FC2ブログ

210418-5遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-17

キャラクター紹介
ジェルド:元地球保護観察官・オレ・地球の紙の本が好き
      「大衆演劇の熱気にやられた・・・」

オーディス:ジェルドの同僚・俺・種別を問わず女性好き
      「俺、楽しかったから次の演目見てくぜ」

花子さん:全身金色のタイツに
       スケルトン家事ロボットを入れたメイドさん。
      「船内の焼却炉にゴミを運ぶのはオーディス様に
       してもらいましょ♪」
      
AI自動操縦機:宇宙船を操作している人工知能
      「隣の宇宙船のAI自動操縦機、
    宇宙カラオケ大会優勝者が納得できない」

これは元地球保護観察官(宇宙検察官でもある)が
地球より帰還する航宇宙のお話。
_________________________

210418-5遥か銀河に手を伸ばし【氷惑星を楽しんで】30-17


オレはオーディスと別れて、旅館の中庭に出た。
テラフォーミングされているだけあり、
寒冷な気候となったこの星。
だけどこの地域は
比較的暖かい空気でドーム状に覆っていて
過ごしやすい。
夏の軽井沢の涼しさのような感じか。
夜は少しヒンヤリする。

「お客様、そんな薄着ではお風邪をひかれますよ」

そう言ってショールを持ってきてくれたのは、
オレ達に対応してくれた中居さんだった。

「すいません。つい大衆演劇の熱気に当てられて
夜風に誘われまして。
すぐ戻ります」

「いえ、折角ですから庭園をご堪能くださいませ。
でも寒いですからコーヒーでもいかがですか。
ポットに入れてきましたので」

「何から何まですいません」

「ふふ、この庭園は日本庭園なのですよ。
大女将が恋しくて、大旦那が作ったのです。
日本庭園は造った時が完璧なのではなく
その後世代を重ねていくときにどうなるかを
考えて造るのですよね」

そう言って中居は珈琲の入ったコップをオレに渡した。

「大旦那は相当苦労したみたいで。
地球の植木屋に弟子入りして、コツコツ作り上げたそうです」

そう言いながら、いつの間にかオレは中居に
庭中を案内され一本の桜の大木にたどり着いた。
その桜は満開だった。
夜桜。
下からライトアップされて艶やかに咲いているのが
何とも美しさを引き立てていた。

中居に促されて桜の木に触る。

「これだけの大木になるには相当な
年月が経っているのでしょうね」

「はい、何十本も植えた一番最初の桜の木で
残ったのはこの一本だけです」

「そうですか」

俺達は後は黙って夜桜を堪能するのだった。


善き事がありますように。

お読みいただきありがとうございました。

宇宙生物ぷりちーぴm(__)m




関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ぷりちーぴ

Author:ぷりちーぴ
はじめまして
主に4コマ・
ショートショート・
(↑一部を除いて
フィクションです。
実在の人物・団体等とは
関係ございません)
俳句(偉人の人生を詠んでいるちーぴ)
を更新しているちーぴ
日本に暮らす宇宙生物
ちーぴ。

*ブログに掲載している
商品や値段は
変更されていたり
終了している事が
ございます。
ご了承のほど、
宜しくお願いします。
*4コマの記念日はウィキを
参照しております。




にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




宇宙生物ぷりちーぴ - にほんブログ村

HP 宇宙雑貨ぷりちーぴ
💛宇宙雑貨ぷりちーぴ💛
あなたの人生にフィットする
奇妙でCOOLな雑貨たち
↓自分へのご褒美に
プレゼントにぴったりな
アクセや雑貨を
ご紹介しております。
💓服福商品販売中!!👇💓
HP宇宙雑貨ぷりちーぴバナー
→TOP


→アクセ&Tシャツ

→ユニバース

→ガンダム
(ガンダム着こなしご提案)


→コミック遠野
(4コマ遠野旅行有)


→アマビエ

↑現在上記以外のページは
ございません。
又、ショートショートも
掲載しておりません。
ご了承の程宜しくお願い申しあげます。
カウンター
作品にインスパイアを受た商品ご紹介
最新記事
俳句
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる