わったか」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「ジェルドちゃん、舐め終わった。
      さ、気を取り直して新たな出会いを求めにいざ行かん」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「お2人がいなくても~♪
       埃はでるのです~♪」

AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
       洗船してもらっているからって
       歌声がうるさいです」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210228-9遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-3


「うおー宇宙港から出たら
さみぃ」

オーディスが脳波で話しかけてくる。
ここは氷惑星。本来人の住めぬ土地。
俺達が着込んでいる地球人アバターだけでは
一秒たりとも生存できない。
体に特殊膜を塗ってはいるが、念のため
寒さ対策のフェイスシールドを付けた
防寒用具を着こんでいる。
会話は防寒用具の頭部につけた
脳波で会話する。
オレ達二人は宇宙検察官専用脳波で
会話している。

「寒いのは当たり前だろ。慣れろ」

「ジェルドちゃん相変わらず冷たいね」

「お前限定だ。それ以外には
愛想笑いでも微笑でもお世辞でも
できるぞ」

「身近にいる人間ほど大事にすべきじゃないのぉ」

「すいません、当ホテルご利用の
ジェルド様とオーディス様ですか」

俺達二人は突然入って来た脳波に
その脳波を発した人物へと顔を向けた。
すると、そこには地球のアジア系の顔をして
法被を着た男が俺達二人の名前を書いた
紙を持って立っていた。

「あれぇ、もしかして宿泊ホテルの
ガイドロボットさん?」

オーディスが一般回線脳波で
彼に話しかける。

「はい、そうです。本日は当ホテルを
ご利用いただきありがとうございます。
私は送り迎え担当のAIロボットです。
よろしくお願い申し上げます。」

オレは脳波に愛想笑いの感情を載せて
「ああ、俺はジェルド。こちらがオーディス。
地球人アバターの顔写真はそちらのホテルに
届いていると思うが、改めて君に送信しておく。
これでいいかな」

するとホテルのAIロボットは揉み手をして
「ハイハイ、お2人とも写真写りが宜しいですけれど
実物の方がもっと男前ですね。
それで当ホテルは地球の日本旅館を模しています。
今日はもう遅いので当ホテルでお食事になさいますか。
当ホテルではかけ流し源泉温泉がございますが、
他所でお食事をされるようでしたら
お勧めがございますよ」

『ホテルで食事と温泉で頼む』

オレとオーディスは脳波を揃えて
ホテルが差し向けた自動運転車に
乗り込むのだった。
続く

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

210224-8遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-2

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「オーディス、早くしろ」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「ジェルドちゃん、観光地よ。素敵な出会いが
      あるかもしれないでしょ」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「皆、地球人アバターを着ているので
       本体を知られたら意味がないのでは?」

AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「氷惑星宇宙港へ着陸します」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210224-8遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-2


「ようこそ氷惑星へ。
宇宙検察官様お二人ですね。
何か持ち込み不可の物は
ございませんか」

宇宙港の税関職員は愛想よく尋ねる。
普通、税関の職員は無愛想な物だが、
宇宙検察官の証明手帳が効いたらしい。

「はは、本当に持ち込む人間は
真面目に持ち込んでませんと答えるぜ。
ま、持ち込んではいないけれどね」

オーディスが機嫌よく答える。

「オーディス、無駄口を叩くな。
お察しの通り今回は仕事ではなく
観光だ。よろしく頼む」

「はい、それでは荷物を検査機に
通させていただきますね」

そう言って宇宙港の税関職員は
通り一遍の検査をして俺たちを
通してくれた。

「あ、オーディス様。
オーディス様の本体は
この星での大型犬に当たる
地球の犬のアバターを着用した
動物達にとっては
そのう、獰猛過ぎるのです。
売店で匂い消しの錠剤を買って
常に常備して下さい」

「ああ、そう言えば宇宙港の注意事項欄に
そんな記載があったな。
分かった買ってくるよ」

「という訳でジェルドちゃん、売店行こうぜ」

「ああ、それにしてもこの氷惑星の
大型犬って熊位の大きさが
あるぞ。
それを脅かすってどれだけ
お前の本体って凄いんだ」

「えへへ、何と言っても
宇宙最強の種族と言われているからな」

「宇宙最凶のまちがいだろ。
売店ついたぞ」

「あ、本当だ。どの辺にあるのかな
(なぁ、あの店員さん美人だな)」

「薬品の棚にあるんじゃないのか
(脳波で話しかけるな。
確かに美人だが地球人アバター
着用だから判断つかんな)」

「お、さすがジェルドちゃん、
あったあった
(いや、匂いで分かる。
あれは本体も美人だ)」

「そうか、早く会計してこい
(・・・お前、異種族でも女なら
関係無いのな)」

・・・・・・・
「ジェルドちゃん、お待たせぇ。
あの店員さん親切でさ。
サービスでコーヒーくれたよ」

「そうか。もしかして脈ありかも
しれないな。
それより早く、匂い消しをのみこめよ」

「いや、これ錠剤じゃなくて飴だよ。
ま、一粒で一日効くらしい」

そう言ってオーディスは口の中に
匂い消しの飴を入れた。
そして黙りこくった。

「どうした?」

「ジェルドちゃん、これ甘草」

「甘草って、あの地球の北欧で
愛用されているまずい甘味料の事か」

オーディスは涙目になりながら
「うん、ビンゴ。だからあのお姉さん、
コーヒー奢ってくれたんだ」

「それ、飲み込めないのか」

「ダメ。ちゃんと舐めないと
胃が荒れるから
舐めろって書いてある」

「そうか。じゃぁ先程の店員のお姉さんの
好意に感謝するんだな」

「うん、そうする」

そしてオレはふと後ろを振り向いた。
先程の売店の女店員が男と話している。
そして親しそうにハグしているのを目にした。

オーディスは何かをこらえるように
匂い消しの飴を舐めている。

(気の毒にな)

オレは後でオーディスに何か奢ってやろうと
珍しく思った。

続く

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210222-g趣旨が違うにゃぁ

4コマ210222-g
210222-g-pry
善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210221-7遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「オーディス、寒いの平気か?」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「んー本体は平気だけど地球人アバターは炬燵の住人よ」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「そう言って蜜柑の皮をダッシュボードに
       投げないでください」

AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「近くに観光氷惑星があります」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210221-7遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-1


「おお、それいいな。行こうぜジェルドちゃん

「オーディス。あの星は地球人アバター着用必須
観光地だ。さっきお前炬燵の住人だって
言ってたよな」

「何言ってんだよ。
氷惑星の観光だぜ。
楽しまなくてどうするよ
ジェルドちゃん、固い事言わないで
行こうぜ。
AI自動操縦機、氷惑星への着陸許可と
入場チケットを購入してくれ」

オレはやれやれとため息をつくと
「氷惑星の観光時間はそう取れないぞ。
狩猟をしたり氷河クルージングを
するのは無理だ」

「ええ!じゃあ何があるんだよ」

「氷惑星のテーマパークがあるぞ」

「げ、テーマパークって家族連れが
行くところじゃないか。
何が悲しくてジェルドちゃんと
デートしなくちゃいけないのぉ」

「気持ち悪い事を言うな。
テーマパークと言っても
大人向けとファミリー向けがあって
大人向けは
犬ぞりに乗ってテーマパーク内を
巡るコースだ。
これが2泊3日で一番短いな」

「ふーん、それって本物の犬?
ロボットじゃないよな」

「地球圏の犬のアバターに
氷惑星の犬に似た生き物を
着用させているようだぞ。
本来の姿では地球人アバターでは
御すことができないかららしい」

「それって動物愛護団体から
相当苦情が出たんじゃないのぉ」

「らしいな。ただ肉がうまいらしく
密猟者が続出して
それを防ぐためのガイドという
職が必要となったらしいな。
ま、狩猟期間が決められていて
それ以外はテーマパークで
ガイド達が働く場所を
提供したっていうのが
妥協点らしいな」

「へぇ、だったら面白そうだな。
行こうぜ、ジェルドちゃん」

「ああ、そうするか」

続く

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m


テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210218-f息子の反抗期が酷くて設定でどすか

4コマ210218-f息子の反抗期が酷くて設定でどすか
210218-f-pry

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210217-6遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種12】29‐11

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「花子さん、お父様方にお香のお代わりを」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「そうだな、宇宙学校へ留学はいいな」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「はい、落ち着くローズウッドをお出ししますね」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「では、惑星に戻ってお話を進めて下さい」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210217-6遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種12】29‐11

「お父様方、私は荒唐無稽な話をしているのでは
ございません。
まず、・ご息女とご子息が未成年であること。
   ・ご子息は、あなた方の風習で
    ご息女と結婚する以外ないこと
    ・貴星に密貿易をする方法しか
    他の星との交流がないこと」

オレは一旦、言葉を切った。
そして続ける。

「幼い二人を生かして尚且つ
ご子息の願いを叶えるには、
宇宙連盟に加盟するのがベストでしょう。
その布石として、幼い二人を
宇宙学校へ入学させるという形を取り、
必ず発生する反対派からの
凶刃から守る必要性があります。
そして、二人が卒業するまでに
ある程度の国交を開く
準備を整えてはいかがでしょうか」

すると仙人掌人の少年の父親たちが
しばし沈黙した。
そして

「それは、我らだけでは決めかねる。
ただ、我が息子とそちらの娘を
宇宙学校へ留学させるのは、
我らのクランと娘の家族との間で
決定した」

「父様達、認めて下さるのですか」

仙人掌人の少年が嬉しそうに声を上げた。

「そんな喜ばしいことではない。
宇宙学校へ留学させると決まった時点で
そなたとその娘は、クランと家族から
義絶扱いとなってしまったのだ。
それが最低条件だ。
お前がよく、この星の外のことを
勉強していたのは皆が認めるところだから。
だけどな、月下美人のお前が
宇宙警察が務まるのかと思うと・・・
心配でならないよ」

「父様達、ごめんなさい。
でも、僕は夜空を見ながら
いつかあの空を駆け巡ってみたかったんです。
その夢を叶えてくれてありがとう」

「我々はまだ、そなたを手放したくない。
手元に置いておきたかった。
だが、旅立つのだな」

仙人掌人の少年の父親たちが
寂しそうに言葉を紡ぐ。

「あのー。しんみりしている所申し訳ないけれど
宇宙学校への入学手続きと留学費の
申請をしないといけないんですけれどね」

オーディスがおどけて言う。

すると仙人掌人の少年少女がハッとした顔をした。

それを見たオーディスが片目をつぶって
「大丈夫。うちのAI自動操縦機は優秀でね。
国交を開く可能性のある星からの留学生は
無料で入学できる制度だそうだ」

仙人掌人の少年少女達はほっとした顔をした。

「二人は近くの星まで宇宙学校の職員が
迎えに来ますので、そこまで
我々がお送りしましょう」

オレがそう言うと、

仙人掌人の少年少女の父親達は
うなずいて、

「よろしくお願いいたします。
それでは、我々はそれぞれの妻に
話をして、国交を開く件について
話を進めましょう。
元々、密貿易については問題に
なっていたので丁度よかったとも
いえるでしょう。
それでは、我々は帰還させて
いただきます」

「父様達」
「父様!」

仙人掌人の父親達は二人には
目もくれずに自船へ戻ったようだ。
残されたのは通信用に
父親達の香りと花粉が入っていた
二つの緑とピンクのカプセルが
転がっていた。

「ほらほら、めそめそするなって。
二人で決めたんだろう。
宇宙警察になるってさ。
そうだ、お前たちの親父たちが
動かしていたカプセルな。
AIを中に入れて動かせるように
してやるよ。
作業するから来ないか」

こういう時オーディスは人の
慰め方が上手い。

オレはオーディスとアイコンタクトで
頼むと伝えた。

その後、仙人掌人の少年少女は
迎えに来た宇宙学校の職員の船に
引き取られた。

オレとオーディスの静かな日常が
戻った。

「なぁなぁジェルドちゃん、
あの子達元気一杯だったな」

「ああ、あそこまで元気だったら
宇宙警察官も務まるさ。
あ、花子さん緑茶をもらえるかな」

「あ、俺コーヒーがいい」

こうして俺たちの船は何事もなかったのように
宇宙空間を滑るように航行するのだった。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m







テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210215-e2月15日の名探偵

4コマ210215-e2月15日の名探偵
210215-e-pry

お読みいただきありがとうございました。

善き一日をお過ごしください。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210214-5遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種11】29‐10

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「厳しい言い方ですが、
二人を絶縁されてはいかがでしょうか」
オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「おい、それは酷じゃないか」
花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「ジェルド様、オーディス様お茶菓子
       お代わりです」
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「宇宙学校へ留学させる方法がベストでは?」
これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210214-5遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種11】29‐10


「留学?」

仙人掌人の少年と少女の
父親達が声を揃えて言葉を発する。

オレは、
「そうですね。
貴男方の社会観念ですと、
ご子息、ご息女は生きていく
場所がありません。
ですが、貴男方の惑星が
忌み嫌っている密貿易を
合法化するのであるのならば、
ご子息のなりたい宇宙警察と
提携を結ぶことにもなるでしょう」

「そうだぜ、ジェルドの言う通りだ。
あんたら仙人掌人の惑星で
有力クランなんだろ?
呼びかければ無下にはされないんだろ」

オーディスがオレの言葉を後押しする。

「しかし、我々の息子は月下美人だ。
美しさという点ではずば抜けているが、
攻撃や防御といった戦闘能力は低い。
警察の仕事となると向いているとは
言えまい」

仙人掌人の少年の父親達の言葉には
息子を案ずる気配が察せられた。

「それなら心配いらない。
あたしが必ず彼を守る」

「確かに僕は月下美人の仙人掌だけれど
きっとできる事があるはずです。
父様達、認めて下さい」

それまで黙っていた、仙人掌人の少年と少女が
口々に言う。

すると少女の父親が
「娘よ、その道を選ぶと言う事は
家族とは絶縁するという事になるのだぞ。
それに、宇宙警察官になりたいのは
ご子息様だ。お前の希望ではあるまい。
山火事などの災害の時に、
男の体の一部を女の体に付着させて
避難する方法があるが、
それは一時的な処方だ。
宇宙警察官になるという事は
ご子息様の願い。
そうなると、動けないご子息様を
お前の体に永遠に付着させる事になる。
お前の人生はどうなるのだ」

「違うよ。あたしは仙人掌人の女としての誇りを
持っている。
そして惚れた男が宇宙警察官になりたいというのならば
叶えてやるのが女の誇りだ」

少女の目は父親達をまっすぐ
みつめるのだった。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m



テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210212-d春よ来いしてたら忘却が来た

4コマ210212-d春よ来いしてたら忘却が来た
210212-d-pry

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210211-4遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種10】29‐9

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「まだ若い二人です。
他の生き方を認めてあげれば
いかがですか」       
オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「ロミオとジュリエットは勘弁な」
花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「心を落ち着かせるお香にお取替えいたします」
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「できる事とできない事をあげて
消去法でえらべばいいだけです」
これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210211-4遥か銀河に手を伸ばし【仙人掌(サボテン)人種10】29‐9


すると少年の父親達が口を開いた。

「我々とてこうなった以上、
 息子をそちらの娘に婿に出すしかないのは
 分かっている。
 だが、そちらの娘は未成年だ」

「娘はすぐにでも成人式をさせます。
 娘は年の割に体格もよく成人として
 生きていく術も身に着けおります」

「それだけが問題なのではない。
 我々の始祖達が、地球の前の文明で
 愛玩用として植物化された男性を
 女性に融合させられたのが始まりだ」

 少年の父親の一人がそう言うと、

 「そうだ。その姿を恥じた我々の始祖は
  必死の思いでこの星へたどり着き、    
  植物化した男性をこの大地へ植わって
  女性が面倒を見る事で進化した」

 もう一人が重々しく口を開く

 「密かに交易している連中は始祖達が
  恥じた姿をして商いをしている。
  いや、その日暮らしの土地を持たない
  もしくは痩せた土地しか持たない
  女性が男性を体の一部につけて
  生活している」

  少女の父親が
  「どうかそういった社会の格差を
   無くす為にも若い二人の願いを  
   叶えてはいただけないでしょうか」
続く

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→TRPGブレイン

→ユニバース
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる