FC2ブログ

210228-9遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-3

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「オーディス、匂い消しの飴舐め終わったか」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「ジェルドちゃん、舐め終わった。
      さ、気を取り直して新たな出会いを求めにいざ行かん」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「お2人がいなくても~♪
       埃はでるのです~♪」

AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
       洗船してもらっているからって
       歌声がうるさいです」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210228-9遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-3


「うおー宇宙港から出たら
さみぃ」

オーディスが脳波で話しかけてくる。
ここは氷惑星。本来人の住めぬ土地。
俺達が着込んでいる地球人アバターだけでは
一秒たりとも生存できない。
体に特殊膜を塗ってはいるが、念のため
寒さ対策のフェイスシールドを付けた
防寒用具を着こんでいる。
会話は防寒用具の頭部につけた
脳波で会話する。
オレ達二人は宇宙検察官専用脳波で
会話している。

「寒いのは当たり前だろ。慣れろ」

「ジェルドちゃん相変わらず冷たいね」

「お前限定だ。それ以外には
愛想笑いでも微笑でもお世辞でも
できるぞ」

「身近にいる人間ほど大事にすべきじゃないのぉ」

「すいません、当ホテルご利用の
ジェルド様とオーディス様ですか」

俺達二人は突然入って来た脳波に
その脳波を発した人物へと顔を向けた。
すると、そこには地球のアジア系の顔をして
法被を着た男が俺達二人の名前を書いた
紙を持って立っていた。

「あれぇ、もしかして宿泊ホテルの
ガイドロボットさん?」

オーディスが一般回線脳波で
彼に話しかける。

「はい、そうです。本日は当ホテルを
ご利用いただきありがとうございます。
私は送り迎え担当のAIロボットです。
よろしくお願い申し上げます。」

オレは脳波に愛想笑いの感情を載せて
「ああ、俺はジェルド。こちらがオーディス。
地球人アバターの顔写真はそちらのホテルに
届いていると思うが、改めて君に送信しておく。
これでいいかな」

するとホテルのAIロボットは揉み手をして
「ハイハイ、お2人とも写真写りが宜しいですけれど
実物の方がもっと男前ですね。
それで当ホテルは地球の日本旅館を模しています。
今日はもう遅いので当ホテルでお食事になさいますか。
当ホテルではかけ流し源泉温泉がございますが、
他所でお食事をされるようでしたら
お勧めがございますよ」

『ホテルで食事と温泉で頼む』

オレとオーディスは脳波を揃えて
ホテルが差し向けた自動運転車に
乗り込むのだった。
続く

善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m
関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→TRPGブレイン

→ユニバース
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる