fc2ブログ

SS 220225 白紙18

SS 220225 白紙18


春。
既に大地は深き眠りを脱し
馥郁(ふくいく)たる新たな命の息吹が
小さな声をあげ始める時となる。
しかるに吾輩の机には
牝牛が静かに垂らす乳で覆われたような
原稿用紙が鎮座している。

「あなた、即身仏にでもなるのですか」

そう言って、愚妻がお茶と饅頭を
机の脇に置く。
吾輩はその饅頭を一口食べて

「何故、吾輩が即身仏にならねばならぬのか」

と、問えば

「だってさっきから微動だに一つしないんですもの。
てっきり食を立って仏門に入り世の為人の為に
お祈り三昧の世界に天職するのかと思いましたわ」

「それはこの饅頭を食べた時点でありえん世界だな」
「そのようですね」

「そもそも吾輩が悩んでいるのは、
あのいまいましい編集者から依頼のせいなのだ。
あ奴め、若造のくせに吾輩にミステリーを書けと
言ってきたのだ」

「あら、あなたにミステリーですか」

「そうだ」

「で、何か案があるのですか」

「うむ、一一応考えているのはいるのだ。
品のいい着物を着た老婦人の家に
百貨店の外商がやってきて
赤いハイヒールを勧めるのだ。
しかし、そのハイヒールを履いた老婦人は
突然倒れる」

「はぁ、それで」

「そのハイヒールには、端を両方尖らした毒針が
埋め込まれていて老婦人が「あ、痛い」と言った瞬間
倒れるのだ!」

「・・・それで犯人は?」

「老婦人に横恋慕した百貨店の靴売り場の若い店員だ」

「・・・あなた。
私、思うのですけれど編集者さんと一度話し合うか
即身仏に転職した方がいいと思いますわ」

そう言いおいて愚妻はパタンと扉を閉めた。

「この原稿を埋めないと、孫に好きな物を
買ってやれないのだぞ!まったく」

吾輩はドアに向かって叫んだ。
そして必死になって原稿を埋めた。
出来上がったミステリーは
『百貨店の外商は犯人を訪問する』
というタイトルでそこそこ売れたのだった。




善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
よろしければ左サイドバーの
お気に召したボタンををぽちりと
押して下されば幸いです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

SS220218焼きそばパンとバレンタインその後

SS220218焼きそばパンとバレンタインその後


昼。
ここはとある学校の校舎の屋上。
俺は早々に昼飯を食べ本を読もうと
独りを楽しむはずだった。

「ねぇねぇ委員長」

俺を呼びかける声を発したのは、
同じクラスの同級生だった。
普段であれば読書の邪魔と
適当な相槌をうつだけの関係なのだが、
こいつは気にもせず、大好きな焼きそばパンを
もぐもぐと食べながら話しかけてくる。

、今回はちょっと違った。
俺は、紙袋を差し出し、

「お前、俺の作った菓子を
ちょっと食べてみないか」

すると、それまで焼きそばパンを
幸せそうに食べていた同級生は
目をキラキラさせて

「いいの?委員長って料理得意だよね。
この前、クッキーのかけらをもらったけど
本当にうまかったもん」

そう言って奴は紙袋に手を伸ばし、
中を開けてみていた。

「?これ何?何かの麺が揚げてあって
チョコレートでコーテイングされてるよ」

「ご名答。それは『焼きそば』の麺を揚げて
チョコレートでコーティングしたものだ」

「え、委員長これ普通においしいよ。
クランチみたいでいけるよ、これ」

「そうか。それは良かった。
では、明日も持ってきてやろう」

「Σ(゚□゚;)チョコレートと言えば
委員長バレンタインでたくさんもらってたよね」

「そうだ。そのチョコレートを加工して
こうしてせっせと男子生徒に配っているのだが、
渡す時に『こんなにたくさんチョコもらいやがって』という
恨めしさが駄々洩れのありがとうという言葉を
もらってな。いい加減俺も面倒くさくなった」

「ふーん。こんなにおいしいのにねぇ。
いいよ、俺、明日も明後日も食べるから。
だけどこれ、女の子からの気持ちでしょ。
他の野郎共に食べられるなんて知ったら
傷つかないかな?」

「知るか。大量にチョコレートを寄こして
ホワイトデー待ってます(⋈◍>◡<◍)。✧♡
と笑顔で走り去って行った奴らだ。
俺だって本命からもらったら
くれてやる事なぞしないっ」

「え?本命っ、本命いるの委員長!!」

「い、いるかっ。もしもの過程の推論の話だっ。
お前は大人しく食えっ」

そう俺が言い放つと奴はしゅんとして
もそもそと俺の手作り揚げ焼きそば麺のチョコレート
コーテイングクランチを食べている。
そして食べ終えたのを見た俺は

「お前、ホワイトデー用の揚げ焼きそば麺の
キャンディシロップがけも食べるか」

と言ってみた。
すると奴は嬉しそうな顔をして
頷くのだった。
味の感想は・・・内緒だ。
だが、奴は完食したことだけは言っておこう。




善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
よろしければ左サイドバーの
お気に召したボタンををぽちりとして
下されば幸いです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

SS220211焼きそばパンとサイコロ

SS220211焼きそばパンとサイコロ

昼。
ここはとある学校の校舎の屋上。
俺は早々に昼飯を食べ本を読もうと
独りを楽しむはずだった。

「ねぇねぇ委員長」

俺を呼びかける声を発したのは、
同じクラスの同級生だった。
俺は読書に集中するべくスルーする。
すると奴は俺の側に来て、

「ねぇねぇ委員長!!」
と耳元で大きな声で叫んだのだ。
・・・耳がキーンとする。

「耳元ででかい声を出すんじゃない」

俺は同級生の両方をつねりながら
そう応じた。

「だって委員長、返事しないから
老化現象が起きたのかと思ったんだもん」
「俺はまだ十代だっ。
はぁ、それで用事はなんだ」

オレは諦めて同級生に尋ねた。
すると同級生は

「うん、なんだか変な物を見つけたんだ」

そう言って、右手に握っていた手を開いた。
それは黒い色をしていて
数字を現わすへこんだ丸の部分が赤の
サイコロだった。

「?ただのサイコロじゃないか」

「うん、ただのサイコロだよ。
でも手の中に突然現れたんだ。
ホントだよ。そんな可愛そうな子を
見るみたいな目をしないでよ」

「そうか、それは悪かったな。
だが何かそのサイコロは害がありそうなのか」

「ううん、特になさそう。
あ、だったらさボードゲームしよう。
な、ボードゲーム」

「ここにボードゲームはないぞ」

「うん、それが俺の背中に突然
ボードゲームが現れたんだ」

そう言って背中から見せたのは
人生ゲームだった。
俺はそれを同級生からとりあげ
中を見た。
それは普通の人生ゲームだった。
だが、書いてある各コマの内容が禍々しい。
ゴールしても幸せ感がまるっきりない。
オレはポケットから塩を出すと、
思いっきり同級生とサイコロと人生ゲームに
かけた。
するとポンとコウモリの羽を生やした
悪魔らしき小さな生き物が現れた。

「あ、なんか可愛い生き物だぁ」

同級生が触ろうとするのを押しとどめて、
俺は人生ゲームでその悪魔を
思いっきり打った。
何故かカキーンという音がして
悪魔は遠くの空へと消えて行った。
すると人生ゲームとサイコロが
ふっと消えた。

「あれ何だったんだ?」

同級生が首を傾げたが、

「さぁな」

と俺は応えて読書を再開したのだった。



善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。

よろしければ左サイドバーの
お気に召したボタンををぽちり押して
下されば幸いです。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

220204 虹色の雨

220204 虹色の雨


雨上がりのある日。

私はふと空の上を見た。

そこには、半円の虹の根本に

白い白い綿菓子のような雲があった。

そんな虹がたくさんたくさん

空の上にあった。

私は目をこすった。

だけど明らかに青い青い空に

虹がたくさんあった。

「あ、チロがいる!」

突然の声に驚いて、声のする方に振り向いた。

それは小さな男の子の声で

お母さんも空を見上げながら

「そうね、チロがいるわね」

と言った。

私も大急ぎで空を見た。

(ミーヤ、ミーヤ!!)

すると空の虹の一つにミーヤがいた。

ミーヤは渡しを見てニカリと笑った。

そして、また雨が降ってきた。

その雨粒は私には虹色に見えた。

慈雨。

ミーヤから私への優しい気持ち。

私は傘をさして歩き出す。

そして一度振り向いて空を見た。

そこには虹は無かった。

だけど私の心に虹がある。

そしてミーヤが遊んでいるの。

私はそっと自分のハートに左手を置いた。

トクトクと優しい音がする。

ミーヤのハートの音を思い出して重ねる。

だから大丈夫。

そう、私は大丈夫。

私はしっかり前を向いて歩き出した。





善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

よろしければ左サイドバーの
ブログ村のボタンををぽちりとして
下されば幸いです。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめましてちーぴ
主に4コマ・
ショートショートを
載せているちーぴ

(↑フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません。
また、『SS』とは
ショートショートの
略として用いております)

地球のどこかで暮らす
宇宙生物ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

隠居ぷりちーぴの部屋

隠居ぷりちーぴ

宇宙雑貨ぷりちーぴ改
💖隠居ぷりちーぴ💖
よろしくちーぴ
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる