fc2ブログ

ss190315:俺と隣の吸血鬼さんと3月

FC2 トラックバックテーマ:「あなたにとっての3月とは?」


190315ss:俺と隣の吸血鬼さんと3月

「吸血鬼さん、ただいまぁ」
「あ、おかえりなさい」
そう、ひよこのアップリケが入った
ピンクのエプロンをした吸血鬼さんが
出迎えてくれた。
黒髪青い瞳のイケメンが(くそう笑)
そう吸血鬼さん。本来は隣の部屋に住んでいるが、
ひょんな事から知り合った俺達は、
俺の血を食事提供する事で
家事全般をやってもらっている。
何でも、食事管理がしっかりしていないと
血液が不味いそうだ。
しかも吸血鬼さんは俺の血を飲むと
目からルビーを出す。
その利益の半分を俺にくれる太っ腹。
そのおかげで俺はそれまで勤めていた
ブラック企業を退社して
定時出社退勤の土日休日もとれて
有給も全額とれるホワイト企業に再就職。
今ではすっかり健康体である。
「?何ブツブツ言っているんですか?
今日は生姜焼きですよ」
「お、いいね。うまそう。
それにしても今年のホワイトデーは
大変だったね、吸血鬼さん」
すると吸血鬼さんは顔をしかめて
「それは言わないでください。
一時期商店街のヒーロー戦隊に
出ていたおかげで、
2月のバレンタインが凄い事に
なっていましたからね。
いただいたチョコをちびっこや
中高生男子にさばいて
そのお返しのホワイトデーは
近所のマシュマロを買い占めてラッピングして
内職状態でしたからね」
「まぁ、吸血鬼さんは本命チョコだから
まだいいけど、俺はおばさん達の
義理チョコだもんなぁ。
いいよなぁ、女子高生に女子大生にOLさんに
若い主婦のみなさんにモテモテの
吸血鬼さんは」
すると箸を握りしめてフルフルする吸血鬼さん。
「あなたまでそう言いますか!
私はアイドル志望ではないのですよ。
朝、自分の部屋から出ようとしてチョコの重みで
玄関のドアが開かないとか
ちょっとしたホラーですよ。
しかも、抜け駆け現金とかチョコに
赤い文字が書いた紙がはられていたりとか」
「ああ、モテる男は悩みが違うね。
はいはい。もうこの話は止めよう」
すこしげっそりした吸血鬼さんが
ちょっと気の毒になって話を切り上げた俺だった。
でもちょっぴり羨ましいと思ったのは
内緒だ。



関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめましてちーぴ
主に4コマ・
ショートショートを
載せているちーぴ

(↑フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません。
また、『SS』とは
ショートショートの
略として用いております)

地球のどこかで暮らす
宇宙生物ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

隠居ぷりちーぴの部屋

隠居ぷりちーぴ

宇宙雑貨ぷりちーぴ改
💖隠居ぷりちーぴ💖
よろしくちーぴ
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる