FC2ブログ

押しかけ花嫁現代版:ss

180531押しかけ花嫁現代版:ss

ピンポーン
玄関のチャイムが鳴る。
「ハーイ」
俺は食べていたカレーうどんの
箸を置いてドアを開けた。
ん?誰もいない。
「ここです。ここです、もっと下です」
俺は下を見る。
するとそこには文金高島田を着た
蛙がいた。
蛙といっても俺の膝位はある。
「・・・俺、疲れているのかなぁ。
確かに社畜だけど」
そう言ってドアを閉めようとすると、
ガシッとその蛙がドアを持って閉じさせまいとする。
幻だったら、ドアは閉まるはず。
俺は抵抗を諦めた。
それで今、リビングにいる。
「で、独り暮らしの人間の俺の所に
蛙のお嬢さんが何故花嫁衣装を着て
来るんです?」
俺はマグカップにペットボトルのお茶を
出して言った。
すると蛙の花嫁は、
「はい、その昔、あなたのおじい様が
豊作と引き換えに孫に男の子が
産まれたら同じ孫娘と結婚させる
約束をしました。それがこの私でございます」
俺は何とかむせるのをこらえた。
「この現代で冗談やめましょうよ。
昔話じゃあるまいし、第一好きでもない人間の
男と結婚するなんてナンセンスですよ」
「き、きらいじゃありません。写真で
ずっとこの人があなたのお婿さんですよ
と言われてそれ以来お慕いしておりました」
(うぉおぉおぉお、洗脳完璧じゃん)
「というか、私が蛙なのに驚かないのですか」
「いやぁ、驚いているけれど、結婚するっていう
位だから人間になれるのかなぁと思って」
すると蛙は目をキラキラさせて、
「ハイ、この通り人間になれます!」
もわぁんと白い煙があがると、そこには
日本人形みたいな美女がいた。
「あ、結婚OKです」
俺は即答した。
「それでは、婿養子に入っていただいて、
田舎で農業をして下さい。
そして地域の自然を守って下さい!」
どうも、昭和からの乱開発で
地域の妖怪達が困っているらしく、
観目麗しい妖怪の雌と人間の男を結婚させて
自然環境を保全させようという事らしい。
そこに人間の役所も絡んでいるらしく、
俺はあれよあれよという間に
婚姻届に判を押して、
会社を即刻退社し彼女の田舎モトイ
うちの田舎へと引っ越した。
農業はたいへんだけれど、
子供(人間)と、妖怪おたまじゃくしの
子供がわんさか産まれた。
なんか、近くの池で俺の子がうじゃうじゃ
いるのかと思うと妙な気がするが
気にしないことにした。
今日もいい天気だ。



HP宇宙雑貨ぷりちーぴタイトル画像
関連記事

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→ユニバース

→ガンダム
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる