fc2ブログ

ss211029奥様は魔女とダジャレウィン

ss211029奥様は魔女とダジャレウィン


「う〜ん」

ヒンヤリとした秋の朝。
着替えた俺は庭でラジオ体操なんかを
思い出しながら運動してみる。

「あら、ダーリン起きたのぉ」

二階のベランダから奥様の声がする。
奥様はパジャマ姿。
色とりどりのハートを散りばめたその
姿は愛くるしい。
だが、オレはそれを見た瞬間、
速攻で二階のベランダへ行き、
奥様を室内へ連れ戻した。

「ダメじゃないか。パジャマ姿でベランダに出るなんて
通りに面していてだれに見られるか
分かったものじゃない」

すると奥様はニコリと笑って

「大丈夫!魔法で外からは姿は見えないから。
あと、声も聞こえないようにしてあるから」

そう、奥様は魔女界からやってきて
俺と出会い結ばれた。

「いいや、そういう問題じゃない
もう少し恥じらいをもとうよ恥じらいをっ」

「あ、もしかしたら焼きもち焼いたのかなぁ、
ダーリン💖」

「うっ、そういうわけじゃないぞ。
布団が吹っ飛んだ
ほどの寒いギャグをいう程じゃないぞ、
とうわぁあああああああ」

俺がそれを言った瞬間に、
部屋に敷いてあった布団が動き出し、
俺と奥様二人を乗っけて
外へと猛スピードで空へと駆けだした。

「もう、ダーリンが寒いギャグを言うからっ」

俺は何も答えられず必死で
片手で布団にしがみついて
奥様をもう片方の腕で抱き寄せた。
そうこうしているうちに
奥様が呪文を唱えて
布団はゆっくりとまっすぐ空を飛んだ。

「で、結局この布団は『魔法の布団』なんだな」

「そうなの。夏は涼しく冬は暖かく、
天気のいい日はベランダで自力で飛んで
干されにいくという優れものなのよ。
それが、ダーリンが寒いギャグを言ったのに
反応して、暴走したみたいね。
人間界だと騒ぎになるから、魔女界へ移転してるわよ」

「そうか。それは悪いことをした。
だけど、ポカポカ陽気で気持ちがいいな。
あ、誰か下で手招きしているぞ」

俺と奥様は顔を見合わせて下へ降りることにした。
そこには、柴犬程の大きさのハムスターがいて、
カボチャ畑を収穫していた。

「あら、あなた使い魔を引退した子ね」

ハムスターはうなずいた。
そして、畑の横から一つジャックオランタンを
取ってきて手渡してきた。

「ありがとう。でも何もお礼をするものがないわね。
そうだ、畑のカボチャをジャックオランタンに
作っておいてあげるわね、どうかしら」

すると、ハムスターは嬉しそうにうなずいた。

そしてオレ達は、布団に乗って人間界の自宅へと
帰ってきた。

その日の夕方。
俺達は元使い魔のハムスターからもらった
ジャックオランタンに火を灯した。

「なんか親切なハムスターだったな」

「きっと大事にされた子なんでしょうね」

「ああ、そうなんだろうな」

俺と奥様は、紅茶とハロウィンのかぼちゃクッキーを
食べながらそんな会話を交わしたのだった。



お読みいただきありがとうございました。

善き一日をお過ごしください。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

俳句:山脈や(やまなみや) (旧ソ連(現ロシア)強制抑留者、タシケントにナボイ劇場を建立を詠む 

俳句:山脈や(やまなみや)
ウズベキスタン、タシケントにて抑留前
1ナボイ劇場タシケント俳句
ウズベキスタン、タシケントにて抑留後
2_ナボイ劇場タシケント俳句



日本各地で様々な災害がありました。
岡山の美観地区や大分の由布院などが
なんともないのに影響を受けています。
ご旅行先にいかがでしょうか

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ss211022遥か銀河に手を伸ばし【かわいいは罪だねぇ】

ss211022遥か銀河に手を伸ばし【かわいいは罪だねぇ】


キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
       
花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。

これは元地球保護観察官が地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________
深淵なる闇、母なる胎内の中にいるかの如く深い闇。
広大な宇宙の中でもこの辺は星系が少ない。
その分、珍しい植物や動物がおり
それらを捕獲して違法に売るハンターも多い。

「めんどくせー宙域にはいっちゃったなぁ。
ああ、めんどくさい」

ミーティングルームで机の上に足を上げて
ぼやいているのは同僚のオーディス。

「仕方がないだろう。この宙域には
ゴールデンハムスターがいるんだ。
それを狙って違法ハンターがうようよいる。
そいつらを見つけたら法的処置をするのが
俺達の仕事だ」

「ジェルドちゃんは真面目だねぇ。
そう言えば、地球でもゴールデンハムスター🐹
ていたよな。
それって、この宙域のゴールデンハムスターと
似ているからって毛を金色に塗って
宇宙中の小学校の前で売ってるテキヤが
問題になったことがあったよな」

「この宙域のゴールデンハムスターの毛は
本当に金糸だからな。地球産とは違う」

「そうなんだよなぁ。縁起物の動物として
乱獲されるんだけど・・・
やつらって子供の頃だけ金毛なんだよねぇ。
しかも成獣になったら大きさが
地球産の象程にもなるから
捨てられてだいもんだーいになったよね」

オーディスがこの宙域のゴールデンハムスターに
ついて語っていると

「エマージェンシー エマージェンシー
この宙域を統括している
希少動物保護パトロール船より
SOSの信号をキャッチ」

宇宙船を操作している人工知能のAI自動操縦機が
ミーティングルームに警報を鳴らす。

「パトロール船は、この宙域産の
ゴールデンハムスターの子供を保護している模様。
それを追って、違法ハンターの集団に
追われている状況」

AI自動操縦機が状況を知らせる。


「オぅ、なんてラッキー、違法ハンターなら
奴らに何かあっても自業自得だよな❤」

「オーディス、地球人アバターを脱いで
元の姿で戦ってもいいが
やりすぎるなよ。何人かは証人として
『生かして』おけよ」

「ちなみに違法ハンターの船には
希少動物は乗っていないもよう」

AI自動操縦機が情報を矢継ぎ早に
送ってくる。

「うひゃひゃひゃひゃ、了解
ちょっとヤッてくるわ」

オレはオーディスの戦闘狂と化した
状態に頭を抱えた。
結果的に、違法ハンター達は
船をボロボロにされて
とりあえずお陀仏した奴は
いなかったが、
宇宙最凶の生物に絡まれた否、
取り締まられた奴らにとって
精神的ダメージはでかすぎたことは
否めない。

「いやぁ、久しぶりに本体で暴れるじゃない
取り締まりできるとスッキリするなぁ」

😊ニコニコ笑顔のオーディスの横で
オレ、ジェルドはこれって始末書もんでしょうと
おちこむのだった。




善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

211015今日の占いはパン次第?

211015今日の占いはパン次第?


(ちこくちこくちこく!)

私は必死で走ってる。

そう、セーラー服を着てパンを口にくわえて

次の角で『彼』とでくわすから。

今朝の占いでそう言ってたもん。

朝、パンをくわえて必死で走ると

意中の異性にぶつかるって。

だから私は必死で走ってる。

そう、3・2・1

!ちょっと待って。

パンどうすんの?ぶつかったら

彼の制服汚しちゃう。

と、止まろう。彼に軽蔑されるっ。

止まるんだ私。

!!あれれれ?どうして止まれないの

止まれ止まれ時間余止まれ~!

・・・・・・・
「なんか朝から古いアニメ見ちゃったなぁ。
あんな勢いでぶつかる女の子なんていないよ。
マーガリン塗ってるパンなんか学生服に
ぶつけられたら、相手の男の子怒っちゃうよね
・・・てもうこんな時間じゃないのっ
パン、パン。お母さんいってきまーすっ」

「もう、百合乃は朝から騒がしいんだから。
セーラー服のリボンちゃんと結びなさいっ
もうっ聞いてない(*`へ´*)」

『・・・今日の占い:朝、パンをくわえて必死で道を走ると
意中の異性とぶつかるでしょう。
それではいってらっしゃい💖』




善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

211008お星さま

*昨日10/7の地震,該当地域の方々の
ご無事をお祈り申し上げます。


211008お星さま


むかしむかし

何も持たない小さな女の子が

夜空を見上げていました。

兄弟たちは夢の中。

女の子は夜空の星々を眺めていました。

女の子は冷たい手にはぁっと

息を吹きかけて、お星さまにお願いしました。

「おほしさまおほしさま

わたしのところにやってきて

お友達になってくださいな」

するとお星さまは流れ星になって

小さな女の子の元にやってきました。

女の子は嬉しくて嬉しくて

お星さまをこわれたランプに入れて

二人でおしゃべりをしました。

それは夜明けまで続きました。

そのうち、女の子はいつのまにか眠ってしまいました。

朝になっておきると、壊れたランプにお星さまはいませんでした。

その代わり、おいしいお菓子がたくさん入ってました。

お星さまの形をした金平糖。

小さな女の子は大喜び。兄弟たちも大喜び。

みんなで大切に大切に食べました。




善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

俳句:立骸の蝉

俳句:立骸の蝉
立骸の蝉 俳句

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

211001パラパラ漫画

211001パラパラ漫画


「やれやれ、年をとると何ことも億劫になるわね」

湯本 梅子は一階の食卓の椅子に
腰をさすりながら座った。
梅子は六十五歳だから現代では初老といっても
差し支えない。

だが、仏壇に飾ってある一年前に亡くなった夫の遺影に
目をやると、その夫が残した二階の仕こと場と書斎の
膨大な遺品の整理をするとやはり歳を感じてしまうのだ。
幸いなことに、子供達も孫達も遺品整理に
手伝いにきてくれるので、私は幸せ者だと感じてはいるのだが。

今日も高校生の孫娘の愛美(あいみ)が
休日だというのに駆け付けてくれて。
おばあちゃんは座って指示してくれればいいから
なんて生意気な口をきいてくる。
そのため、梅子は座りながら年賀状の整理をなぞを
していたのだが、そろそろお昼だと思い至り
その準備のために一階に降りて来たのだ。

「いけない、お昼の用意をしなくちゃ。
高校生になってうちへ滅多にこれなくなったけど
昨日作り置きしておいた肉じゃがとご飯
味噌汁と沢庵で足りるかしら」

などとつい独り言をいいながら
冷蔵庫の扉を開けようとすると、

二階の階段をトントントンと
孫娘の愛美(あいみ)が降りてきた。
手には分厚い本を持っている。

「おばあちゃん、おじいちゃんの国語辞典に
面白い物が描かれているよ」

そう言ってにんまり笑う愛美に

「まぁ、面白い物って、あの昔気質のおじいちゃんが
辞書に落書きなんてするかしら」

「まぁまぁ、そう言わずに座って見ようよ」

そう言って愛美は食卓の椅子に座り
右隣の椅子をポンポンと叩いて私に座ることを促す。

仕方がないので、冷蔵庫から離れて
愛美の隣に座ると、
愛美は本の背を机に押し当て
最初の数ページをめくってみせた。

「あら、これは・・・」

そう、確かに国語辞典の隅に漫画が描かれていたのだ。

「そ、パラパラ漫画だよ。おばあちゃん」

そう愛美は嬉しそうに言った。

パラパラ漫画。
そう、確かに亡夫の湯本 一郎は漫画家だった。
少年誌や青年誌で連載するような華々しさはなかったが
週刊誌や4コマ雑誌などにコンスタンスに
描き続ける程の人気はあった。

「おじいちゃんさぁ、少女漫画とか少年漫画とか
描かなかったから、友達に漫画家やってるって
言い出せなかったんだよね」

愛美がぽつりと言う。

「そうね、若い子むけの雑誌には描いていなかったから
あなたは面白くなかったでしょうね」

「う~ん。でもさ、私絵がヘタだったから描かされて
これが有名漫画家の孫娘が描いたなんて
言われた日には落ち込んで立ち直れなかったかも
しれないから、丁度良かったかもね」

「そういうものかしらね。
でも、おじいさんは新聞や雑誌を
よく研究していたわよ。
編集さんとよく打合せしていたし、
三百六十五日漫画漬けの人だったわね」

「ふ~ん。お父さんも叔母さんも
いつも仕事場に籠っていて
遊んでくれなかったていってたっけ。
おばあちゃん、寂しくなかったの?」

「ふふ、夫婦には色々あるのよ。
それにしても愛美、辞書の四方に落書きして。
よっぽど煮詰まってたのね。
愛美、このページの絵を見てよ。
頭を抱えて唸っているわよ」

「本当だ『ネタがないぃ』て吹き出しで叫んでる。
アハハ、おじいちゃん面白いね」

そんなことを愛美と話しながら
亡夫の辞書をめくっていると、最後のページにたどり着いた。
そこで私はハッとした。
そこに描かれていたのは、
『愛する妻、湯本梅子に捧ぐ S63.2,14』と書かれていて
投げキッスをする亡夫らしき男性の絵が描かれていたのだ。

「おばあちゃん、愛されていたんだね」

私は何も答えずにただ涙だけがでるのだった。




善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめましてちーぴ
主に4コマ・
ショートショートを
載せているちーぴ

(↑フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません。
また、『SS』とは
ショートショートの
略として用いております)

地球のどこかで暮らす
宇宙生物ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

隠居ぷりちーぴの部屋

隠居ぷりちーぴ

宇宙雑貨ぷりちーぴ改
💖隠居ぷりちーぴ💖
よろしくちーぴ
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる