fc2ブログ

210428-8遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-20

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「中居さん、空気が冷たい。部屋へ戻りましょう」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「うぉぉぉぉ大衆演劇サイコー!」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「桜茶はとっておきのお茶なのです。
       二人には内緒です」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
    なんか泣き上戸だったのか・・・」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210428-8遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-20


「ええ、すいません。お客様をこんな寒い場所に
留め置いて」

中居さんは髪の毛を結い上げている。
オレは中居の白い首筋とほつれた短い髪が
ぼぉっと暗闇の中で浮かんでいるのを
そっとみつめた。

「月面旅行はどうでしょうか」

オレはボソリと言ってみた。
すると中居は

「いえ、私の故郷はここですから。
あ、でもお取り寄せなんかはいいかも
しれませんね。
日本に長くいらしたのなら、
何か良い物をご存じありませんか」

そう言ってオレに笑顔を向ける中居は
既に接客業の従事者のそれだった。

「そうですね。日本は海の幸も山の幸も
熱帯から寒冷まで様々な食に満ち溢れて
ますからね。
やはり定番のお寿司ですかね」

「あら、お寿司なら地球から取り寄せた
食材で、こちらでも食べる事ができますのよ」

中居はそう言ってくすくす笑った。

「そうですか。それならやはり駅弁がいいかもしれない。
ご当地の牛肉弁当やちらし寿司、海鮮丼やら
そりゃあご当地自慢が山ほどありますからね。
そうだ、今度贈りましょう。
ここの旅館の中居さん達全員に」

すると中居はびっくりした顔をして

「それはみんな喜びますけれど・・・
宜しいのですか」

「元地球保護観察官なんてお金の使い道がなくてね。
それよりも、舌の肥えた旅館の従業員さんから
確かな料理の味を教えてもらった方が
楽しいんじゃないですかね。
カタログをフロントに転送しておきますから
みんなで選んでください。
あ、負担にならないように金額の上限は
設定しておきますから」

「それなら・・・ただ、女将には話を通しておきますので
しばしお待ちくださいね」

「いいですよ。明日の朝にでもフロントに
言付けていただければ。
さ、そろそろ参りましょう。
風邪をひいてしまいますよ」

「あら、私は元気だけなのが取り柄なのですよ」

こうしてオレ達は夜桜を後にして
旅館に戻るのだった。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210426-h〇〇ガドじゃないよ

4コマ210426-h〇〇ガドじゃないよ
210426-h-pry

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210425-7遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-19

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「中居さん、貴女は・・・」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「アンコール!アンコール!」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「オーディス様の部屋、終わったら
       桜茶を淹れましょう」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
    なに、エネルギー吹いてんだっ」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210425-7遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-19


「中居さん、貴女は地球人のアバターを
着用していますよね。ですが本当は・・・」

すると中居は涙を手で拭くと

「はい、確かに私は地球人のアバターを
着用しておりますが、本体も地球人です。
日本人の」

そして中居は話を続ける。


「正確には私の祖母が日本人で、
地球に不時着した父と出会ったのです。
地球人との婚姻は
地球人のアバターを着用しないと
できないので、
産まれた子供は地球人です。
その後、様々な手続きを経て
祖母たちは地球を離れ
この星で旅館を開く事になったのです」

「そうですか。
でも、貴女にとって、故郷はここではありませんか」

「確かにこの星を愛しております。
旅館の仕事も好きですし。
ですがいつも思うんです。
自分の本体を保存してある
カプセルセンターに行って
自分の体をみる度に、
自分が地球の日本人であることを
強烈に意識します。
他の方々は、地球人のアバターを
着用することをコスプレをするように
割り切って楽しんでおられます。
ですが、本来の私の地球人の体は
この星の気候にも耐えられない。
そんな弱い体を一生
カプセルセンターに保存して
この星の気候に耐えられる
地球人のアバターを着ている
私は何者だろうかと。
・・・悩んでしまいます」

俺にはどうすることもできないことだった。
宇宙人との間にできた子孫たちは
今の地球文明の前の文明の者達が
庇護している。
だが、その代わりに今の地球に
降りる事は許されていない。
それは今の地球文明より高度な技術を
提供する危険性や
宇宙人側の親の遺伝子を受け継いでいる
部分もあるので、
地球人の遺伝子レベルでの変化を
促してしまう可能性がある。
その他にもどんな変化があるか
分からないからだ。

「桜が綺麗ですね」

俺は空を見上げながらそうつぶやいた。
中居も空を見上げながら

「そうですね」

その目は潤んでいたが涙はもう流れていなかった。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

210421-6遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-18

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「日本の桜か・・・」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「いやっほぉー!大衆演劇最高ぉぉぉ」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「ふぅ、やっとオーディス様の部屋の
       お掃除が終わったわ」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
    補給でミスってる。遊んでいるからだ。」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210421-6遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-18


「オレもついこの間まで地球の日本に赴任していたのですよ」

オレは中居をみながらそう告げた。
すると中居は顔をぱぁっと笑顔にして

「そうなのですか。ですから他のお客様と反応が違うなと
思いました。
他のお客様だとビューティフルとか素晴らしいと言った
こう言っては何ですが観光客的な感想が返ってくるのです。
でも、お客様はどこか懐かしそうに眺めていらしたので。
そうだったのですね」

「ええ、色々行きました。
里山の中に一本だけ大きく生えている桜とか
街中の桜並木、山が桜に覆われている景色など。
桜前線と共に九州から北海道まで
旅したこともありますよ。
あ、これは内緒ですよ。任務上の事なので」

すると中居はくすくす笑って
「はい、任務上の事なのですね。
黙っておきますわ」

「何でしたら、桜のデーターをお分けしましょうか。
任務に支障のない範囲の画像ですから」

「本当ですか、お願いします」

そこでオレと中居は手のひらを
向かい合わせにして生体記憶媒体装置を
ONにして、データーのやり取りをした。

「これが日本の桜なのですね」

中居の瞳からつーっと一筋の涙がこぼれるのだった。

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

210418-5遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-17

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「大衆演劇の熱気にやられた・・・」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「俺、楽しかったから次の演目見てくぜ」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「船内の焼却炉にゴミを運ぶのはオーディス様に
       してもらいましょ♪」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
    宇宙カラオケ大会優勝者が納得できない」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210418-5遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-17


オレはオーディスと別れて、旅館の中庭に出た。
テラフォーミングされているだけあり、
寒冷な気候となったこの星。
だけどこの地域は
比較的暖かい空気でドーム状に覆っていて
過ごしやすい。
夏の軽井沢の涼しさのような感じか。
夜は少しヒンヤリする。

「お客様、そんな薄着ではお風邪をひかれますよ」

そう言ってショールを持ってきてくれたのは、
オレ達に対応してくれた中居さんだった。

「すいません。つい大衆演劇の熱気に当てられて
夜風に誘われまして。
すぐ戻ります」

「いえ、折角ですから庭園をご堪能くださいませ。
でも寒いですからコーヒーでもいかがですか。
ポットに入れてきましたので」

「何から何まですいません」

「ふふ、この庭園は日本庭園なのですよ。
大女将が恋しくて、大旦那が作ったのです。
日本庭園は造った時が完璧なのではなく
その後世代を重ねていくときにどうなるかを
考えて造るのですよね」

そう言って中居は珈琲の入ったコップをオレに渡した。

「大旦那は相当苦労したみたいで。
地球の植木屋に弟子入りして、コツコツ作り上げたそうです」

そう言いながら、いつの間にかオレは中居に
庭中を案内され一本の桜の大木にたどり着いた。
その桜は満開だった。
夜桜。
下からライトアップされて艶やかに咲いているのが
何とも美しさを引き立てていた。

中居に促されて桜の木に触る。

「これだけの大木になるには相当な
年月が経っているのでしょうね」

「はい、何十本も植えた一番最初の桜の木で
残ったのはこの一本だけです」

「そうですか」

俺達は後は黙って夜桜を堪能するのだった。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m




テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210415-eねこねこねこ💖

4コマ210415-eねこねこねこ💖
210415-e-pry

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210414-4遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-16

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「誰がビリケンさんとサウナに置いたんだ?」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「俺の本体だったら、素手で平気で撫でれたのにな」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「ゴミ袋詰め放題のオーディス様の部屋~♪」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
    なんか宇宙カラオケ大会聴き始めた」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210414-4遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-16


「ぷはぁ、レモン牛乳うめぇ」

オーディスが腰にタオルを巻いて
レモン牛乳を一気飲みした。
オレはそれを眺めながら
浴衣を着て脱衣所にセッティングされている
液晶画面を眺めていた。
そこには旅館の案内が流れていて、
エンターテイメントの情報も流れていた。

「おい、オーディス。ここって大衆演劇を
やるみたいだぞ」

「大衆演劇?」

オレはリモコン(今どきの宇宙でリモコン操作とは
凝っている宿だな)で大衆劇場を示す数字の番号を
押した。
すると大衆劇場で今夜する演目のプロモーションビデオが
流れてくる。

「へぇ、新選組かぁ」

オーディスが浴衣に着替え終えて
頭をガシガシ拭きながら言う。

「そうみたいだな。有名な池田屋事件を
演じるみたいだな」

するとオーディスが二かッと笑って

「おー見てぇな、それ。
チャンバラ大好きだぜ」

オレは呆れた顔をして

「まぁ、確かに剣劇は面白いが
歌や踊りも面白いぞ。
まぁいいや。折角だから見に行くか」

「おう、行こうぜ。ジェルドちゃん
予約してくれよ」

「ああ、今予約した。
開演20分前だ。急ごう」

・・・大衆演劇は凄かった。
いや、舞台もすごいが観ている
熟年女性の熱気が凄くて
紙のチップを人気役者の
腰の所に次々挟み込み、
銀ギラに飾った団扇やタオルを
振り回して絶叫していた。

隣のオーディスはノリノリで
その劇場内を楽しむのだった。


3/25🐾59000
ありがとうございました
これからもよろしくお願いします。m(__)m

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210412-dお米の国の人だもの

4コマ210412-dお米の国の人だもの
210412-d

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

210411-3遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-15

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「いい湯だったな」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「おい、今調べたらビリケンさんの湯があるぞ」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「・・・オーディス様、これは部屋ではなく
       ゴミ収集場ですね(#^ω^)ビキビキ」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
    バブリーダンスに合わせて
    シャボン玉飛ばしているのは何故だろう」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210411-3遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-15


「ビリケンさんの湯?」

オレがオーディスに尋ねると、

「正確にはビリケンさんの像がある
サウナだな」

「サウナって、ビリケンさんは
足の裏を触るからご利益があるのだろう?
サウナにあったら熱くて触れないじゃないか」

「一応、地球人が触れる温度になる材質で
作っているみたいだぜ。
触る前に柄杓で水をかけてさっと触るという
ことらしい」

「(* ̄- ̄)ふ~ん何か面白そうだな。
入ってみようか」

こうしてオレとオーディスは
ビリケンさんの湯もといサウナへ入った。

サウナはやはり貸し切り状態で
オレとオーディスはじっくりと汗を流すことができた。
サウナには、液晶画面が設置されていて
ビリケンさんの歴史が流れていた。
以外にも、ビリケンさんはアメリカの芸術家の
夢に現れて創造されたのが発端なのだと知り
明治時代に日本に入ってきたとか
結構面白かった。

ビリケンさんはにこやかに笑っていて
投げだされた大きな足の裏は
湯気が立っていた。

オレは柄杓に水を入れ、
「じゃぁオーディス。ビリケンさんの足の裏に
水をかけるからな」

「おう、頼んだぜ」

オレはビリケンさんの足の裏に水を掛けた。
そしてオーディスはビリケンさんの足の裏をなで、
さっと手を離し、外へと冷やしに行った。

「やっぱり熱かったっか・・・」

オレはビリケンさんを拝んでサウナを後にした。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

4コマ210408-c-pry有難さは変わらない

4コマ210408-c-pry有難さは変わらない
210408-c-pry

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 落書き・絵日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめましてちーぴ
主に4コマ・
ショートショートを
載せているちーぴ

(↑フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません。
また、『SS』とは
ショートショートの
略として用いております)

地球のどこかで暮らす
宇宙生物ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

隠居ぷりちーぴの部屋

隠居ぷりちーぴ

宇宙雑貨ぷりちーぴ改
💖隠居ぷりちーぴ💖
よろしくちーぴ
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる