fc2ブログ

pic230526 とある昭和な風景・・・🌇

pic230526 とある昭和な風景・・・🌇




□:〇・・・可愛くなったんだな

〇:なんであたしが可愛くなったか知ってる?

□:そんなこと、俺に言わせるなよ。

〇:バカ・・・💖

□:〇、後ろを見てみろ

〇:綺麗な夕陽ね

□:あの夕陽がオレに力を与えてくれた。

〇:力?何?

□:お前に告白する力だよ。

〇:そうだったのね・・・バカね💖




善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下されば、
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

SS230519 ブラック珈琲は自販機で・・・☕

SS230519 ブラック珈琲は自販機で・・・☕


「くそっ」

僕は非常階段の壁に
拳を打ち付けた。

「痛い・・・」

「バカねぇ、当たり前じゃないの」

後ろを振り向くと、
僕よりちょっと年上の事務員さんがいた。

「飲む?自販機の珈琲だけど」

僕はその珈琲を受け取って一口飲んだ。

「苦い」

「そりゃそうよ。ブラックだもの
あ、もしかしてミルクか砂糖もしくは両方
入れるタイプ?」

「いえ、普段からブラックです。
でも今は心がブラックな物ですから」

「ふふ、ポエマーね」

「笑わないで下さい。
あの案件が・・・僕のせいで・・・」

すると事務員さんは僕の目の前で
人差指をかざして

「はい、それ以上は言わない。
今することは、そのコーヒーを飲んで
苦い思いを流し込んで、気持ちを切り替える。
そして部長に頭を下げて
・代替案を出すか
・完全に新しい案を出すか
・撤退するか
行動に移す。
オーケー?」

事務員さんの指は綺麗なピンクにネイルされていた。
それは派手過ぎず地味すぎず
働く女性の手だった。

僕は珈琲をぐいっと飲み干した。
熱くてげほげほいったけど。

「大丈夫?」

「大丈夫です。これでも体育会系ですから」

「そう、じゃぁいってらっしゃい。
カップは自分で捨ててね」

「はい!」

僕は事務員さんにお辞儀をして
非常階段の扉を開けた。
開けると、そこは休憩室で
自販機が並んでいる。

「ありがとうな」

僕は自販機に礼を言うと
職場へと戻った。




善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下されば、
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

SS230512 むかしむかしの適材適所・・・⚔

SS230512 むかしむかしの適材適所・・⚔


むかーしむかしのことじゃった。
あるところに貧乏な家があってな。
家財はもう皆売ったり質にいれてしまって
あるのは煎餅布団一組のみとなってしもうた。

それでも細々と暮らしていたところ、
ドンドンドンと表を叩く音がする。
そしてガラリと戸を開けて入ってきたのは
これまた強面の借金取立人。

「まったくしけた家だぜ。
えーい仕方がない。そこの汚ねぇ
煎餅布団を寄こしな!」

「ああ、それだけはご勘弁を。
病気のおとっつぁんが寝ているのです」

「はっ。そんなの知ったことか」

するとバーンっと家の戸が開いて、
バックからライトを照らして
影だけが見える人物が立っておった。

中にいた家の者と借金取りは
ま、まぶしいと言って
手で目を覆った。

すると次の瞬間
ライトの光が消えたので
恐る恐る入り口を見ると
そこにいた人物は

「我こそは大岡越前の守である」

と名乗るではないか。
家の中にいた者達は
うさん臭く思ったが
身なりが立派だったのと
後ろに控えている岡っ引き達が怖くて
とりあえず頭を下げたのじゃった。

「話は聞いた。
確かに貸した金は返さねばならぬが
老父の布団まで持って行くとは
酷い話だ。そこでこうしよう」

そこで大可越前と名乗る男は、
後ろを振り向き配下の者に合図をしたのじゃった。
すると背後から

「失礼するぜ。
俺たちゃぁ布団職人だ。
ちょっとじぃさん布団から出てもらえるかい」

そう言って、持ってきた温かそうな豪華な布団を一組
老父の寝ていた煎餅布団と並べる。

(はっ、もしかして布団を取り替えて下さるのか)
と家の者は思った。

(おお、もしかしてあの豪華な布団を
この家の借金の代わりにくれるのか)
と借金取りは考えた。

ザクっ。
「「!!!」」

ザクザクザク
「「なんで布団を切るんだぁ」」

思わず叫ぶ家の者と借金取り。
そう、職人たちはこの家の煎餅布団と
豪華な布団を三等分しおったのじゃ。

すると職人の一人がキョトンとして

「そりゃぁ、大岡越前の守様と言えば
三方一両損のお方だからねぇ。
こうして御自らの布団と煎餅布団を
三等分して三つに分けるのは当然じゃねぇか」

「「阿保かぁああああ」」

「本日のお白洲それまで!」

そう大岡越前の守は言い残すと
一行は風のように去って行った。

後に残された家の者と借金取りは
それぞれ三分の二の大きさになった
煎餅布団と大岡越前の布団を
組み合わされた物が残されたのじゃった。

おしまい


善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下されば、
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

SS230505 適任者を探せ!

SS230505 適任者を探せ!・・・🤖


「世界は激変期を向かえている。
条約は守られず人心の荒廃したこの世界で、
我が国が起死回生の兵器を
開発しなくてはならない!」

「お言葉ですが大統領。
どのような兵器を起死回生と
おっしゃられるのですか」

「それは簡単だ。
このAIの進んだ時代に必要なのは
『ガンダ・・・』」

「大統領!別の表現でお願いいたします」

「うぬ、コホン。それは『自立型巨大人型兵器だっ』
負け知らずの幸運な兵器としても有名だからな」

「・・・大統領、うちではそれを作るだけの
技術力がありません」

「では、N国にプロトタイプを発注せよ」

「了解いたしました」

後日・・・・

「大統領、プロトタイプがN国から届きました」

「どれどれ・・・どこにあるのだ?
シャーレが一つ目の前にあるが」

「はい、そのシャーレの中に
そうですね、半導体チップに例えると
0201サイズ (0.25 x 0.125mm)ほどでしょうか」

「・・・これはプロトタイプで
これから人が乗れるほどのサイズに
大きくするのだな?」

「いえ、N国は最小軽量極薄技術に特化しております。
よって、このサイズが最先端技術を
駆使して製造されます。
お喜びください、閣下。既に量産体制が
完了しております!」

「誰か適任者を探せ!」

N国
「・・・相手の兵器に入り込んで
内側から破壊できるのに。
坊やだなぁ」




善き事がありますように。
お読みいただきありがとうございました。
サイドバーにある、お好きなアイコンを
ぽちりと押して下されば、
望外な喜びです。
宇宙生物ぷりちーぴm(__)m

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめましてちーぴ
主に4コマ・
ショートショートを
載せているちーぴ

(↑フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません。
また、『SS』とは
ショートショートの
略として用いております)

地球のどこかで暮らす
宇宙生物ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

隠居ぷりちーぴの部屋

隠居ぷりちーぴ

宇宙雑貨ぷりちーぴ改
💖隠居ぷりちーぴ💖
よろしくちーぴ
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる