fc2ブログ

ss191129ギフト

ss191129ギフト

昼休みの校舎の屋上。
俺はイチゴミルクを飲みながら
グラウンドを見下ろす。
「なぁ、学歴ってなんなんだろうな」
隣でコロッケパンを食べていた
ダチが言う。
「いきなり何まじめな事を言うんだよ」
俺がそう答えると、
「いや、世の中には『ギフト』て言われる
ある特定の分野で大人顔負けの知識を持っていたり、
小学生で大学生並みの勉強ができる奴らが
いるわけよ」
「ふ~ん。それで」
「でも、そいつら周りと合わせることができなくて
精神的にまいる奴もいるんだとさ」
おれはズズとイチゴミルクを飲む。
そして
「それってさぁ、運って奴じゃね。
才能があってもそれを認めて理解して
導いてくれる環境がないと・・・て
それって俺らも同じじゃん。
おれらだってそんな環境あったら
学歴はともかくハッピーなんじゃね」
「・・・言われてみたらそうだよな。
世の中そんな幸せな環境にいる奴
どれだけいるんだよ。
そうか、俺の点数が悪いのは
俺が悪いんじゃない!環境が悪いんだ!」
俺はダチを白い目で見て、
「いや、それはお前が悪い。勉強しろ」

関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめましてちーぴ
主に4コマ・
ショートショートを
載せているちーぴ

(↑フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません。
また、『SS』とは
ショートショートの
略として用いております)

地球のどこかで暮らす
宇宙生物ちーぴ。

*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

隠居ぷりちーぴの部屋

隠居ぷりちーぴ

宇宙雑貨ぷりちーぴ改
💖隠居ぷりちーぴ💖
よろしくちーぴ
カウンター
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる