FC2ブログ

ss181127俺と隣の吸血鬼さんの朝

ss181127俺と隣の吸血鬼さんの朝

朝、微かな朝日がカーテン越しに入り
俺の目を覚ます。
そして鼻孔をくすぐる卵の匂いに
耳が味わうひき肉のジュージュ―言う音。
あれ?俺嫁さんいたっけ・・・て。
ダダダ、俺はリビングへ行く。
「あ、おはようございます。
今、オムレツを作っていてもうすぐできます。
顔を洗ってきて身支度して下さいね」
「あ、ああ、ありがとう。てお前
お隣りの吸血鬼じゃないか。
朝から何してる。どうやって入った!」
すると、ひよこのアップリケが付いた
ピンクのエプロンを着た吸血鬼が
口をとがらせて、
「だって、あなた朝きちんとした食事
とらないじゃないですか。
まずいんですよ。血が。なんかゲロマズな
青汁みたいな血を飲まされる僕の身にも
なってください」
そう、俺はこの吸血鬼に血液を提供している。
俺の血液を飲むと、吸血鬼は目から
ルビーを出して生計を立てているのだ。
俺もその血液提供代として
ルビーの代金を分けてもらっている。
その為の代償として適度な運動に
バランスの整った栄養価のある食事、
仕事も変って定時に帰り十分な睡眠を
とる事を要求されている。
あ、もちろん、血は首筋に牙を突き立てて
なんて、ある一定の女性の喜ぶ事はしない。
腕から注射針を通してチューブで
飲むのだ。
それでどうして体を維持しているのかは謎だ。
「・・・・・・・・」
とにかく俺は顔を洗って身なりを整え
食卓へつく。
おいしそうなオムレツとみそ汁とサラダが
添えられている。
「いただきます」
手を合わせ、朝ごはんをいただく。
うまい。こんなうまいご飯ひさしぶりに食べた。
目の前で隣の吸血鬼さんがニコニコしている。
俺、嫁さんもらえるのかなぁ。
思わず遠い目をして、みそ汁のお代わりをするのだった。


関連記事

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→ユニバース

→ガンダム
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる