FC2ブログ

ss191028お笑い芸人の悲劇

ss191028お笑い芸人の悲劇

ある地方の小さな会館で、
お笑いをする事になった芸人二人が
舞台袖で話している。
「なぁ相方、聞いたか?
今日のお客達は笑わない事で
有名らしいぞ」
「そうなのか、相棒。
なんかものすごく平和的で
穏やかな人達とは聞いているけれど、
お笑い位分かるだろ」
「それが、俺達より以前にお笑いをやった
芸人達がことごとくあそこでは
二度とやりたくないと言って
黙ったしまうらしい」
「そ、そんなこと言ってももう舞台袖に
いるんだぞ、相棒。俺達がその噂を
断ち切ろう!」
「そうだな、がんばろう。相方」
こうして二人のお笑い芸人が舞台袖に出た。
『こんにちはぁ。今日はようこそおいでくださりました』
「て、相方。お前の頭は何でそんなにとんがっているんだ?
バシッと叩くぞっとおおいてぇ。手が刺さった」
とう言って血のついた手を見せる。
もちろん、偽の血糊である。
叩かれた方の頭にも血糊がついている。
すると、客席からキャァッという悲鳴があちこちからあがる。
そして「何て酷い事をするんだ。あの叩かれた方の芸人さん、
CPU検査を受けなくて脳は大丈夫なのか」
などという声が客席から次々と上がる。
内心焦っている芸人二人は
「だ、大丈夫ですよぉ。これは血糊といって
偽物の血なんです」
と相棒がフォローして、
舞台袖からお湯の入った透明な湯船が出てくる。
「さぁ、相方が今からここへ入ります。
中は熱湯です」
そう言われて、相方が褌一丁になって湯船の縁に
またがると客席から、
「やめたまえ!人を熱湯に入れるなんて
それは拷問だ」
「そうだそうだ、何で拷問を見て笑う人でなしに
ならなくてはならないんだっ」
「いますぐやめてぇえ」
会場は怒号の嵐となった。
一事が万事こんな調子で、芸人二人は
終わった後心がボロボロになって
控室に向う廊下を歩いていた。
そこへ男が話しかけてきた。
「あのう、あなた達はお笑い芸人なんですよね。
今日、された芸はどこが面白かったのでしょうか。
このA4用紙一枚に記述してこの封筒に
送ってくれないでしょうか」
男はにこやかに言ってのけた。
芸人二人は即効その会館を離れたのは
いうまでもない。

関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→ユニバース

→ガンダム
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる