FC2ブログ

210331-18遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-12

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「この氷惑星で温泉が出るのか」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「おう、ガイド端末に書いてある」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「ロボット専用銭湯がある〜♪」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
     カンツォーネ歌ってる」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210331-18遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-12


すると中居さんが
「はい、この氷惑星は生物の居住区域を作る為に、
人口太陽が回っています。
その外れに巨大氷山がございまして
そこに人口太陽の光を集中的に当てまして
氷を溶かして生活用水にしています。
この氷山のある場所の氷には、
温泉成分を含んだ物がありまして
それをパイプで運んで
温泉水として利用しております」

「へぇ、そりゃいい物があったな。
それでここは観光客が多いのか」

オーディスが感心して言うと、

「はい、近くに高度宇宙文明を築いている惑星が
結構ございますので
よく、ご利用いただいております」

「なるほど、決して物好きに開発した訳では
ないのですね」

「そうおっしゃられますと、開拓者たちの魂も
うかばれましょう。
あ、そうそう温泉と言えば
氷の部屋に囲まれてくらげが壁の中を
泳いでいる『くらげの間』がございますので
よろしければお入りになっては
いかがでしょうか」

「それは面白そうですね。
是非、一風呂浴びさせていただきます」

「あら、私ったら行けない。
つい長話をしてお部屋へのご案内が
おろそかになってしまいましたわ。
失礼しました」

「いえいえ、質問攻めにしたのは
こちらの方ですからお気になさらず。
それにしても、このホールも
すごいですね。
床下で金魚が泳いでいるなんて」

「はい、どうしても景色が寒々しい所で
色が白の世界が広がっておりますから、
宿の中だけでも明るく色彩豊かにしたいと
大旦那様と大女将の願いでございます」

そう言って中居さんは俺たちを
部屋へと案内してくれたのだった。

続く


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210329-g三途の川の意義は?

4コマ210329-g三途の川の意義は?
210329-g-pry
善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210328-17遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-11

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「いい景色だったな」
オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「アハハ、遊びすぎちゃったよな」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「私も観光名所チェックしようっと」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
     こぶしをきかせ過ぎだな」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210328-17遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-11


「お客様、着きましたよ」

雄大なオーロラの下にある滝から
旅館まで自動運転車に乗っていたが
どうやら寝ていたらしい。
どなりのオーディスは爆睡している。

「起きろオーディス。着いたぞ」

「う〜ん、花子さん今日の晩飯は肉で。
ステーキプリーズ」

「寝ぼけるな。中居さんに笑われるぞ。
え?貴女はAIロボットではなく
生命体の方ですか」

彼女は着物を着ていた。
地球人アバターは寒暖や病原体等に
強く作られているが、
氷惑星のこの星で
着物はきつい。

「ええ、そうですよ。
私が着物を着ている事に驚いていらっしゃるのですね。
この旅館は敷地を含めてドーム状に
暖房を効かせておりますから大丈夫なのです」

彼女は慣れた様子で俺の驚きに答える。
ここへ来るお客がまず疑問に思う事が
このことだからだろう。

「それより、ようこそおいでくださいました。
お荷物をお運びいたします」

彼女はにこやかにオレ達に微笑みかけるのだった。

オレ達は荷物をボーイロボットに預け
彼女の後について部屋へと向かった。

「すごいですね。昭和然とした装いで
古めかしさが逆に斬新ですね」

「ふふ、ありがとうございます。
日本形式の旅館に洋風を取り入れております。
ですが、水回りや家電は最新式の設備に
なっておりますからご安心下さい」

「それは喜んでいいのやら。
こんな素敵な旅館で、仕事に呼び出されて
作業に追われるなんてぞっとしないですね」

「文筆家の先生方が、作品に必要な情報を提供する
AI秘書一体だけ置いて
出版社にここに押し込められて
執筆される事がございますよ」

「それは気の毒なことです」

「なぁ、ジェルドここ温泉があるぞ」

オーディスがオレに話しかけた。

続く


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210325-f結局バカップル

4コマ210325-f結局バカップル
210325-f-pry

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210324-16遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-10

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「お前、そんなにカプセル抱えてどうするんだ」
オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「いやぁ、なんかはまっちゃってさ。
       女性物が多いから花子さんにでもあげようか」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「お肌のお手入れは大事ですよねぇ」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
     なんか振られたのか?哀愁を帯びた歌を歌っている」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210324-16遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-10


「さてとお客様、お楽しみいただけたでしょうか。
そろそろ旅館に向かいましょう」

旅館のロボットガイドがそう言って
自動運転車にオレ達を促す。

「ジェルドちゃぁん、早くしないと
チェックインの時間になっちゃうよう」

オーディスがオレに呼びかける。
オレはその声に応じて
彼らの方へと歩いていく。

後ろでは、夜空にオーロラのカーテンが
赤や青、緑と波打つようにたゆたうていた。
その光が長大な凍った滝に映り込み
抽象画を見ているようだった。
オレはもう一度後ろを振り返った。
こんな景色を見ることはまたあるのだろうか。
いや、こんな景色を眺める時間を
いつまで持てるだろうか。
俺は前を向いて、歩き始めた。
本星へ戻れば忙しい日々が待っている。
束の間の平穏な時間に身を委ねる事に
飽く自分がいることをオレは知っているから。
続く


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210322-e地獄耳ならぬ天国耳?

4コマ210322-e地獄耳ならぬ天国耳?
210322-e-pry

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210321-15遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-9

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「船内生活が長かったから解放されるな」
オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「おーい、ジェルドちゃん。ガチャガチャがあるぞ」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「さてと、お茶にでもしようかしら」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
     音波の音程だれがチューニングしたんだ? 」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210321-15遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-9


「ガチャガチャ?
あの、箱に入っているカプセルの
おもちゃを取り出すガチャガチャ?」

オレは思わず聞き返す。

「そう、そのガチャガチャ。
10m位二段になって箱が設置されてる」

「結構、多くの人がやっているな」

「ジェルドちゃん、一つやってみる?
家事ロボットの花子さんのお土産に
丁度いいかもよ」

「それはいいが、どれを選べばいいんだ。
数がありすぎて的が絞れない」

するとロボットガイドが、

「ああ、でしたらこちらのルーレットで
ガチャガチャの箱を選択したら
どうでしょうか。
『女性向け かわいい 面白い』とか
選択肢を選んでからお金を投入して
ルーレットを回すんです。
すると、該当するガチャガチャの箱を
選んでくれますよ」

「へぇ、それ面白そう。
俺、やってみるわ」

ノリノリのオーディスである。

「お前に任せた。オレは
適当に見てるよ」

「おう、分かった」

オレは暇つぶしにぶらぶらと
ガチャガチャの箱を見ながら
歩いていた。
その中に、チャリティの箱があった。
中には子供たちが作った
おもちゃが入っているという。

(少しばかり善行をしていくか)
チャリティなだけあって金額は
決まっていない。
オレは少し多めにお金を入れた。
箱から出てきたカプセルを開けて
オレは絶句した。
それは、桜の花の絵が描かれた
栞だったからだ。

「桜か・・・・」
地球で出会ったあの女性。
思い出がよみがえってくる。
満開の桜の花が氷惑星を
覆っているような気がした。
栞は、あの時読んだ本に挟むとしよう。
オレはカプセルに丸まった栞を
入れてポケットにしまった。
続く


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210318-d翻訳者さんプリーズ

4コマ210318-d翻訳者さんプリーズ
210318-d-pry
善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210317-14遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-8

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「地球人の女将は、どんな人生を歩んだんだろうな」
オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「そうだな、娘さんいるのかな」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「今頃、お二人は旅館に着いたころかしら」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
      泣きながら演歌歌ってる・・・ 」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210317-14遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-8


オレ達はテーマパークを後にして
旅館へと向った。
ロボットガイドによると
この氷惑星は、地球の前文明人により
テラフォーミングされたらしい。
よって、地球の寒冷地の気候に
なっているらしく、
それで地球人のアバターを着用する
ことになっているそうだ。

「いまじゃ惑星改造するにも
厳しい審査がいるもんなぁ」

オーディスがぽつりとつぶやく。

「それはオレ達のように
惑星を飛び出して他文明と
交流するレベルになった人種に
課せられたものだからな。
あの時の前地球文明人は
要観察レベルの段階だったので
ここもテラフォーミングが
許されたのかもしれないな」

「ま、面倒くさい話はいいや。
それより見ろよ。
オーロラが綺麗だぞ」

「そうだな」

するとロボットガイドが

「よろしかったらここで
記念写真をお撮りになりませんか。
この先に巨大な滝が凍っていて
その上をオーロラが動いていて
観光客に人気なんですよ」

オレとオーディスは顔を見合わせた。

「なぁ、ロボットガイドさんよぉ。
その滝はロッククライミングできるのか?」

オーディスが尋ねると

「そうですねぇ。旅館のチェックインが
迫っていますので一時間くらいなら
丁度いいロッククライミングの
場所がございますよ。
上に上がりますとドローンがオーロラと
滝とお二人を写真に収めて、
ロープウェイが出ていますからそれで
お帰りいただければ間に合いますかね」

オレとオーディスはそのアトラクションに
急いで参加した。
オーディスにとってはロッククライミングが
目当てだったようだが、
オレにとっては地球保護観察官になる
訓練生時代を思い出させる光景だったのだ。
(みんな元気にしているだろうか)
オレは教官や同期の顔を思い浮かべて
顔がほころぶのだった。
続く

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210315-c悪の組織を目指す?

4コマ210315-c悪の組織を目指す?
210315-c-pry
善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→TRPGブレイン

→ユニバース
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる